若いときに失敗せよ、歴史の裏側にある愚かさを学ぶ…石井竜也(米米CLUB)が送る若者へのメッセージ

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。9月16日(木)の放送は、石井竜也さん(米米CLUB)をゲストに迎え、お送りしました。


石井竜也さん(右)、パーソナリティの山崎怜奈



米米CLUBは昨年デビュー35周年を迎え、これまでを振り返り「そのときそのときで楽しんでいた」と石井さん。「明日がどうなるとか、未来はこういうふうになっていたいなどは、一切考えていなかった。明日消えてもしょうがない。米米CLUBってそういうバンドだったので、“未来を見据えて”みたいなことはみんなと話したことがない」と言います。

そもそも石井さんは、未来や将来に対して「自分で考えなくても自然とやってくるもの。過去はあるにしても未来はない。いくら考えてもしょうがない。未来は決められないんだから、いまの自分を大切にしたほうが利口」と自身の考えを明かします。

さらには、「歴史を学ぶと人間はダメだなって思う。いい歴史ばかり教わって、それで良しとしてしまうのは浅はか。歴史の裏側にある人の愚かさみたいなものを勉強したほうが、次につながるかもしれない」と持論を述べます。

一方、米米CLUBのメンバーに対しては「みんなに自由度をあげたい」と話します。そして、「こうしないといけないと思った瞬間に、物事はだいぶ小さくなる。これもある、あれもあるよねって言っているうちは、どんどん広がっていくし、そっちのほうが楽しい。やらなきゃいけないと思った時点で負け」と力説。

いまはコロナ禍でもあり、なにかと息苦しい世の中とあって、「いまの若い人たちはかわいそう。みんな頭が良くなったのは確かだけど、やっぱり若さというものがあるからこそ、若者はどこかで発散しないと」と危惧します。

また、石井さんは「いまは失敗できない時代になっている」とも。「ある程度の年齢になって失敗してしまうと、元通りにならない。若いうちに失敗したほうがいい」と若者にメッセージを送ります。

そんな石井さんは、9月17日(金)に著書「本日の日本」を刊行。それは普段メディアでは言えないような話や、個人的な悩みや悔やみ、失敗談など10年間にわたって配信してきた、石井さん自身の作り手としての心の揺らぎをまとめたもの。

ただ、そういった弱みも30歳ぐらいまでは一切表に出さず、「隠すのがプロだと思っていた。余裕で歌っているように見せようとばかり考えていた。でも、それはパフォーマンスの一部、作り物の一部でしかない。どこまでいっても作り物はたかがしれている」と言います。

そんな石井さんの深い話に、れなちは熱心に耳を傾け「今日のオンエアを聴き返して自分の信条にしたいと思いました」と感心していました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月24日(金) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
タグ

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ