★今日の運勢★2021年10月15日(金)12星座占いランキング第1位は双子座(ふたご座)! あなたの星座は何位…!?

今日の占い「12星座ランキング」を発表! ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする、毎日運勢占い「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」。2021年(令和3年)10月15日(金)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属・占い師の玉木佑和(たまき・ゆな)さんが占います。今日の第1位は双子座(ふたご座)! あなたの星座は何位……?


【1位】ふたご座
パートナーと未来の話をすると◎ 今後の目標や理想の話でも、“旅行に行きたいね~”という楽しみの話でもOKです。

【2位】みずがめ座
物事を楽観的に考えると最高の1日になるでしょう。前向きな気持ちで会話や発信をしてみて。人気運も上がっているので、ファンも増加するかも。

【3位】てんびん座
影響力が強くなる日。挑戦したいことがあるのなら、気合を入れて取り組めば充分に通用しそう。“うまくいく”という直感が働くものは、押しすぎないほうが吉。

【4位】おひつじ座
出会い運が上がる1日。特に男性、または“男性っぽさの強い方”とのご縁が出ています。相手の人から学ぶことも多そう。どんどん吸収していきましょう。

【5位】しし座
肩の力を抜いて、気楽にやったほうが成功しやすいでしょう。緊張しやすい人は、ストレッチをしてみましょう。

【6位】やぎ座
ストレスから、お金を浪費してしまいそう。本当に必要なものなのかをよく考えて買い物をしましょう。仕事の頑張りすぎにも注意。適度に休むとはかどります。

【7位】おうし座
取り組んでいることにストイックになりすぎないほうが、良い成果を見込めそう。仕事運も上がっていますので、仕事に関わる方々の笑顔を思い浮かべながら働いてみましょう。

【8位】うお座
助けがやってきそう。意固地にならずに、困ったときは素直に言いましょう。ただし、自分で頑張れる範囲のことは、しっかり仕上げましょう。お礼の気持ちを言葉にして伝えると◎

【9位】いて座
能力アップが見込める1日。集中力が発揮できそうなので、その集中力を何に使うべきかをしっかり見極めましょう。体力は有限です。遊びに使いすぎないように。

【10位】さそり座
家族との縁が強く出る日。いつも家事をしていない人は、いくつか取り組んでみると◎ 自分の部屋の片付けだけでもすると、滞った流れを変えることができるでしょう。

【11位】かに座
今日はネガティブに考えてしまいそう。気分が沈んだときに、無理に気持ちを切り替えようとしなくても大丈夫。思っていることを書き出すと、解決するまでが早くなるでしょう。

【12位】おとめ座
持ち前の“責任感”“完璧主義”が強くなりそう。今日は“ほどほどに”という意識でいきましょう。他人はもちろん、自分のことも責めるのはNGです。

【きょうの一言メッセージ】
“お金”で何を買っているのか。何をいただいているのか。それはあなたを笑顔にしているのか。振り返ってみて。

■監修者プロフィール: 玉木佑和(たまき・ゆな)
池袋占い館セレーネ所属。声優、脚本家としても活躍する異彩の占い師。「言葉で未来を照らす」をモットーに、カードや星からのメッセージを愛ある言葉で相談者に届ける。アプリや雑誌記事の監修など、さまざまなメディアで活躍中。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ: https://online-uranai.jp/
タグ

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ