麒麟・川島、くっきー!に感謝「初めてライブに呼んでくださった先輩」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。7月31日(土)放送のお客様は、お笑いコンビ・野生爆弾 くっきー!さん。ここでは、麒麟がブレイクする前に、野生爆弾の2人にお世話になった(!?)エピソードを披露しました。


くっきー!さん



NSC大阪の13期生で、1994年に幼馴染のロッシーさんとお笑いコンビ・野性爆弾を結成。ネタ作りからコントの小道具まで、すべてご自身で手掛け、独特の世界観のコントで注目を集めます。2008年に拠点を大阪から東京に移し、“白塗り顔”で表現するモノマネ芸などでブレイク。クリエイターとしても作品を発表しており、「超くっきー図鑑 渡り鳥」(ヨシモトブックス) 「くっきずむ」(美術出版社)などの著書も。個展「超くっきーランド」は国内外で総来場者数50万人を記録。また、学生時代から音楽活動に精通しており、ロックバンド「ジェニーハイ」ではベースを担当。お笑い・アート・音楽と、多方面で活躍しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」7月31日(土)放送のゲスト:くっきー!さん



◆麒麟を初めてライブに呼んでくれた先輩

1996年、大阪時代の野性爆弾(左からくっきーさん!、ロッシーさん)



川島:麒麟の2人が最初にお世話になった先輩は野性爆弾さんなんです。初めてライブに呼んでくださった先輩。

くっきー!:そうやなあ。

川島:「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)に出て大阪でお仕事をいただいてからも、野性爆弾さんはライブに呼んでくれて。2006年かな? 「これはいける!」って思うネタができたんですよ。

くっきー!:会心の。

川島:「M-1」でずっと3位やったけど、「これは今年いけるわ!」ってネタができて。そうしたら、野性爆弾さんが「うめだ花月」のライブで「麒麟出てくれ」ってオファーしてくれてね。「うめだ花月」でしっかり漫才をやったら、自信があるネタやったのにめちゃくちゃスベッて、誰も笑わなかった!

くっきー!:(笑)。

川島:お客さんが満員で300人ぐらいいるのに、1個も笑いが取れへんまま(舞台の)袖にはけることになったら、くっきー!さんが「ごめんな」と。「俺らのことが好きな客やから、悪いことをしてしまった。ほんまはおもろいネタやねんけどな」って謝ってくれたんです。それで、次に野性爆弾さんが舞台に出てネタをやったんですけど、同じぐらいスベッて。「お客さんは何を観に来たんや!」と思いましたね(笑)。

くっきー!:ちょっと待ってくれよ。俺、今日この番組のゲストちゃうんか(笑)? お前、やってくれてるな(笑)。

川島:いやいや(笑)。2人きりでこういう話をあんまりしたことがないので、答え合わせをしたいんです。あのとき、どういう気持ちやったのか。麒麟に対して優しくしたあとに、同じ災難が(自分たちに)降りかかったわけじゃないですか(笑)?

くっきー!:たしかにな。なんで我々もスベッたんやろね(笑)?

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回8月7日(土)のお客様は、フリーアナウンサーの青木源太さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月8日(日・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/
タグ

「産業廃棄物」を自然界へ戻すために…混合廃棄物を資源化する「中間処理」の役割とは?

架空のレコード店を舞台に、「上質な音楽を、じっくり味わう。」をコンセプトにお届けするTOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属定員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

8月2日(月)放送のコーナー「LINE WORKS Presents THEお仕事ラッド」では、産業廃棄物の中間処理事業をおこなっている「関西クリアセンター株式会社」の向井さんに電話を繋ぎ、中間処理の工程や、“新しい働き方”についてお話を伺いました。


中川絵美里、関西クリアセンター株式会社・向井さん(PC画面内)



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆産業廃棄物の中間処理とは?

稲垣:本日出演していただくのは、産業廃棄物の中間処理事業をおこなっている「関西クリアセンター株式会社」の向井さん。工場などから出るゴミの収集から処理までをおこなっているということですが、具体的にどのようなことをおこなっているのですか?
   
向井:弊社は産業廃棄物を取り扱っています。産業廃棄物とは、一般家庭(から出るゴミ)ではなく、事業をおこなう上で発生する廃棄物です。これらを最終処分ができるように加工することを「中間処理」といいます。

自然界から物質を取り出し、加工して製品を作るのが製造業です。ゴミ屋さんはその反対で、製品を自然界へ戻す作業をおこなっています。自然界へ戻すといっても、ただ単に捨てると不法投棄になってしまうので、廃棄物を分類して、より良い方法で処理をおこなっています。そのため、持ち込まれる廃棄物を事前にサンプリングして性状を分析後、処分方法を決定しています。

また、廃棄物によっては、産廃業者間で連携して段階的に処理をすることもあります。
たとえば、焼却業者を介した場合は、発生した燃え殻の安全性を確認してpHを調整し、固める作業などを弊社でおこなっています。

中川:細かい工程を経て廃棄物は処理されているんですね。

◆産業廃棄物を資源化するために…

中川:そんな関西クリアセンターでは、処分の1つであるリサイクルにも力を入れていると伺っております。

向井:産業廃棄物は、年間約3億8千トン排出されています。地球温暖化問題、埋立処分場の不足など、廃棄物処理には問題・課題が多いのが現状です。
そういった状況を踏まえ、昨年7月に関西で最大規模となる混合廃棄物の中間処理工場「泉州プラント」を稼働させました。

この工場では、主に紙や瓦礫、金属くずなど、さまざまなものが混ざった廃棄物を破砕、分類しています。リサイクル可能なものは、例えば紙屑は製紙会社へ、瓦礫などはセメント会社や路盤材といった具合に、可能な限り資源化できるようにしています。

中川:災害時に出る災害廃棄物も「泉州プラント」に運ばれて、リサイクルできるものはしっかり仕分けされているようです。
そんな関西クリアセンターには東京営業所もあるそうですね?

向井:はい。今年で9年目を迎える東京営業所があります。東京営業所では、関東一帯の廃棄物を承っています。主に建設系の廃棄物を船や陸送で関西に運んで処理しています。
また、関東の処分業者とお繋ぎすることもできますので、産業廃棄物でお困りの際はご相談ください。

◆業務効率化を図るために導入

中川:関西クリアセンターでは、業務効率化のために取り組まれていることがあるそうですね?

向井:はい。仕事上のコミュニケーションをよりスムーズにするために、3年半前に「LINE WORKS」を導入しました。パソコンが苦手な社員たちにとっても親しみやすいツールです。

先ほどお話したように、廃棄物には多くの種類があり、作業員が判断に迷った際、スマホで撮影してトークルームに流して情報を共有したり、カレンダー機能を駆使しながら廃棄物を収集する配車手配などに役立てています。

稲垣:向井さん、興味深いお話をありがとうございました!

◆あなたの会社の“ユニークな働き方”を教えてください!
このコーナー「LINE WORKS Presents THEお仕事ラッド」では、番組で企業やお店をPRしたいというリスナーを募集しています。会社の雰囲気や、販売している商品・サービスなど、PRポイントとともに番組特設サイトからお送りください! ご応募いただいた方のなかから、抽選で中川店員が会社訪問をいたします!

▶特設応募受付サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月10日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/index.php#program

Facebook

ページトップへ