内田也哉子「父母兼任で、ときには姉妹のように…」母・樹木希林との当時の生活ぶりを振り返る

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。9月5日(日)の放送では、エッセイストの内田也哉子さんが登場しました。


(左から)内田也哉子さん、高須光聖


◆改めて母と“出会い直している”

高須:いろんな人から聞かれていると思いますが、(母の)樹木希林さんはどんな人でしたか?

内田:今年の9月で他界して3年になりますが、いろいろな方から母の生前の話を聞いたり、「番組を作るから」ということで、(番組制作側から、私が)知らないエピソードを聞いたりして、改めて母と“出会い直している”という感じです。

ただ、本当に普通の親子で、私が小さい頃は、母のことを“厳しい”“怖い”と思っていました。でもそれは何の怖さかというと、必死に生きていたから。離婚はしていないですけれど、シングルマザー状態で家事も100パーセント自分でやっていたし、仕事も子育てもして……というなかで、どうしても厳しさを感じていた気がします。

高須:内田さんは1976年生まれですが、その時期は希林さんが一番大変な時期だったんです。「寺内貫太郎一家」(TBS系)では、由利徹(ゆり・とおる)さんや伴淳三郎(ばん・じゅんざぶろう)さんのような大先輩がいるなかで、当時31歳にして老け役でコメディをやるという。希林さんはコメディエンヌとして世に出てきたわけではないのに、あの一流メンバーのなかでコメディをやるというのは、すごいなと思って。

内田:殺気立っていましたね。ただ、子育てに関しては“食べさせておけば子は育つ”という考え方だったらしくて。70年代当時は、オーガニックの走りもあって“玄米菜食”にこだわっていて、本当に質素なご飯でしたけれどたくさん作ってくれました。

昔の“頑固おやじ”じゃないけど、一度言ったことは二度と言わないから、子ども側が“今はこうしたほうがいいんだな”と察して動く、みたいな。だから、わりと大人びるのが早かったんでしょうね。

高須:希林さんがほぼ一人親のような感じだと、男親を担っていた部分もあったんでしょうね。

内田:そうですね。父母兼任で、でもときには姉妹のように接してくることもあって。いただきものでケーキをもらうことがあると、母が最初に“あたし、これ!”って選んでいました(笑)。ひとりっ子だから、競争相手になる感じで。

◆「周りにどう思われようと気にしない」

高須:内田さんがゲストということでいろいろと思い返してみたら、“希林さんに影響を受けたことがいっぱいあるな”と思って。例えばCMで、もしかしたらコピーライターの方の言葉を言わされていただけかもしれないですが、“本人が納得されてしゃべっているんだな”って思えるCMの言葉が刺さって。希林さんが話されたことは素直に聞けるんですよね。

内田:そうですか~。うれしいです。

高須:内田裕也さんなんて、いまだに年末あたりに暴れていそうなくらい(笑)。裕也さんには、「笑ってはいけないシリーズ」(日本テレビ系)に一度出ていただいたことがあるんですよ。

内田:えっ!? どういうシチュエーションで?

高須:VTRでパイロットの役をしていただいたことがあるんですよ(笑)。当時のプロデューサーが「内田裕也さんってかっこいいんだよ。小さな仕事でも大きな仕事でも(ギャラが)69万円で“ロック”なんだ」と言っていて、“うわ、かっこいい!”と思って。そう聞いていたんですけど、「実際どうだった?」ってプロデューサーに聞いたら、「いや、違いました」って(笑)。

内田:敏腕マネージャーがついていましたから(笑)。

高須:それでも年末に裕也さんに出ていただけたので、僕は感激でした。

内田:へぇー、それは観ていなかったです。こんな形で、人から(両親のことを)教えていただいて、家族のことを知っていくという変な状況なんです(笑)。

高須:いろんな人たちの頭のなかに(記憶として)ちゃんと残っているのがすごいと思います。

内田:父に関しても母に関しても、共通しているのは“周りにどう思われても気にしない”というところかなと。例えば、私が緊張していると「あんた、浅いわねぇ。自分をよく見せようとしているから、緊張したり“何を言ったらいいかわからない”って、もじもじするのよ。思ったことをストンと言うだけでしょ?」って。

高須:ただ、これが難しいんですよねぇ(笑)。思ったことをそのまま言ったら“変なことを言っちゃうかも?”って……。

内田:そうそう(笑)。それで思ったことを言い過ぎた両親ですよね。たくさんの方を傷つけただろうなと思うのですが、それでもどこかに面白みを見出してくれた方がいてくださったので、なんとか続いたんだろうなぁと思います。

<番組概要>
番組名:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00~25:29
パーソナリティ:高須光聖
番組公式Facebook:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/
タグ

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ