「プリントを拾ってくれた」「同じ物を飲んでいた」些細なきっかけで恋は始まる…!

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。7月4日(月)の放送では、『好きになったきっかけ細か過ぎだろ! グランプリ』をお届けしました。10代のリスナーの恋愛感情が生まれるきっかけには、どんなシチュエーションがあるのでしょうか。パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭が、リスナーから届いたエピソードを紹介し感想を語りました。



こもり校長:今夜は、生徒(リスナー)のみんながどんな些細な理由で人を好きになったのか、を聞いていきたいと思います。

――10代リスナーの「好きになったきっかけ」
【プリントを拾ってくれた】
(17歳)

ぺえ教頭:それで、好きになっちゃったの? もともと、ある程度好きだったからじゃないの?

こもり校長:いやいやいや。ペロンとプリントが落ちて「(相手)あ、落ちたよ」「(自分)好き!」……です。

ぺえ教頭:その手が重なった、とかならまだわかるけど。だって、それだったら人生で何人好きになるのよ?(笑)。

こもり校長:クラスが替わってすぐ、とかならありえるんじゃない?

ぺえ教頭:なるほどね! 優しさが垣間見えるもんね。「運命……!」って思っちゃうかもね。


【小学4年生の時に、東京から転校してきた子に恋をしています。きっかけは、ポケモン交換です。小学生の時、クラスが一緒で仲良くなって放課後に交換していました。たまにそのゲームをしていると「あっ……!」って思います】(15歳)

ぺえ教頭:ポケモン交換ってなに?

こもり校長:ポケモンをゲームの中で交換できるのよ。通信交換みたいな。

ぺえ教頭:僕のピカチュウとあなたのプリンを交換しよう! みたいなこと?

こもり校長:そうそう! 交換しないと進化しないポケモンもいるの。ゴーリキーがカイリキーになる、みたいな。それで交換することになって、ポケモンから恋につながったってことでしょ。

ぺえ教頭:あら~いまどき~。素敵ね。

こもり校長:もらったポケモンは、いまでも大切にしているんじゃないか?



【飲んでいる飲み物が一緒だった】(14歳)

こもり校長:これは、細かすぎるというか……ちょっと単純なんじゃないか?(笑)。

ぺえ教頭:これは学校で、かな? 場所にもよるんじゃない? 適当に入ったカフェで、隣に座っていたちょっとかっこいい人が同じ物を飲んでいたら、ちょっと「……あっ」ってなるけど(笑)。

こもり校長:これは俺の妄想だけど……俺がバスケ部で、隣のコートが女子バレー部だとして……。休憩のタイミングが一緒で、ネットの反対側で俺と同じ物を飲んでるシチュエーションがあれはキュンとくるかも。ちょっと妄想の世界に入るとわかる感じ。

ぺえ教頭:そう言われたら共感できますね。同じ自販機のボタンを押しているかもね。

――この日の放送では……

・「卓球のクラブチームに所属しています。憧れの先輩が横で練習していて、飛んできたボールを渡すたびに“ありがとうございます”と言われていたのに、“ありがとう!”とため口で言われた瞬間に“好き!”ってなりました」という17歳のリスナー

・「シュレッダーの紙を詰まらせてしまった時に、一緒に引き抜いてくれて、少しずつ裁断するのを手伝ってくれて好きになった」という16歳のリスナー

と電話をつなぎ、詳しく話を聞きました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年7月12日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/
タグ

SOL!こもり校長「ONE PIECE」を好きになったきっかけは?ぺえ教頭をキャラクターに例えると?

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。7月4日(月)の放送では、『好きになったきっかけ細か過ぎだろ! グランプリ』をお届けしました。以前から「ONE PIECE」が好きだと話しているパーソナリティのこもり校長ですが、そもそものきっかけや、ぺえ教頭の恋愛感情が生まれるきっかけなど、2人のエピソードを紹介します。



ぺえ教頭:校長は、何がきっかけで「ONE PIECE」が好きになったの?

こもり校長:気づいたらだね。もともと小学校のころは『コロコロコミック』を読んでいたんだけど、高学年になるとみんな『ジャンプ』に移っていくというか。「でんぢゃらすじーさん」を読んでいた人が、「NARUTO」を読み始めたり。そういうグラデーションの中で、俺も小学校6年生ぐらいのときに読んだのが『ジャンプ』に掲載されていた「ONE PIECE」だった。

ぺえ教頭:へぇ~。

こもり校長:いとこのお兄ちゃんちには単行本があったから、(最初から読み直して)全部読んで好きになった。

ぺえ教頭:歴が長いわね。

こもり校長:何かを好きになるきっかけって、人それぞれだと思うのよ。恋愛というか人を好きになるきっかけって、生徒(リスナー)によって全然違うと思うんだよね。教頭はどう?

ぺえ教頭:私は男性を好きになったきっかけがわき毛……(笑)。小5のときに、発達の早い同級生のわき毛を見てドキっとしたときに「私は男が好きなんだ」って気づいた。

こもり校長:お~。

ぺえ教頭:最近は男の子も脱毛するじゃない? わきもすねもツルツルにするのが、納得いかないわけ。もっとわき毛を見せて、私に! ってね(笑)。

こもり校長:(笑)。

ぺえ教頭:男性が綺麗になっていく風潮が……いいんだけど、ちょっとな~っていう。「私は見たいのに」っていうね。

こもり校長:好きなものが、なくなっていってるんだね。



ぺえ教頭:校長は?

こもり校長:俺は相づちがうまい子、聞き上手な子は、昔から好きかも。みんなで輪になって話しているときに、俺はおしゃべりだからワーって話すじゃん。そういう時に「うん、うん」ってキレイに相づちをしてくれる子は、学生時代から好き。

ぺえ教頭:え……アタシ!?

こもり校長:(教頭は)ヘたよ! 出すぎ! もっと2、3歩引いてくれている女子が好き。

ぺえ教頭:え、待って! 私、けっこう引いてない? 引いて頷きオネエよ(笑)。

こもり校長:あっはっは(笑)。

ぺえ教頭:……って、ずっと思ってたんだけど。“出すぎ”って何? 見た目の話?

こもり校長:ちょっとね……インパクトが残るじゃない。もっと「あの会で、あの子何かしゃべってた?」ぐらいの存在感を残す子っているじゃん。

ぺえ教頭:なるほどね。(私は)イワンコフ(「ONE PIECE」のキャラクター)すぎる?

こもり校長:そう。もうちょっとロビンでいいというか。

ぺえ教頭:えっ……私は(ニコ)ロビンだと思って、生きてきたけど。

こもり校長:違う! 違う! 違う!(笑)。どちらかというと、アナタはフランキーよ。

ぺえ教頭:あ、そう……そうでした!?

こもり校長:そうですよ(笑)。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年7月12日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ