「介護予防」はどうすればいい? 厚生労働省が取り組む「通いの場」の必要性を担当者が解説

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリ ティをつとめるTOKYO FMの朝のニュース番組「ONE MORNING」。9月22日(木)の「ワンモアニュース」のテーマは「高齢者の元気を支える『通いの場』」について。厚生労働省 老健局老人保健課 介護予防栄養調整官の増田利隆さんをゲストに招き、「通いの場」について解説してもらいました。

(左から)吉田明世、増田利隆さん、ユージ


高齢化が進行している日本。厚生労働省の「介護保険事業状況報告」によると、65歳以上の高齢者のうち5人に1人が要介護認定を受けています。そのため、できる限り介護を受ける状態にならないようにする「介護予防」が必要です。「介護予防」とは何か、そして具体的には何をすればいいのかなどを増田さんに聞きました。

◆「介護予防」は、どうすればいい?

ユージ:まず「介護予防」とは、どういったことを指すのか教えていただけますか?

増田:高齢者の方が要介護状態になるのをできる限り予防すること、そして要介護状態になっても、悪化をできる限り防いだり軽減したりすることです。

ユージ:ぜひそうしたいですね。そうした介護予防は、どのように始めればいいのでしょうか?

増田:介護予防の取り組みの一つが「通いの場」です。通いの場は地域の住民同士が気軽に集い、一緒になって内容を企画し、活動内容を決め、ふれあいを通じて「生きがいづくり」「仲間づくり」の輪を広げる場所になります。地域の介護予防の拠点となる場所でもあります。

ユージ:この通いの場では、具体的にどういった取り組みをされていますか?

増田:全国各地の通いの場では、地域の特色を生かした様々な取り組みが進められています。例えば、体操、茶話会、認知症予防、趣味活動、農作業、ボランティア活動、多世代交流、オンラインを使った通いの場などがあります。

開催する場所も公民館だけではなく公園、喫茶店、店舗の空きスペースなど、さまざまな場所でおこなわれています。今ラジオをお聴きのみなさんも、参加してみたくなるような通いの場があるはずです。

ユージ:そもそも「介護が必要になる」と書いて「要介護」ですけれども、今伺ったようなことが要介護状態を避けることにつながるんですね?

増田:そうですね。通いの場に参加している方々は、要介護状態になるリスクが低い傾向にあるという研究結果もあります。通いの場に行けなくても、お仕事をされている方や、普段から定期的にお友だちと集まっているような方は、それを継続することも介護予防のためには重要です。

◆おすすめの「通いの場」の見つけ方

吉田:通いの場はどうやって見つけたらいいですか?

増田:何か新しい活動を始めてみたいとか、どこに出かけたらいいのだろう? と思った方は、ぜひ地域包括支援センターや市町村の介護予防窓口にご相談ください。おすすめの通いの場を紹介してくれます。

吉田:何か他にもおすすめはありますか?

増田:特設Web サイト「地域がいきいき 集まろう!通いの場」では、日本の各地域の通いの場で実践されているご当地体操の紹介や、食生活、口腔ケアの方法などを動画で紹介しています。ぜひ「厚生労働省 通いの場」で検索してみてください。

また、国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターからは「オンライン通いの場」アプリがリリースされました。これは、オンラインで自己管理をしながら、運動や健康づくりに取り組めるアプリケーションです。

おすすめのお散歩コースを検索・登録できる「おさんぽ支援」や、全国各地域のご当地体操を紹介している「自宅でできる体操」「健康チェック」など、みなさんの健康維持に役立つコンテンツが満載です。

吉田:いいですね。特に今は涼しくなって、お散歩も気持ちいい季節ですもんね。おすすめのコースを教えてもらえるのもいいなと思いました。

ユージ:インターネットを通じて自己管理ができるんですね。インターネットは便利ですけど、家族に高齢の方がいて「うまく使えないんじゃないかな?」というときは、他の家族が教えてあげたりするのもいいですよね。

吉田:家族みんなでできる体操もあるようなので、健康チェックをし合うのもよさそうですね。

10月10日(月)に、高齢者の元気を応援するイベント「通いの場全国フェスティバル」を開催予定。介護予防や健康づくりの方法について、楽しく学ぶことができます。現在、参加者を募集していますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

最後に増田さんは「このイベントに少しでも興味を持った方や、最近自宅にいる時間が長くなっていると感じている方に、外出する目的のひとつとして参加していただければ」と、リスナーに参加を呼びかけました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」で聴く
聴取期限 2022年9月30日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/
タグ

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ