2022年下半期の運勢・12星座別占い「乙女座(おとめ座)」ルーンからのお告げ

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする12星座占い、星とルーンで見る2022年下半期の運勢「乙女座(おとめ座)」。星座ごとの2022年下半期の運勢と、北欧の神々が用いた魔法の古代文字「ルーンからのお告げ」により、健やかに過ごすヒントをお届けします。ルーン占いによる2022年下半期のあなたの運勢は……?
(監修:東京・池袋占い館セレーネ所属・真龍人(マリユドゥ)さん)


◆2022年下半期はどんな年になる?

今年の上半期にうお座を運行していた幸運の星・木星が、5月11日(水)におひつじ座に移動した後10月28日(金)までの約半年間滞在して、その後12月20日(火)に再びおひつじ座に歩みを進めて下半期の運勢に大きなインパクトを与えます。

おひつじ座は占星術のトップバッター。“積極性”“自己主張”などを示すため、前に進む勢いがあります。2023年の目標などを少し先取りして進めてみるのもアリ!

ただし、この幸運の星は7月末から11月後半まで大半の期間は逆行してしまうので、“何となくうまくいかない”“停滞を感じているのかな”と感じてしまう可能性も。惑星が逆行しているときは、振り返りや見直しなどをするのがベストだと言われているので、来年に向けた準備期間として、これまで順調だったことを見直したり、強化するのも良いでしょう。

また、エネルギーの星・火星も8月20日(土)にふたご座に移動すると、来年3月まで長逗留します。情熱を注げる趣味や勉強なども探してみては? 古代北欧にて魔術や呪術に使用されてきたルーンを使って、下半期を快適に過ごすアドバイスもお届けします。

【乙女座(おとめ座)】

2022年下半期のテーマ「あらゆるシーンで深みが増す」

2022年下半期は、何か1つを深めて極めるシーズンになりそう。上半期に対人面が大きく広がった人は“本当に大切な人は誰か?”を考えて、特別な人を見つけていくようなとき。仕事面などでも、手を広げるのではなく、業務内容を絞ってきっちり管理することが求められるはず。

7月中旬頃まで対人運が好調。スタンドプレイではなく、チームワークや人と協力することで物事がスムーズに進みそう。8月後半~9月が運気の本番。たくさんの星があなたの星座に集結するので、モテ運、恋愛運、仕事運など全体的に運気を引き上げてくれるはず。10月の金運には期待大。秋の旅行やお買い物をするときは、ワンランク上を意識してみては? 10月後半からは、幸運の星・木星が再び出会いのチャンスを運んでくれます。12月に入ると恋の運気も急上昇するので、クリスマス前に素敵な相手との出会いがあるかもしれません!

<お守りルーン>
2022年下半期のあなたを守ってくれるルーンは、移動や変化を示す「ラド」。これは、もともと“車輪が付いた乗り物”を示すルーンなので、電車や車、バスなどでの移動や旅行にもツキがありそう。転居や転職など変化がある人もいそうですが、環境の変化は吉兆のしるしです。

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)
20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。LINE占いコンテンツ「石垣島の宿命師 マリユドゥ」の監修も手掛ける。2019年に拠点を沖縄県へと移し、西洋占星術とタロットを組み合わせ、お客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。対面・オンライン鑑定、占いライター、占い講師として活動中。
個人サイト:https://linktr.ee/Maryudu
Webサイト:https://selene-uranai.com/
この記事を読む