「日本の女性は、真面目に頑張り過ぎている」“自分の幸せ”を確保するために頼ってもらいたい…家事代行サービス「ベアーズ」創業者の思い

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。“頑張るプロフェッショナルの女性の素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な女性をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。

11月29日(月)のゲストは、家事代行サービス「ベアーズ」副社長・高橋ゆきさん。今回の放送では、家事代行やハウスクリーニング、ベビーシッターなど幅広いサービスを提供する「ベアーズ」のサービス内容や、コロナ禍で増えた代行依頼について語ってくれました。


パーソナリティの住吉美紀、「ベアーズ」高橋ゆきさん


◆暮らしにまつわるサポートを代行

「ベアーズ」は1999年の創業以降、全国5大都市を中心に累計190万件以上のサービスを提供しています。「お茶の間の幸せ度数を上げたい」をモットーに、暮らしにまつわるさまざまな代行をおこなっている企業です。

* 

住吉:「ベアーズ」ではどのようなサービスを提供されているのでしょうか?

高橋:日常の家事を代行することをメインに、お掃除、お洗濯、お料理、お買い物、お子様の面倒、お庭の手入れ、靴磨き、ベッドメイク、ゴミの分別、さらにはフリマ(アプリ)の出品代行も引き受けております。

住吉:そこまで!? 家庭のなかで困っていることがあれば、だいたいのことは助けてくださるということですね?

高橋:そうですね。今、一番多いのはフリマの出品代行です。あとは不用品の片付け方のご相談も多いです。

住吉:なるほど。断捨離の助言もしていただけると?

高橋:はい。そのあとのインテリアの配置なども一緒に考えたりします。

住吉:えー! 本当に幅広いですね。

◆会社起業のきっかけは?

住吉:今でこそ家事代行サービスは浸透していますが、1999年の創業当時は「ちょっと贅沢なんじゃないの?」みたいな感覚を持たれていた方もいらっしゃったのでは?

高橋:そうですね。創業から10年は、とても苦労しました。なぜかと言いますと、教科書に書いてあるわけでもないのに、“家事は女性の仕事”という意識が根強かったからです。母として妻として女として、「家事を外注するなんてどうなの?」というのを、女性自身が感じていらっしゃったんです。後ろめたさというか申し訳なさというか。

住吉:そうですね。

高橋:日本の女性は、真面目に頑張り過ぎているんですよ。私はもっと「SOS」を出し合える社会にしていかないといけないなと思います。

住吉:高橋さんご自身が、そう思われるようになったターニングポイントは?

高橋:私は1995年から4年ほど香港で暮らしていたのですが、妊娠、出産、育児を海外で経験することになったんです。当時、フルタイムで現地法人に勤めていて、そこの社長さんから「何をそんなに不安がっているんだ? 香港には、暮らしの“縁の下の力持ち”的存在の方々がたくさんいるんだよ」と教えていただきました。

香港には、(ベビーシッターや家事手伝いなどをおこなってくれる)フィリピンから来られた(ヘルパーの)方々がたくさんいらっしゃるとのことで、社長から「きっと高橋夫妻のフィーリングに合う人がいるから探してみなさい」と言われて出会ったのが、私より5歳年上のスーザンというフィリピンの女性でした。彼女の私たちファミリーに対するサポートは、本当に献身的だったんですね。

住吉:へええ!

高橋:私の初めての妊娠、出産、育児は、スーザンのおかげで明るく幸せで楽しいものになりました。日本にいる同僚や先輩にその話をすると「働いていなくたって子育ては孤独で大変なんだよ」と言われて、日本に帰ったときに「子育てを明るく楽しく幸せなものにしたい」という思いから、夫と“産業をつくろう”を合言葉に創業しました。


写真:「ベアーズ」高橋ゆきさんInstagramより


◆“自分の幸せ”を確保するために利用してほしい

住吉:今って子育てだけではなく、共働きだったり一人で介護を請け負ったり、いろんな忙しさの形がありますよね。そういった方々をサポートできている、という実感はありますか?

高橋:女性は、本当に頑張り過ぎていると思います。みんなの幸せを願うがために、自分の幸せを精神的にもフィジカル的にも後回しにしがちなんです。今は晩婚化が進んでいる影響で、小さなお子さんを育てながら、親の面倒もみなければならない女性が、すごく多いんです。

私もそうですが、更年期などで女性の体が変わってきますし、あっちこっちから自分を頑張らせているんですよ。そういう人が“ありたい自分”であるためには、私たちが提供するサービスを少しでも活用していただければと思っています。

◆コロナ禍で増えた依頼は?

住吉:コロナ禍で、お子さんが通う学校の休校やテレワークによって、家のなかの状況が大きく変わりましたよね。番組宛に寄せられたメッセージでも、「家事をメインでおこなっているのでストレスがマックスになった」という内容のものが多かったです。

高橋:現在も(そのような方々が)たくさんいらっしゃる状況ですよね。お父さんはテレワーク、お子さんもステイホームとなって、ご家族のおうち時間が増えると、トイレを使う頻度が増えるし洗濯物も増えますよね。

住吉:そうですよね。

高橋:ごはんを3食作るだけでも大変なのに、後片付けもしなくちゃいけない。エンドレスな家事が増えていくんですよね。

住吉:そのような状況に対しては、どのようなサービスを提供されていたのですか?

高橋:お買い物代行も多いですし、お料理の作り置きサービスも需要が高いです。たとえば、4時間で家族4人分の食事10品を作っておけば、何日かに分けて活用することができます。あと、他人が作った家庭料理をたまに食べるとおいしいんですよね。最近は、そういったニーズがすごく増えました。

あとは、近くにご両親がいるものの、コロナ禍で気軽に往来ができないという理由で、ご両親の安否確認に行くこともあります。その際に処方薬を取りに行って、2、3週間分の薬を小分けするといったご依頼もいただいたりします。

住吉:「ベアーズ」のサービスって柔軟なんですね!

高橋:暮らしの“困った”を解決できる会社になりたいと思っています。


「ベアーズ」高橋ゆきさん



----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年12月7日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト: https://www.tfm.co.jp/bo/aky/
タグ

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ