2022年8月の運勢|四柱推命・月間占い「7月生まれ」(誕生日:7月7日~8月6日)のあなたの運気は?

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする占い記事「2022年8月の運勢」(8月7日(日)~9月7日(水))。「四柱推命」で占う2022年8月の運勢は……? 四柱推命・算命学・九星気学などの東洋占術を得意とする、東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・日ノ森祐貴(ひのもり・ゆうき)さんが、「7月生まれ」(誕生日:7月7日~8月6日)あなたの全体運・恋愛運などを占います。


◆7月生まれの月運(誕生日:7月7日~8月6日) 

先月に引き続き、運気は平運。今月は、自分のプライドの高さが邪魔をして、いろんなことがうまくいかないかも。ときには、そのプライドを捨てるぐらいの覚悟を持って、物事を進めるのが望ましいでしょう。そのときに役に立ってくれるのが、自分の知恵や知識です。今まであなたが仕事で積み上げてきたキャリアやスキルを存分に使いこなすことで、困難なことも乗り越えていけるでしょう。

恋愛面では、フリーの方は、自分の性格と真逆な方と出会いやすい運気。違和感を覚えるかもしれませんが、お互いの欠点を補えて意外と長くお付き合いできる可能性があります。交際中の方は、相手に嫉妬を感じてしまったり、相手に飽きが出てくるため、今後の付き合い方を見直すのにも良い機会となるかもしれません。

■監修者プロフィール:日ノ森祐貴(ひのもりゆうき)
東京・池袋占い館セレーネ所属。四柱推命・算命学・九星気学などの東洋占術を得意とする。きちんとした根拠に基づいて論理的に占っていくことを日々心がけている。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ:https://online-uranai.jp/
タグ

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ