漢字テスト、縄跳び、大声コンテスト…みんなの「受賞エピソード」は?

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。9月15日(水)の放送では、みんなの「受賞エピソード」をシェアしました。


パーソナリティの山崎怜奈



世の中をザワザワさせている“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“なんか「賞」をもらったことありますか?”。

先日、京都工芸繊維大学の研究グループが「イグ・ノーベル賞」動力学賞を受賞。さらに、“シリコンバレーのノーベル賞”とも呼ばれる「ブレイクスルー賞」に基礎物理学分野で東京大学の香取秀俊教授、数学分野で京都大学の望月拓郎教授が選ばれました。そこでこの日は、大小問わず、みんながもらった賞について聞いてみました。

リスナーからは、「小学生のとき、漢字の10問テストが毎週あり、1年間100点を取り続け賞状をもらった。いま、漢字の勉強が好きなのはこの経験のおかげかもしれない」「保育園時代の“縄跳び跳べた賞”は初めてもらった賞だったので、いまでも大切に取ってある」「小学生の頃、毎年虫歯ゼロ賞をもらい、その賞状は全部取ってある」「小学生のときに大声コンテストで優勝した」など小さい頃にもらった賞が続々と寄せられ、れなちも「すごい!」とビックリ。

そんななか、「アメリカに住んでいた小学生のとき、現地の小学校でおこなわれた縄跳び大会みたいな学校行事で優勝。全校生徒の前で表彰され、アメリカ特有のテンション爆アゲの指笛や大歓声を浴びて恥ずかしかった。ただ、いま思えば、それほどの大歓声を浴びることはなかなかないのでいい経験だった」というメッセージに、れなちは「確かに! 指笛や大歓声を浴びることなんて、なかなかないですからね」と納得。

また、「一番大きな賞は高校生のとき。放送部の全国大会で5位相当の賞をもらい、NHKホールの壇上で表彰された。紅白歌合戦と同じステージに立っていると思うとすごく興奮した。あのときが人生で一番輝いていたと思う」「高校時代、クイズ研究部に所属していたが、2年生のときにある九州大会で優勝して全国大会に出場。さらには同級生の高校生クイズ出場などの功績を受け、高校卒業の際に部として学校功労賞をもらった」といった声も。

そのほか、「環境大臣賞」や「県の俳句大会で入賞」「中学生の頃、修学旅行のスローガンで表彰された。僕の考えたのは『修学旅行へ行った奈良。自然、歴史を学ぶ古都』」。さらには「“思い出深い賞”は小学生の頃にもらった『リンゴ皮むき名人賞』。家庭科の授業で誰が1番リンゴの皮を長く剥くことができるかというものだったが、見事学年1位に。当時練習もしたが、青森の親戚から大きなリンゴを入手し大会に臨むという姑息な手段を取った。当時の私の作戦勝ち」などたくさんのエピソードが寄せられ、れなちは感謝しきり。

「みなさん、本当によく頑張っていると思います。私も頑張ります!」と労いの言葉をかけていました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月23日(木・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
タグ

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ