織田哲郎、サザンオールスターズ・桑田佳祐の歌詞に衝撃を受ける「こういうやり方があり得るんだ!」

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、織田哲郎さんとうじきつよしさん。ここでは2人が出会った当時の話や、“日本語ロック”が根付き始めた1970年後半当時の話に花が咲きました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)うじきつよしさん、織田哲郎さん


◆旧知の仲の二人が対談

うじき:もう46、47年ぐらいの付き合いになるわけですよ。出会ったときの密度が濃かったから、けっこうな友達だよね。

織田:そうだね。お互いの歩みをいつも見ている感じだよね。

うじき:そうなんだけどさ、実はスコーンと会っていない時期もあるんだよね。

織田:そうそう。10年ぐらい前に会ったときもけっこう久しぶりだったもんね。

うじき:よく会っていたときは、俺が音楽番組の司会とかをやっていた時代ね。

織田:ああ~! あれって80年代ぐらいだよ。

うじき:たぶん80年代の最後のほうだと思う。ゲストに来てくれてトークをするんだけど、なんか少しよそよそしい感じになったんだよな(笑)。

織田:(笑)。

◆サザンオールスターズに対する思い

織田:1970年代後半に、いろんな人たちが“日本語のロック”っていうのを試行錯誤し始めたじゃない?

うじき:はっぴいえんど、とかね。

織田:俺が一番好きだったのはカルメン・マキ&OZ。

うじき:そうなんだ!

織田:“カッコいいなぁ”って思ったよ。

うじき:俺もそう思ったよ。だから今、そのメンバーと一緒にやっていますから!

織田:そうだよね! 日本語のすごくいい詞をきちんと歌っているのに、ロックとしてカッコいいと感じたのはOZが初めてだったから“すげえ!”って思った。

うじき:詞は加治木(剛)が書いてんだよね?

織田:そうそう。世の中的には、70年代後半になってサザンオールスターズが出てきたことが一番大きい変化だと思う。

うじき:織田はさ、サザンはどうなの?

織田:好き嫌いで言うとちょっと違うかな。

うじき:桑田(佳祐)さんの書く日本語は?

織田:やっぱり衝撃はあったよ。“こういうやり方があり得るんだ!”って。

うじき:実はデビューがけっこう近いんだよね。

織田:まあねえ。俺がデビューするほんの1、2年前にサザンとかCharとかがバーッと出てきた時代だよね。業界自体が“ロックって金になるじゃん!”って思うようになってくれたおかげで、(俺らは)あと狩りされた1粒じゃん。

うじき:ははは(笑)。

----------------------------------------------------
▶▶うじきつよし、織田哲郎に感謝 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/
この記事を読む