2022年はどんな年になる?「2022年前半の運気の流れ・ワンポイントアドバイス」をチェック!

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする2022年の運勢。東京・池袋占い館セレーネ所属でスピリチュアルカウンセラー、占い師として活躍する天女(あまね)さんに「2022年のテーマ」、そして2022年前半(1月~6月)各月のワンポイントアドバイスを伺いました。


【2022年のテーマ:愛(特に自己信頼)、つながり】

2022年は、特に身近な人間関係において、絆の深さが試されるような出来事が起こりやすい年になりそうです。

相手を責めたくなって責めることは簡単です。しかし、相手は自分の鏡なので、まずは矢印を自分に向ける癖をつけましょう。例えば、相手に対して“自分を大切にしてくれていない”と感じたのであれば、まずは“自分自身が自分を大切にできているのか”を振り返ってみましょう。胸に手を当ててみると、“できていなかった”とハッとするのではないでしょうか。

そして、相手があなたに発するネガティブな言葉は、相手が自分に対して発している言葉であることも多いのです。人は過去の経験をもとに、知らず識らずのうちに色眼鏡をかけて他人の言動や状況を判断しているため、コミュニケーションにズレが生じることがほとんどです。

例えば、相手に暴言を吐かれた場合は、その相手自身が自分に対して納得していないことが多いです。そう捉えられるようになると、“今、彼(彼女)はしんどいときなんだな”とフラットに見ることができ、色眼鏡をかけて人と接することが少なくなります。

また“自己犠牲”も手放していきましょう。自分の状態は、相手との関係性と大いに連動しているものなので、自分の状態を整えると、取り巻く環境が不思議と好転していきます。つまり、“相手にご機嫌を取ってもらう”という発想は捨てて、自分の機嫌は自分で取ることを徹底しましょう。

このように、2022年は自分への愛が問われます。そして、「相手を変えたいのであれば、まずは自分が変わる。そうすれば、見える世界は変わってくる」ということを体感できる年になるでしょう。また、“相手が自分をどう思っているのか”を気にする前に、“自分はどうしたいのか”という気持ちを大切にしましょう。

【1月のワンポイントアドバイス】
自分の“お手入れ”“メンテナンス”に努めましょう。全体的にペースダウンして、余裕のあるスケジューリングをしたほうが良い月です。また、団体行動をするよりも、1人で行動することを心掛けて、自らを充電したり、スキルアップすることを意識しましょう。

また、長期休暇を取るにもぴったりの時期です。翌月に積極的に行動するためにも、心や環境を整えることに注力しましょう。まだ1年の計画を立てていない方は、1月中に立てることをお勧めします。

【2月のワンポイントアドバイス】
今まで投げかけてきたものを、成果として受け取りやすいタイミングです。また、受け取ったことを周りの人に分かち合うと、さらに喜びが増幅して循環するので、独り占めはしないようにしましょう。受け取れなかった場合は、投げかけ方が間違っていたのかもしれないので、一度見直してみましょう。運気が上がっているため、普段よりも積極的に行動しましょう。

【3月のワンポイントアドバイス】
今までの人間関係や物事を見直す月。持ち越すものと手放すものとを選別し、大胆に取捨選択することをオススメします。また、その行動には、人生を好転させる大きなチャンスになる可能性が秘められています。今まで手放せない人や物があるのなら、それに執着していないかを客観的に見直してみてください。

心に蓋をしていたことに対しても、思い切って見つめてみましょう。今まで伝えられていなかったことがある人は、本音で向き合うのに適した月ですので勇気を出してみましょう。

【4月のワンポイントアドバイス】
温めていたアイデアを実行に移したり、新しいことを始めるのに最もふさわしい月です。1月に進む方向を定められなかった人は、4月こそは、これからの方向性をはっきり打ち出して、一歩を踏み出しましょう。1月に進む方向を定めた方も、改めて計画を確認しましょう。4月に行動すると、11月までに成果として現れる方が多いです。積極的に行動しましょう。

【5月のワンポイントアドバイス】
2022年のテーマである「愛(特に自己信頼)」「つながり」が試される月です。自分や相手と丁寧に向き合い、人間関係の土台作りに手を抜かないことが大切です。また、積極的に自分と向き合う時間を設けるようにしましょう。食を見直してみたり、健康診断に行くのも吉。

【6月のワンポイントアドバイス】
4月に決めた方向性に、さらに進化したアイデアを加えられる余地を感じる機会が大いにある月です。また、思いがけないラッキーにも巡りやすい月なので、大胆に行動すると吉。トラブルが発生しても、この状況をどう捉えたら面白くなるかを考えてみてください。ユーモアや遊び心を忘れずにいると、ピンチがチャンスに変わる可能性大。

■監修者プロフィール:天女(あまね)
池袋占い館セレーネ所属。日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。多くの人を救いたいという思いから占い師の道に進む。その的中率が口コミで話題になり、今では顧客に芸能人・経営者・マスコミ関係者まで幅広いリピーターを持つ。
Webサイト:https://selene-uranai.com/fortuneteller/4250.html
オンライン占いセレーネ:https://online-uranai.jp/
タグ

日本の古代漁法「鵜飼」を通して、持続可能な伝統社会について考える

東海ラジオでは、特別番組『語らい~鵜に学べば~』を、5月28日(土)19:00~20:00まで放送する。「鵜飼」は鵜を使い鮎を獲る日本の古代漁法。現在、全国11ヶ所で行われているが、どこも、観光客の減少、コロナ禍、後継者不足などの問題に直面している。

Facebook

ページトップへ