ラランド・サーヤ「テレビに出た1年目は、お酒に走っちゃったんです(笑)」今年の目標は“健康”!?

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。8月7日(日)の放送では、お笑いコンビ・ラランドのサーヤさんが登場しました。


左から、サーヤさん、高須光聖



◆ラランド結成を振り返る

高須:芸能界に入られて何年目ですか?

サーヤ:テレビに出始めたのは2年前で、芸能界を知ったのはコロナ禍に入ってからなんですよ。

高須:業界的には(コロナ禍で)縮小したり、あまり動きがないなかで、ラランドはすごいね。

サーヤ:そんなことはないですよ。だいぶ運がいいなと思っています。リモード出演もZ世代だったので対応できました(笑)。

高須:(笑)。男女でコンビを組むってなかなか難しいと思うけど、コンビを組んだ理由は?

サーヤ:“男女コンビ”ってあまり思ったことはないんですよね。お笑いサークルに入って相方(ニシダ)と組んだんですけど、サークルの規模的に人数が少なくて選ばざるをえなかったというか。向こうから「組もう」って言ってくれたんですけど、最初はずっと断っていました。

高須:そうなん!?

サーヤ:それでもずっと「組もう」と言ってくれて“そこまで熱意があるんだったら”と思ってコンビを組みました。

◆健康第一に活動したい

高須:芸歴は何年ですか?

サーヤ:5年目に入りました。

高須:(仕事は)楽しいですか?

サーヤ:めちゃくちゃ楽しいです! 今年は“健康だけは気をつけよう”って感じですね。

高須:いや、まだ若いやん!

サーヤ:テレビに出た1年目のときにいろんな感情が湧き上がって、すごくお酒に走っちゃったんですよ(笑)。

高須:ハハハ(笑)!

サーヤ:内臓という内臓を痛めつけちゃいました。最近は、肝機能を回復する点滴を打ちに行ったりしています。

高須:ええ!?

サーヤ:健康に気をつけながら、今年もいっぱい(テレビに)出たいなって思います。

◆コンビ仲は良好?

サーヤ:(ニシダは)もしラランドを解散するとなったら、「解散は受け入れるけど芸人は続けない」みたいなことを言ってました。

高須:ええ!?

サーヤ:ラランドとしてなら芸人はやるけど、そうじゃなかったら何でもいいらしいです。

高須:マジで? 1回この業界に入って楽しいことを味わうと普通は出ていかれへんけど、全然そういうことはないんや。

サーヤ:細々と文章とかを書くんじゃないですかね(笑)。

高須:そんな感じなんや。なんだかんだお笑いに執着があると思ってた。

サーヤ:執着はあると思います。チヤホヤされるのが大好きなんで(笑)。あからさまに衣装(と分かる服を着た格好)で街を歩きまわったりするんですよ。

高須:何か嫌やなぁ(笑)。

サーヤ:(笑)。

高須:でも本心で嫌だと感じていたら、相方としてなかなかしんどかったりするじゃない? コンビの関係性は良好ですか?

サーヤ:仲はいいと思いますね。

高須:ケンカとかは?

サーヤ:一方的にこっちが注意することはあります(笑)。でも、ケンカはないです。

高須:どんな注意をするの?

サーヤ:遅刻、無断欠席の類は言います。あとは、失礼なことを言ったときですね。

高須:失礼なことって?

サーヤ:ロケ中に番組スポンサーさんの競合(他社)の話をしたりとか(笑)。

高須:大前提の話やな(笑)。まあでも、それぐらいのことなんや。楽しくやれているのは羨ましいね。

サーヤ:へへへ。

◆ドラマ出演に意欲

高須:ドラマ出演とかには興味あります?

サーヤ:実は、小学校に入るまでずっと子役をやっていたんですよ。

高須:そうなんや!

サーヤ:なので、演技は正直に言ってやりたいです。

高須:アニメも作ったりするから、物作りをすることは好きなんよね?

サーヤ:すごく好きです。

高須:ネタも書かれるから、自分で脚本を書いて演技をして撮ったりもするのかな、って思ったりしてた。

サーヤ:何かしらの創作活動はずっとしていたいです。藤井隆さんみたいな人になりたいんですよね。

高須:おお!

サーヤ:芸人が音楽を出すときって、ちょっとコメディに寄せたりするじゃないですか。“本気でやっていないですよ”ってフィルターをつけたりして。(藤井さんは)そういうのがなくて、(お笑い以外の分野でも)ガッツリやられているんですよね。演技も素晴らしいですし、私もその領域の人たちに迷惑がかからないぐらいの動きをすることにめちゃくちゃ憧れています。

<番組概要>
番組名:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00~25:29
パーソナリティ:高須光聖
番組公式Facebook:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/
この記事を読む