愛と経済の伝道師“宗さま”こと宗正彰「夏真っ盛り“暑さの種類”と猛暑がもたらす“経済効果”」を解説

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。毎月第2水曜日に、我々が知っているようでよく知らない「お金」や「経済」の仕組みなどを、専門家の方に詳しく解説してもらうコーナー「スカロケ資産運用部」をお届けしています。

8月10日(水)の放送では、愛と経済の伝道師“宗さま”こと三井住友DSアセットマネジメント株式会社フェローの宗正彰(むねまさ・あきら)さんに、「夏真っ盛り“暑さの種類”と猛暑がもたらす“経済効果”」というテーマでお話を伺いました。

(左から)マンボウやしろ、宗正彰さん、浜崎美保


◆猛暑、酷暑、激暑…さらに上がある!?

浜崎:宗さま。今回は「夏真っ盛り“暑さの種類”と猛暑がもたらす“経済効果”」についてお話しいただけるということですが。

やしろ:毎日暑い日が続いています。最近では、暑さを表す言葉もいろいろあるようですね。

宗正:はい、増えていますね。まずはよく耳にする猛暑。それから酷い暑さと書いて酷暑。さらにその上の激しい暑さと書いて激暑。

やしろ:酷暑はたまに見たり聞いたりすることはありますけど、激暑まであるんですね!

宗正:そしてなんと、もう1つ上の暑さがあります。

やしろ:え!?

宗正:燃え盛る炎の暑さと書いて炎暑です。最近になって、ちらほらと(炎暑という言葉を)聞くようになりました。

やしろ:40度を超えたりするときのことでしょうか?

宗正:もっと上の暑さですね。猛暑が最高気温35度以上の日で、酷暑が40度以上です。そうなると計算上では、45度以上が激暑で、50度以上が炎暑にあたります。アスファルトジャングルの大都会では、50度以上ある地点も珍しくはないでしょう。

やしろ:猛暑日という言葉、最近では当たり前のように使われていますけど、これはいつ頃から使われ始めたのでしょうか?

宗正:猛暑日は気象庁が定めた正式な予報用語です。定められたのが2007年の4月です。

やしろ:もう15年も前ですか!

宗正:この頃から、人の体温に近くて気温の高い日が増えてきたんでしょうね。そして同じく、気象庁が定めた予報用語に“最低気温25度以上の夜=熱帯夜”があります。今では猛暑日も熱帯夜も珍しくも何ともなくなってしまいましたが。

やしろ:普通に夜が30度くらいのときもありますからね。

宗正:そして今年、日本気象協会は最高気温が40度以上の日を酷暑日、最低気温が30度以上の夜を超熱帯夜と決めました。

やしろ:超が付いちゃうんですね!

宗正:その目的は、熱中症の予防啓発や注意喚起なんですが、ただこうなってくると、日本って本当に温帯なのかなっていう……。

やしろ:そう思っちゃいますよね。雨の降り方もすごいですし。

◆しばらく続きそうなエアコンの品薄状態

やしろ:猛暑がもたらす経済効果で、具体的に分かりやすいものでいえば、どのようなものがあるのでしょうか。

宗正:経済効果にはプラスの経済効果とマイナスの経済効果の両方があります。プラスの経済効果で分かりやすいのは、暑さで売り上げが伸びるものです。

やしろ:飲み物やかき氷とか。

宗正:あとは、家電もありますね。エアコン、冷蔵庫、扇風機。ところが今年の夏は、エアコンの品薄状態がずっと続いています。

やしろ:(ウクライナ戦争による)半導体業界への影響ですか?

宗正:それもありますし、コロナ禍で部品が不足しています。例えば、この暑さでエアコンが故障しても、修理ができないということです。運良く新品のエアコンを買えたとしても、円安でかなり高くなっています。

やしろ:では、今年の夏は家電の売り上げは芳しくないっていうことですか?

宗正:そもそも売るものが不足しているので、需要に供給が追いついていないのが現状です。他に売り上げが伸びるものとしては、保冷剤や汗対策などの制汗剤があります。ドラッグストアやコンビニのレジ前に山積みになっていたりしますよね。暑くなると、飲食店では“辛いものメニュー”も増えますよね。

やしろ:汗をかきたくなりますよね。

宗正:保冷剤と制汗剤で、暑さと汗を抑えながら辛いものを食べる。何とも言えない、至福のひとときです。夏の売れ筋商品って、家電や旅行以外では、今話したような単価の安いものが実は多いんです。

やしろ:暑いと売れるものとして、ビールも昔からよく取り上げられていますが。

宗正:最近ではノンアルコールやローアルコール、そういった飲み物のシェアが拡大してきていますが、暑さを測る代表的な尺度として、ビールは今でも代表的な飲み物の1つです。少し前までは夏の平均気温が1度上がると、1日で約30万本も出荷量が伸びると言われていましたから。

◆猛暑がもたらすマイナスの経済効果とは?

やしろ:逆に猛暑がもたらすマイナスの経済効果には、どういったものがあるのでしょうか。

宗正:今も昔も、夏の気温と相関関係が高いのが「電気代」です。エアコンをフル稼働しますから。特に今年の夏の電気料金は、昨年の今の時期と比べて、およそ2割も高いんですよ。

やしろ:そんなに高くなっているんですか!?

宗正:はい。1.2倍の電気代です。ただし、電力は生活に欠かすことのできないもの。電気代は払わざるをえないので、そうなると、他の消費を減らすことになる。つまり他のものが売れなくなるっていうことです。

やしろ:電気代がかかるのはしょうがないから、と。

宗正:暑さのピーク時には、電力不足も懸念されていますよね。電力の使用制限で工場などの生産活動が抑えられる事態も考えられます。今後も油断はできません。つまり猛暑は、消費活動と生産活動の両方を抑えてしまう、ダブルパンチなんです。

そして今、電気料金と同じく上昇しているのが、食品価格ですよね。猛暑で影響を大きく受けてしまう食品は野菜です。これから秋にかけて、野菜価格の上昇は避けられないと思います。

やしろ:この夏の猛暑がもたらす経済効果ですが、トータルで見てプラスなのかマイナスなのか、どちらになりそうでしょうか?

宗正:ここまでの話を総括すると、残念ながらマイナスの方に偏ってしまうのかなと。一昔前までは、「夏は暑ければ暑いほど個人消費が伸びて、経済効果にプラス」っていう夏の決まり文句がありました。

やしろ:定説のようにあったんですね。

宗正:ただ、それはあくまでも“夏らしい適度な暑さ”が前提の話です。しかも、今は新型コロナの第7波も重なっていますからね。過去の経験則っていうのが、当てはまらなくなってしまいました。経済的には厳しい夏になりそうです。

やしろ:何か挽回策はないですか?

宗正:夏のマイナスを秋物の衣料品など、次の季節の売り上げで挽回した時代もありましたが、暑さが長引けば秋が短くなるのが近年の傾向です。やはり一番の挽回策は、新型コロナ政策の見直しなどで、人の行動抑制が緩和されることになるでしょうね。

*   *   *

もっといろいろな経済のお話が聞きたいという方は、宗さまのAuDee(オーディー)「宗正彰の愛と経済と宗さまと」でも聴けます。毎月10日、20日、30日に配信していますので、そちらもぜひチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶「夏真っ盛り2022年、猛暑がもたらす経済効果」の配信内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月~木曜17:00~19:52(※コーナーは毎月第2水曜18:15ごろ~)
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/sky/
タグ

山口智子 夫・唐沢寿明は「“ザ・昭和の男”って感じで…」結婚から約30年、夫婦生活を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月5日(月)、9月6日(火)の放送ゲストは、女優・山口智子さん。10年以上にわたってライフワークとして取り組んでいるプロジェクトをまとめた書籍「LISTEN.」(生きのびるブックス)を、8月26日(金)に刊行しました。9月6日(火)の放送では「LISTEN.」プロジェクトにまつわるエピソードや、夫・唐沢寿明さんとの生活について語ってくれました。

山口智子さん、坂本美雨



◆「彼がいることは本当に幸せ」

坂本:質問を書いた用紙がたくさん入ったボックスから1枚引いていただいて、質問に答えていただきたいと思います。

山口:引きました。「この人と会うだけでリフレッシュできる! それはどんな人?」です。もちろん、夫(唐沢寿明さん)を挙げましょう。毎日リフレッシュさせていただいていますから。

坂本:何年一緒にいらっしゃるんですか?

山口:30年近くです(笑)。

坂本:それでそんな言葉が言えるなんて(笑)!

山口:人間って1日1日で違うでしょう(笑)? 仕事から帰ってきて、一緒にご飯を食べて、くだらない話ができる彼がいることは本当に幸せです。毎日、涙がちょちょぎれるぐらい幸せですし、喜びでいっぱいです。

坂本:泣きそうになる~!

山口:なんで(笑)!?

坂本:お家でも笑わせてくれるんですか?

山口:家では無口。何1つ語らないです。昭和の「ザ・男」って感じで、イスにきっちり座ったきり、微動だにしないでテレビやYouTube画面に向き合っています。会話らしい会話は、それほどしていない(笑)。

坂本:おお!

山口:家にいると会話がないので、あえて外食に連れ出します。外食に行くと、対面して語らざるを得ない待ち時間ができるから(笑)。毎日リフレッシュさせていただいていると思うなあ。

坂本:旅には一緒に行かれたりします?

山口:絶対に行かないですね。

坂本:そうですか!

山口:価値観というか、趣味趣向が正反対なんです。旅に行っても一緒に観光はしないですね。

坂本:へええ!

山口:私は1人でミュージアムとかに行くけど、彼はホテルの部屋にしかいない。だったらなんで旅行に行くんだよって思うけど(笑)。温泉に行っても温泉に入らないし、すごく不思議な人なんですけど、彼なりに完結しているんでしょうね。(合うのは)唯一食文化だけ。食べるものは一緒においしいねって共有できる。唯一、スペインに行ったときは食事で一緒にいる時間が長かったですね。

坂本:趣味とかを一緒にしなくても、ただいるだけで楽しい時間になるのはすごい相性がいいんですね。

山口:こういうことが相性と呼べるかどうか、若い頃はよくわかんなかったな。若いうちは「同じ感覚でいてくれなきゃ嫌」みたいなところがあるじゃないですか(笑)。

坂本:そうですよね。

山口:“(違うところが)実は良かった”と思える年齢になってきて、歳を取るって面白いなと思えてきました。自分がまったくできないことを補ってくれるし、全然違う見方があるし。最近、正反対で本当によかったと思えることがいっぱいある。

坂本:希望が持てます。

山口:時間はちょっとかかるかもしれないけれど(笑)。

▼「LISTEN.」刊行記念 書店トークイベント開催決定!▼
数々のドラマや映画、CMで活躍する山口さん。2010年からは世界各地を飛び回り、民族音楽を収録・撮影して伝えるプロジェクト「LISTEN.」をライフワークとして活動しています。

8月に書籍化された「LISTEN.」には、10年にわたって巡った26ヵ国の250を越える曲を収録。全636ページにわたり、世界の美しい風景や、その土地で生きる人々の姿を捉えた写真を掲載しています。

9月28日(水)19:00から、東京・「代官山 蔦屋書店」にて「第2弾『結束の宴』」を開催します。トークイベント模様は、オンラインでの配信も予定しています(1週間のアーカイブ期間あり)。詳細は公式サイトをご確認ください。



来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ