「『作詞作曲』は誰が作っても『米米CLUB』」石井竜也 ギャラ事情を明かす

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。9月10日(土)放送のお客様は、米米CLUBのボーカリストであり、今年ソロデビュー25周年を迎えた石井竜也さん。ソロ名義では2年半振りとなるニューアルバム 『LOST MESSAGE』を9月7日(水)にリリースしました。ここでは、グループ活動時の作詞作曲は「米米CLUB名義」の理由と、石井さんが考える“エンターテインメント”について語りました。

石井竜也さん



1959年生まれ、茨城県出身の石井さん。1982年、文化学院のサークル仲間だったジェームス小野田さん(ボーカル)、BON(ベース)さんらと「米米CLUB」を結成し、1985年にデビュー。「KOME KOME WAR」「FUNK FUJIYAMA」「浪漫飛行」「君がいるだけで」など、数多くのヒットの曲をリリースします。1997年の解散後(2006年再始動)からは、カールスモーキー石井名義ではなく、本名・石井竜也としてソロ活動を開始。音楽活動に加えて、映画監督、インダストリアル・デザイナー、芸術家として多方面で活躍中です。

TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:石井竜也さん



石井:(先ほど負債を抱えているという話をしましたが)あとは米米内部でもガチャガチャしないように、作詞作曲は誰が作っても「米米CLUB」っていう(表記にしています)。

川島:これは立ち入った質問ですが、(「浪漫飛行」や「君がいるだけで」が大ヒットした)若いときからギャラがバンと入るわけじゃないですか?

石井:はい、そうですね。

川島:一番多いときの米米CLUBのメンバーは何人ですか?

石井:約20名ですね。

川島:そうなりますと、ギャラもそういうことですか?

石井:そうですね。足し引きはいろいろありますけど。リーダー(BON)だったり、ジェームス小野田だったり、いろいろ負担はあるけど、みんな大変なんですよ。米米CLUBって。

川島:それはそうですよ。

石井:人を笑わせる仕事をしているから、笑わせることがどれほど大変かってよくわかっていると思うんですけど、やっぱり体力を使うんですよ。お金をかけないんだったら、体力を使うしかないし。体力を使うんだったら、血を流すしかないしね。そういう世界じゃないですか?

川島:大変だったと思います。

石井:まあ芸事ですからね。

川島:ほんまそうですね。エンターテインメントなので、みなさんに喜んでいただきたい。

*  

9月7日(水)にリリースしたニューアルバム『LOST MESSAGE』を引っさげたツアー「TATUYA ISHII SPECIAL CONCERT TOUR 2022『MESSAGE』」が、9月17日(土)の埼玉・戸田市文化会館を皮切りにスタートしました。

米米CLUBは、10月15日(土)、16日(日)に茨城県水戸市で開催される音楽とグルメのイベント「BLUE EARTH MUSIC FEST 2022 IN MITO」に出演予定です。詳しくは公式Webサイトをご確認ください。

次回10月1日(土)のお客様は、秋元康さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/
タグ

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ