大宮エリーが「エリー学園」で伝えたいこと「答えは1個じゃない」「全部が正解の世界もあるってことを教えたい」

UoC UNIVERSITY of CREATIVITY(UoC)の近藤ヒデノリ(Hide)と平井美紗(Misa)がお届けするinterfmの番組「UoC Mandala Radio」。クリエイターに“ワクワクする社会創造の「種」を聞く”というテーマで、毎回さまざまな領域で社会創造をおこなっているゲストを招き、未来に向けた創造やアクションについて語らいます。

8月3日(水)の放送では画家・作家の大宮エリーさんがゲストに登場。「エリー学園」で教えていること、創造性を生み出すために大切なものについて語ってくれました。

(左から)Misa、大宮エリーさん、Hide


広告代理店勤務を経て、2006年に独立。作家、脚本家、映画監督、CMプランナー、ラジオMC、画家とマルチに活躍中です。2020年には、想像力を鍛えるオンラインスクール「エリー学園」を開講しました。

◆小さな夢を集めて“豊かさ”を生み出す

Misa:大宮エリーさんといえば、新しいことや枠にはまらないことなど、たくさんされてきた方ですけど、新しいことに挑戦するのって失敗が怖かったりするじゃないですか。普段からどういうお考えで、さまざまな媒体と向き合ってきたのかを教えていただけますか?

大宮:最初は広告の仕事をしていて、会社を辞めてから初めていただいた仕事のジャンルがそれまでやってきたことと違ったんですね。「これはできないな」って思ったんですけど、「やってみたら?」といわれて、思い切って飛び込んでみたって感じなんですよ。

私は夢がないというか、映画監督になりたい、脚本家になりたいみたいな、「こういうのになりたい!」っていうのがなかったんですよ。それが結構コンプレックスでした。普通、人って何かしらの夢を持っているものじゃないですか。夢があるとそこに向かって走っていくでしょう? 夢がないから迷いまくっていました。それがすごくつらくて。実は今も夢ってないんですけどね。

Misa:そうなんですか!?

大宮:「こんなことも夢になるんだな」ってことは見つけてはいけると思っています。小さな夢を見つけるというか。私のしている想像力を鍛えるオンラインスクール「エリー学園」っていうのは大人向けなんですけど、「こどもエリー学園」は小1から中3が対象で。

Hide:子ども向けもあるんですね!

大宮:ちょっとカリキュラムが違うんですけど。

Hide:「エリー学園」のことを耳にして、ちょっとUoCと繋がりがあるなって感じていて、お話を聞きたいなと思っていたんですよ。

大宮:「エリー学園」ではみんなに夢を話してもらうんですね。「夢はないよ」ってみんな言うんですけど、小さいものでもいいからどんどん書き出していく形にしてみたら、みんなの小さな夢につられて「こういう夢もいいな」って、夢が増殖していったんですよね。

Misa:おお!

大宮:すごく楽しかったんですよ。みんなの夢に便乗して、「いつかあのレストランで思いきりシャンパンを飲んでみたい」とか。些細なことかもしれないけど、それって小気味いいなって思ったりして。

Hide:うんうん。

大宮:大きな夢じゃなくてもいいんですよ。小さい夢をたくさん持っていることは、意外と豊かなことかもしれない。そんな遊びをしています。

◆人の心に寄り添うクリエイティブなことがしたい

大宮:私は元々クリエイティブ畑じゃなくて、薬学部出身だからコンプレックスがあったんですよ。

Misa:経歴をみて驚いたことがあります。

大宮:それはそれで苦労したことも多かったんですけど、長く生きていると面白いもので、辻褄が合うんですよね。

そもそも私は“人を治す”ことがしたかったんだけど、動物実験がどうしてもできなくて。研究者になるという夢がやぶれちゃったんです。でもこの前、鳥取大学医学部附属病院の院長先生に頼まれて、巨大な壁画を患者さんのために描いたんです。それってアートだけど“メディスン”じゃないですか。

Misa:そうですね。

大宮:患者さんたちから「私は外に出られないけど絵から風を感じるよ」みたいなことを言われちゃって。そもそも私はこういうことをやりたかったわけで、いろんなことをやっているようでいて、実は私がやっていることって1個なんですね。マスなことや、メジャーなことよりも、少し疲れた人や、会社や学校に行きたくない人、コンプレックスがある人に寄り添えるようなクリエイティブをしたいなってことはずっと思っていました。そういう意味ではまだまだ道半ばですが、一貫しているなと思います。

◆「エリー学園」創設を振り返る

Hide:「エリー学園」を立ち上げるきっかけはなんだったんですか?

大宮:10年程前に京都の大学生に講義をする機会があって、「三十三間堂が好きなんですよね」って言ったら、みんなが知らなかったんですね。だから急遽、教えるよりも先にみんなで三十三間堂を観に行くことにしたんですよ。

Hide:仏像がずらっと並んでいてすごいところですよね。

大宮:観に行ってから学生に感想を聞いたら、「すごかったです」の一言だけ。「私がみんなの拝観料を払ったんだから、拝観料分のコメントをください」って言ったんですけど(笑い)。それでも“シーーン”って感じだったので、「何が今、心に残っていますか?」って聞いたら、「目です」って言うから理由を聞いたんですけど、「ちょっとわからないです」って言われてしまいまして。

Hide:ああ~(笑い)。

大宮:じゃあ「目はどのように(心に)残っていますか?」って聞いてみたんです。Whatの次はHow。「怖い」って言うから、「目が怖いのはなぜ?」って聞いたら、「人と目を合わせて話すのが苦手なのに、1,000体ぐらいの仏像から見られて怖かったです」って返ってきたんです。

Misa:おお!

大宮:「それそれ! 素晴らしい!」って。すごく感じるものはあるんだけど、自分の気持ちを言語化するのが意外と苦手なのかも、って思ったんですよね。これを学校教育としてやったほうがいいんじゃないのかなって思ってたんですけど、ありがたいことにアートの仕事で忙しくなっちゃって。

その後、2年ぐらい前にラジオで京都での出来事を話したら、リスナーの中にシステム会社の方がいたんですね。「オンラインでできるから学校をやりませんか?」と言われて、学校をやる準備が整っちゃったんです。

私が「これまでいろんなことに関わることが出来たのはどうしてだろう」って考えたときに、ベースにあるクリエイティブ力があったのかもって思ったんですね。(クリエイティブの)体幹、それをクリエイティブマッスルと呼んでいるんですけど、それを一緒に鍛えるお手伝いはできるかもって思ったんですよ。

◆思いやりの気持ちが創造性を育む

大宮:私はみんなに才能があると思っているから、子どもたちに「答えは1個じゃないからね」って話しています。答えが1個の世界も大事だけど、全部が正解の世界もあるってことを教えたいんです。他の子の答えも聞いて「それもアリだね」って議論できる時間を作っています。

Misa:それってすごく大事だと思います。では最後に、番組恒例の質問を。エリーさんにとってワクワクする社会創造のタネは何ですか?

大宮:思いやりですかね。創造力ってイマジネーションとクリエイションの2つがあるじゃないですか?イマジネーションって結局相手の気持ちを想像することですし、それってとても大事ですよね。お母さんが料理を作ってくれたときに“愛”を想像するみたいなのがクリエイティブだと思うんですよね。

Misa:私も同じ考えです。ありがとうございます!

次回8月10日(水)は、UoCのプログラムディレクター、波戸祐輔さんがゲストに登場します。お楽しみに!

番組でお届けしたトークは音声サービス「AuDee」「Spotify」でも配信中。ぜひチェックしてみてください!


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月11(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:UoC Mandala Radio
放送日時:毎週水曜23:00-23:30
パーソナリティ:近藤ヒデノリ(Hide)、平井美紗(Misa)
番組Webサイト:hhttps://www.interfm.co.jp/mandala
タグ

山口智子 夫・唐沢寿明は「“ザ・昭和の男”って感じで…」結婚から約30年、夫婦生活を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月5日(月)、9月6日(火)の放送ゲストは、女優・山口智子さん。10年以上にわたってライフワークとして取り組んでいるプロジェクトをまとめた書籍「LISTEN.」(生きのびるブックス)を、8月26日(金)に刊行しました。9月6日(火)の放送では「LISTEN.」プロジェクトにまつわるエピソードや、夫・唐沢寿明さんとの生活について語ってくれました。

山口智子さん、坂本美雨



◆「彼がいることは本当に幸せ」

坂本:質問を書いた用紙がたくさん入ったボックスから1枚引いていただいて、質問に答えていただきたいと思います。

山口:引きました。「この人と会うだけでリフレッシュできる! それはどんな人?」です。もちろん、夫(唐沢寿明さん)を挙げましょう。毎日リフレッシュさせていただいていますから。

坂本:何年一緒にいらっしゃるんですか?

山口:30年近くです(笑)。

坂本:それでそんな言葉が言えるなんて(笑)!

山口:人間って1日1日で違うでしょう(笑)? 仕事から帰ってきて、一緒にご飯を食べて、くだらない話ができる彼がいることは本当に幸せです。毎日、涙がちょちょぎれるぐらい幸せですし、喜びでいっぱいです。

坂本:泣きそうになる~!

山口:なんで(笑)!?

坂本:お家でも笑わせてくれるんですか?

山口:家では無口。何1つ語らないです。昭和の「ザ・男」って感じで、イスにきっちり座ったきり、微動だにしないでテレビやYouTube画面に向き合っています。会話らしい会話は、それほどしていない(笑)。

坂本:おお!

山口:家にいると会話がないので、あえて外食に連れ出します。外食に行くと、対面して語らざるを得ない待ち時間ができるから(笑)。毎日リフレッシュさせていただいていると思うなあ。

坂本:旅には一緒に行かれたりします?

山口:絶対に行かないですね。

坂本:そうですか!

山口:価値観というか、趣味趣向が正反対なんです。旅に行っても一緒に観光はしないですね。

坂本:へええ!

山口:私は1人でミュージアムとかに行くけど、彼はホテルの部屋にしかいない。だったらなんで旅行に行くんだよって思うけど(笑)。温泉に行っても温泉に入らないし、すごく不思議な人なんですけど、彼なりに完結しているんでしょうね。(合うのは)唯一食文化だけ。食べるものは一緒においしいねって共有できる。唯一、スペインに行ったときは食事で一緒にいる時間が長かったですね。

坂本:趣味とかを一緒にしなくても、ただいるだけで楽しい時間になるのはすごい相性がいいんですね。

山口:こういうことが相性と呼べるかどうか、若い頃はよくわかんなかったな。若いうちは「同じ感覚でいてくれなきゃ嫌」みたいなところがあるじゃないですか(笑)。

坂本:そうですよね。

山口:“(違うところが)実は良かった”と思える年齢になってきて、歳を取るって面白いなと思えてきました。自分がまったくできないことを補ってくれるし、全然違う見方があるし。最近、正反対で本当によかったと思えることがいっぱいある。

坂本:希望が持てます。

山口:時間はちょっとかかるかもしれないけれど(笑)。

▼「LISTEN.」刊行記念 書店トークイベント開催決定!▼
数々のドラマや映画、CMで活躍する山口さん。2010年からは世界各地を飛び回り、民族音楽を収録・撮影して伝えるプロジェクト「LISTEN.」をライフワークとして活動しています。

8月に書籍化された「LISTEN.」には、10年にわたって巡った26ヵ国の250を越える曲を収録。全636ページにわたり、世界の美しい風景や、その土地で生きる人々の姿を捉えた写真を掲載しています。

9月28日(水)19:00から、東京・「代官山 蔦屋書店」にて「第2弾『結束の宴』」を開催します。トークイベント模様は、オンラインでの配信も予定しています(1週間のアーカイブ期間あり)。詳細は公式サイトをご確認ください。



来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ