細田守監督「“現実の世界”だけだと、追い詰められたときに逃げ場がない 」“インターネット世界”の可能性・重要性を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月14日(火)放送のゲストは、現在公開中の最新映画「竜とそばかすの姫」の監督・細田守さん。“インターネット世界”の可能性・重要性について語りました。


細田守監督



<映画「竜とそばかすの姫」あらすじ>
高知の田舎町に住む17歳の女子高生は、幼い頃に母を亡くし、父と2人暮らし。母と一緒に歌うことが大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。1人で曲を作ることだけが生きる糧になっていたある日、親友に誘われて、全世界で50億人以上が集うインターネット空間の仮想世界「U(ユー)」に参加する。

自分の分身「ベル」と名付けたアバターでは自然と歌うことができ、世界中の人を魅了する人気者の歌姫になっていく。そんなベルの前に、「竜」という謎のアバターが現れて……。

◆インターネット・仮想世界に引かれる理由

坂本:細田監督が仮想世界に引かれる理由、また、アニメでそれをテーマにされる理由は?

細田:いま、インターネット世界は限りなく現実に近づいています。まるで現実がもう1つあるかのような感じになっているのがおもしろいですよね。一般的なインターネットの世界というと、検索エンジンのトップページのイメージがありますが、もっと奥に進んでいって、その世界に入っていくと、どんなきらびやかで賑やかな世界が広がっていて、また、世界中の人たちが集まっている世界があるのか……と、考えることが好きなんですよね。

(インターネットの世界は)そんなファンタジーの世界のようでいて、僕らは毎日インターネットに接している。ファンタジックと現実性、両方ある世界ってどんなものだろう? と考えて、今回(世界中の)50億人が参加する究極の仮想世界「U(ユー)」をデザインしたんです。

坂本:ちなみに、仮想世界のなかで生きることは、否定的に捉えられがちというか、ネガティブな要素(があったり)、それこそ「逃げ込んでいるのでは?」とか、「虚構の世界」と捉える人が多いと思います。細田監督は、そこにポジティブな要素を見出されていますよね?

細田:今のインターネットは、「誹謗中傷の世界」と言われるぐらいなので、特に子どもがいる人からすると、「あまり子どもに触れさせたくない」と思いがちですが、これからの若い人や僕らの子どもたちの世代になると、「デジタルネイティブ」で、まさにその世界を舞台に生きていくと思うんです。

坂本:そうですよね。

細田:そうしたときに、若い人の夢や希望を叶えられる、もっといい側面がアピールされた豊かな世界であってほしいんですよ。あとは「現実」と「仮想世界=インターネットの世界」の2つの世界があることで、どっちにも救いを求めることができるというか。現実世界1つだと、追い詰められたときに逃げ場がない。だけど、2つの世界があると、両方が刺激し合って、ときには逃げ込むことができるかもしれないし、勇気づけられることもある。

例えば、今回の映画「竜とそばかすの姫」の主人公・すずが、仮想世界で強くなったことで、現実世界でも強くなって生きていけるようになる。というように、若い人たちがこれから成長していくことを思うと、それを応援したい気持ちになるんです。

坂本:そうですね。インターネットだからこそ本音が言える。それは私たちも身近に感じていることだと思うんです。例えば、子育てをしていると、親が行き詰まったときに(インターネットは)本音を吐露できる場所であると。(リアルの世界では)知らない人だけど、(インターネット上では)つながって本当のことが言えることもあるので、ファンタジー世界だからこその“リアル”がありますよね。

細田:そうですね。そうやって成長していく若い人たちが、新しい世界のなかで世の中をより良く、おもしろく変えてくれたらいいな、という期待を込めてエールを送りたいんですよね。

坂本:そこに救われる人は、とても多いような気がします。

細田:特にいまはコロナ禍で、自由を束縛されているというか、抑圧された社会のなかで生きているというか。だからこそ、(現実とは別の)そういう世界がないと、やりきれないというか。両方(の世界)が響き合って、この世界がこれから進んでいくんだろうなって感じがする。それぐらい、インターネットは重要なことになってきましたよね。

坂本:本当にそうですよね。いい世界にしていかないとですね。

細田:若い人がどんどん変えていってくれると思います。

* 

映画「竜とそばかすの姫」は絶賛公開中です。お近くの上映劇場は公式サイトからご確認ください。

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/
タグ

★今日の運勢★2021年10月28日(木)12星座占いランキング第1位は蟹座(かに座)! あなたの星座は何位…!?

今日の占い「12星座ランキング」を発表! ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする、毎日運勢占い「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」。2021年(令和3年)10月28日(木)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属・占い師の草彅健太(くさなぎ・けんた)さんが占います。今日の第1位は蟹座(かに座)! あなたの星座は何位……?


【1位】かに座
心身ともにリセットすると良い日。頑張らなくてもうまくいくようにスケジュールを組んだり、無理のない人間関係を意識してみましょう。今までやってきたことを踏まえて、目標の見直しをするのも良さそう。サウナやヨガなど、汗をかくことをすると運気アップ。

【2位】うお座
ワクワクする気持ちが刺激されそう。焦らずに一つひとつ集中して行動すると成果が出やすいかも。ひらめいたことをしっかりイメージすることで、成功を引き寄せられるはず。黒いものを食べると恋愛運アップ。

【3位】さそり座
やりたいことにじっくり向きあえる日。タスクが気になる人は、優先順位を決めておきましょう。また、目上の人に相談すると良いヒントがもらえそう。いつもより多めに水分を取ると、集中力が高まるはず。

【4位】やぎ座
人のために行動すると運が上がる日。誰かをサポートすることはもちろん、ゴミ拾いなどのボランティア活動に参加すると、パフォーマンスアップにつながるかも。神社で身近な人の幸せを願うと◎

【5位】おとめ座
一緒にやっていく人を選ぶような1日。仕事でもプライベートでも、“どんな人たちとなら自分らしくいられるか”を意識しましょう。“もういいかな”と思える縁があったら、夕方以降に判断してみて。焼いた料理を食べると気持ちが上がりそう。

【6位】しし座
悩みや迷いを整理する日。今の自分ができていることに目を向けましょう。自信を持つことができれば、肩肘を張らずにあなたらしく動けるようになります。スパイスの効いたものを取り入れてみて。

【7位】ふたご座
身近な人と積極的に会話をすると良い日。ちょっとでも迷うことがあったら、気軽に話し掛けてみましょう。それが結果として、お互いにとってプラスになるかも。夜はリラックスして過ごすことを意識してみて。ゆっくり歩くと金運アップ。

【8位】てんびん座
長期的な目標を考えましょう。“続けられそうにないな”と思っていることでも、実はそんなに難しくないかもしれません。まずは、やりたいことを優先させましょう。視点を変えれば、あっさりスタートできるかも。ラピスラズリやトルコ石を持つと◎

【9位】おひつじ座
身の回りの環境やベースを整える日。掃除や整理整頓を徹底的にして、あなたの気を散らせるようなものを除去しましょう。スマホやパソコン、SNSなどもこの機会に整理して。足の裏を手入れすると、物事に動じなくなりそう。

【10位】おうし座
何かと後回しにしがちな日。“忙しい”や“疲れた”という言葉が出てきたら、いったん立ち止まって冷静になると、やるべきことが見えてくるはず。また、感謝の気持ちは積極的に言葉にしましょう。ビタミンの多い食べ物を取ると◎

【11位】みずがめ座
仕事や人間関係でイライラしそうな日。思い切って引っ越しや転職をして、環境をガラッと変えることも考えましょう。“自分には無理”とは思わずに、最大限まで可能性を広げてみて。子どもの頃に好きだったものを思い出すと良いかも。

【12位】いて座
周りと比べてしまい、落ち込んでしまう日。無理に結果を出そうとするよりも、今は自分ができることに時間をかけましょう。専門書を読んだり、新しいことを学んだりすると◎ そばやうどんを食べるとモヤモヤがなくなるかも。

【きょうの一言メッセージ】
解決する方法があるのなら、すぐに試してみましょう。仮にダメだったとしても、何もせずに前進しないよりは、よっぽどマシなはず。一つひとつ検証することで、最高の結果が導き出されるのです。

■監修者プロフィール:草彅健太(くさなぎ・けんた)
池袋占い館セレーネ所属。鑑定件数は若い女性を中心に7,000件を超え、占いイベントやアプリの監修も手がける。また、イベントMCや声優としての活動もしており、芸能関係者の依頼も多い。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
YouTube:https://youtu.be/n0t35uP-P2s

Facebook

ページトップへ