有吉「3年間、マジで誰ともしゃべらなかったんだよ」スイミングスクールでの苦い過去を回顧

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。11月28日(日)の放送は、アシスタントにデンジャラスの安田和博を迎えてお送りしました。


(左から)安田和博、有吉弘行



番組では、6歳以下の子どもがいる保護者を対象に実施した“習い事”に関するアンケート調査の結果を紹介。“通わせてよかった”“通わせる検討をしている”という習い事の1位が水泳。そのほか、音楽、英会話、サッカー、野球などが挙がったそうです。

有吉は「俺も水泳をやってましたよ」と言い、当時を回顧します。小学4年生から3年間スイミングスクールに通っていたものの、その場所が隣町だったこともあって「知ってる人がいなくて、3年間、誰ひとり友達ができなかった(笑)」と苦い過去を告白。

しかも、スイミングスクールに通い始めた頃から悲劇が……。小学4年生から入ったため、通常であればそれなりのクラスからスタートするところ、母親の手違いで4歳ぐらいの子がいる一番下の13級から始めさせられたそう。

ただ、スイミングスクール側も気の毒に思ったのか、月に1度ある進級テストで13級から10級まで異例の飛び級昇進! 「“天才児現る”だよね(笑)」と振り返る有吉の言葉に、安田をはじめ番組スタッフも大笑いします。

その後も地道に通った有吉は着々と進級し、タイムを競う選手育成コースにまで進んだのですが、“友達がいない”という理由でスイミングスクールを辞めてしまったと言います。

「レッスン中に誰ともしゃべらないのはつらいよ」とキツい過去を思い出し、「気をつけたほうがいいですよ。“(通わせたいところに)ちゃんと友達がいるかどうか”とか」と、子どもを持つ親御さんに向けてアドバイス。

すると、安田がまさに子ども2人をスイミングスクールに通わせたばかりで、かつ、まわりの子たちと学校が違うため、友達ができずに悩んでいたそう。それを聞いた有吉が、「俺もそうだった。だから(スイミングスクールに)行くのがつらかった」と同意しつつ、「帰りのバスは、ピクニックっていうコーヒー牛乳を1時間かけて飲んでた(笑)。切なかったな、3年間……」とつぶやくと、我が子も同じようにならないか心配そうな安田。

有吉はあらためて、「(スイミングスクールで)3年間、友達もできずにマジで誰ともしゃべらなかったんだよ。それなのに、よく3年も行ったよね。自分で自分のこと粘り強いと思うよ」と自画自賛し、「だから、たまに行くドラマの現場とかで、誰ともしゃべらなくても平気なんだろうね。(待ち時間は)隅でじっとしてるだけ。ただただ辛抱する時間だね……(笑)」としみじみと語りました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国24局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
タグ

銭湯をポップに楽しむガールズ集団「SENTO FOREVER」とは?“銭湯文化を永遠に!”

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」。11月21日(日)の放送では、銭湯をポップに楽しむガールズ集団「SENTO FOREVER(セントーフォーエバー)」から、大竹沙織さん、湊七海さん、塚本さくらさんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)小山薫堂、大竹沙織さん、湊七海さん、塚本さくらさん、宇賀なつみ



SENTO FOREVER は、“銭湯文化を永遠に!”をビジョンに掲げ、銭湯やサウナをテーマにしたイベントの企画・運営やグッズ制作を手がけるなど、銭湯に行くきっかけを作り出すための活動をしています。

結成のきっかけは、「私たちが大学時代にデザインを専攻していて、展示会をやろうってなったときに、テーマで銭湯を選んだのがきっかけで銭湯にハマった」と塚本さん。当時、大学が一緒だった4人で結成し、その後メンバーが加入し、現在は6人体制に。

大竹さんによると、活動は主にイベント企画が多く「銭湯やサウナをテーマにした作品を作っているクリエイターさんがいっぱいいらっしゃって、その方々の作品やプロダクトを集めたマーケットイベントをやらせていただいている」と話します。

もちろんメンバー全員“銭湯好き”で、「いろいろなところに旅をするのが好きなので、その土地土地の銭湯やサウナに入って、サウナや銭湯ごとの違いを楽しむのが好きですね」と湊さん。

一方、大竹さんは、ひとり暮らしを始めたのがきっかけで、「近所に『そしがや温泉21』というすごくいい銭湯があると聞いて、行ってみたらすごく“落ち着くな~”と思って。人が賑やかにワイワイしながらお風呂に入っているところに混ざって、すごく癒されたというか、気持ちが落ち着いたんです。“ひとりでも楽しめそうだな”と思って、そこに通うようになって、ハマっていきました」と振り返ります。

もともとレトロなものが好きだった塚本さんは、「銭湯の内装の古いタイルやちょっとした下足の箱とかもすごく素敵だなと思って、空間に魅了されました」と、ハマったきっかけはメンバーによって実にさまざま。

そんな“銭湯好き”が高じて、塚本さんは、埼玉県比企郡にある日帰り温泉施設「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」で働いており、「泉質がトロトロで肌がつるっとする美肌の湯です」とアピールするひと幕も。

これまで手がけた企画のなかで、大竹さんが印象に残っているイベントは、2019年に開催した「湯沸かし市」。というのも、現メンバーで実施したなかで最も大きなイベントで、「告知も自分たちのSNSでしかやらずに“本当に人が来るのかな?”と思っていたんですけど、始まるときには行列ができていました」としみじみ。

「湯沸かし市」とは、銭湯やサウナ関連のグッズが一堂に会する銭湯クリエイターズマーケット。SENTO FOREVERでも銭湯で使えるグッズを作っており、大竹さんは「例えば、コインケース。銭湯って飲み物を買ったり、ドライヤーで10円を使ったり、小銭を使うじゃないですか。あと、回数券(※東京都共通入浴券)を入れたり」と話すように、“銭湯好き”だからこその視点が光ります。


SENTO FOREVERのグッズたち



そんな彼女たちに、宇賀は「この番組は手紙がテーマですが、みなさんと一緒になにかできそうなことはありませんか?」と質問。小山も「今、(番組で)『湯便』という企画をやっているんですよ。お風呂上がりに手紙を書いて、この番組に送っていただいてみなさんに紹介するコーナー」と事例を紹介。

すると、大竹さんからは「銭湯で壁新聞が貼ってあるところがありますよね。お風呂に入りながらぼ~っと読んで、“いいなぁ”と思うときがあるので、例えば、ボトルのなかにお手紙が入っていて、それを湯船で偶然見つけて、ぼ~っと眺めたり、“誰に宛てた手紙なんだろう!?”ってお風呂に浸かりながらぼんやりと考えたりするのも面白そう」とのアイデアが。

小山は、「壁新聞を貼ってあるような感覚で、たまにボトルが浮いたりしていて、開けて読んでみるとメッセージだったりするわけですね。いいですね! ナイスアイデア」と絶賛し、その後も手紙にまつわるトークで盛り上がりました。


SENTO FOREVERの皆さん



次回12月5日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/

Facebook

ページトップへ