いつもの買い物が「おトク」に変わる! 老舗「ポイントサイト」のコロナ禍での新たな働き方とは?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

12月6日(月)放送のコーナー「LINE WORKS Presents THE お仕事ラッド」のゲストは、ポイントを効率よく貯められるWebサイト「Point Income(ポイントインカム)」を運営するファイブゲート株式会社の広報・山本さん。今話題の「ポイ活」(※ポイントを貯めて、お得に使う“ポイント活動”の略称)や、コロナ禍での新しい働き方について伺いました。


ファイブゲート広報・山本さん、中川絵美里


◆効率よく「ポイ活」できるサイトとは?

稲垣:中川さん、今日はどちらにいるのでしょうか?

中川:私は今、小田急線・代々木八幡駅から徒歩3分ほどの場所にあるファイブゲート株式会社に来ています。隣には広報の山本さんにお越しいただいています。

吉田:山本さん、こんにちは! ファイブゲート株式会社では、どのようなことをしているのでしょうか?

山本:ポイントを効率よく貯められるWebサイト「ポイントインカム」を運営しています。お買い物をするときにクレジットカードやショップカードを利用するとポイントが得られますが、そのポイントを効率よく貯められるのが「ポイントインカム」なんです。

2006年からサービスを開始し、2020年に(日本マーケティングリサーチ機構がおこなったポイントサイト調査では)ユーザーの「満足度」「人気」「信頼」の3つの部門で1位を達成しました。現在400万人以上の方が利用しています。

中川:多くの方に支持されているサイトということですが、「ポイントインカム」では、どのようにしてポイントを得られるのでしょうか?

山本:「ポイントインカム」に登録後、各サイトを経由して「お買い物」をするとポイントを貯めることができます。提携ショッピングサイトは5,000件以上あり、「ポイントインカム」と「ショッピングサイト」それぞれからポイントを獲得できます。

さらに「資料請求」「アンケート」「ミニゲーム」からもポイントを獲得できて、ポイントを楽しく貯められるコンテンツをたくさんご用意しています。

中川:先ほどサイトを拝見したところ、私が普段利用しているサイトもたくさん提携されていました。ちなみに「ポイントインカム」で貯めたポイントは何に交換できますか?

山本:電子マネーや現金、ギフトカードなど約30種類以上の交換先があります。また、個人情報を適切に取り扱うサイトとして「プライバシーマーク」を取得しているので、個人情報の取り扱いには十分に注意を払っております。

吉田:セキュリティーがしっかりしているのは安心ですね! ちなみにコロナ禍で大切にしている働き方があるそうですね?

山本:今、コロナ禍でのコミュニケーション不足が問題になっていますが、弊社ではコミュニケーションがより良く取れるように、さまざまな工夫をしています。

オフィスの1階に本格的なコーヒーなどを楽しめるカフェスペースを設置しています。炊き立てのご飯も常備しているので、ランチミーティングも可能です。また、夜にはビールやワインなども提供しているので、楽しくコミュニケーションを取りながら新しいサービスのアイデア出しなどをおこなっています。

中川:山本さん、ありがとうございました!「ポイントインカム」のSNSでは、お得な「“ポイ活”方法」を紹介しているようですので、ぜひ参考にしてください。

◆あなたの会社の“ユニークな働き方”を教えてください!
このコーナー「LINE WORKS Presents THE お仕事ラッド」では、番組で企業やお店をPRしたいというリスナーを募集しています。会社の雰囲気や、販売している商品・サービスなど、PRポイントとともに番組特設サイトからお送りください。ご応募いただいた方のなかから抽選で中川店員が会社訪問をいたします!

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/
タグ

BTSリクエスト特番第2弾! 第一夜、ドランクドラゴン・塚地がBTS愛を語る!「放心状態になりましたね」

ニッポン放送ではきょうから5夜連続で世界的アーティストBTSの魅力に迫る特別番組『BTS マイ・ベスト・リクエスト』第2弾を放送している。12月にも放送し、リスナーから大反響だった同番組。今回はリスナーから募集したBTSの楽曲リクエストに加え、5人のパーソナリティたちが5日間で『夢のライブセットリスト』を作り上げていく。初日となる今日はドランクドラゴンの塚地武雅が担当した。

ドランクドラゴン・塚地武雅

番組は塚地の「ARMY(=BTSのファン)の皆さん、こんばんは!」という第一声と同時に、リスナーからのリクエスト曲「N.O」で幕を開けた。12月の出演時は渾身のセットリストを紹介した時に思わず涙ぐんだ塚地。今日もキャップにタオル、首にバンダナとBTSグッズに身を包み、「本当にライブに参戦する感覚で来ました」と、オープニングからBTS愛溢れるノリノリな様子。

「FAKE LOVE」に続きオンエアされた、リスナーからのリクエスト曲は「Jamais Vu」「Don’t Leave Me」の2曲。この2曲は前回の5日間の特番でもかかってない曲で、塚地は「すごい。それでこんなに強い曲が2曲も残っていたんだ」とBTSの楽曲の持つ幅の広さや懐の深さについて感動。リスナーから「前回の放送で塚地さんがBTSのファンと知り、熱い塚地さんを聴いてファンになりました」というメールが紹介されると、塚地は「同じ気持ちですから。皆さんで(BTSについて)話したいですよね」と応えていた。

ひろたみゆ紀アナウンサー、塚地武雅

今回の特番の目玉は、BTSが持つ名曲の数々から5人のパーソナリティたちが5日間で『夢のライブセットリスト』を作り上げていく企画。初日となる塚地はライブの幕開けを飾る5曲ということで、塚地は『Dope』『DNA』『I’m Fine』『So What』『00:00 (Zero O’Clock)』の5曲を選曲した。前回のセットリストを作ったときとは違う、全体構成を考えて作らなければならない今回のミッションに「苦しみました」と一言。今回の選曲については「ライブの始まりの5曲ですからノリのいい、ぶちあげたいナンバー」と説明し、5曲を聴き終えた塚地は「放心状態になりましたね」と語っていた。

番組ではその後も次々とリスナーから寄せられたBTSのリクエスト曲などを次々とオンエア。1時間50分で18曲もの楽曲をオンエアし、世界で活躍するBTS、彼らだけの音楽だけをかけるリクエスト番組第2弾の初日は幕を閉じた。

1月24日(月)のオンエアリスト

M1. N.O
M2. FAKE LOVE
M3. Jamais Vu
M4. Don’t Leave Me

塚地が選ぶ『夢のライブリスト』5曲
M5. Dope
M6. DNA
M7. I’m Fine
M8. So What
M9. 00:00 (Zero O’Clock)

M10. Awake
M11. 21st Century Girl
M12. Silver Spoon
M13. Just One Day
M14. Dimple
M15. My Time
M16. Airplane pt.2
M17. Like
M18. Stay

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ