「介護予防」はどうすればいい? 厚生労働省が取り組む「通いの場」の必要性を担当者が解説

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリ ティをつとめるTOKYO FMの朝のニュース番組「ONE MORNING」。9月22日(木)の「ワンモアニュース」のテーマは「高齢者の元気を支える『通いの場』」について。厚生労働省 老健局老人保健課 介護予防栄養調整官の増田利隆さんをゲストに招き、「通いの場」について解説してもらいました。

(左から)吉田明世、増田利隆さん、ユージ


高齢化が進行している日本。厚生労働省の「介護保険事業状況報告」によると、65歳以上の高齢者のうち5人に1人が要介護認定を受けています。そのため、できる限り介護を受ける状態にならないようにする「介護予防」が必要です。「介護予防」とは何か、そして具体的には何をすればいいのかなどを増田さんに聞きました。

◆「介護予防」は、どうすればいい?

ユージ:まず「介護予防」とは、どういったことを指すのか教えていただけますか?

増田:高齢者の方が要介護状態になるのをできる限り予防すること、そして要介護状態になっても、悪化をできる限り防いだり軽減したりすることです。

ユージ:ぜひそうしたいですね。そうした介護予防は、どのように始めればいいのでしょうか?

増田:介護予防の取り組みの一つが「通いの場」です。通いの場は地域の住民同士が気軽に集い、一緒になって内容を企画し、活動内容を決め、ふれあいを通じて「生きがいづくり」「仲間づくり」の輪を広げる場所になります。地域の介護予防の拠点となる場所でもあります。

ユージ:この通いの場では、具体的にどういった取り組みをされていますか?

増田:全国各地の通いの場では、地域の特色を生かした様々な取り組みが進められています。例えば、体操、茶話会、認知症予防、趣味活動、農作業、ボランティア活動、多世代交流、オンラインを使った通いの場などがあります。

開催する場所も公民館だけではなく公園、喫茶店、店舗の空きスペースなど、さまざまな場所でおこなわれています。今ラジオをお聴きのみなさんも、参加してみたくなるような通いの場があるはずです。

ユージ:そもそも「介護が必要になる」と書いて「要介護」ですけれども、今伺ったようなことが要介護状態を避けることにつながるんですね?

増田:そうですね。通いの場に参加している方々は、要介護状態になるリスクが低い傾向にあるという研究結果もあります。通いの場に行けなくても、お仕事をされている方や、普段から定期的にお友だちと集まっているような方は、それを継続することも介護予防のためには重要です。

◆おすすめの「通いの場」の見つけ方

吉田:通いの場はどうやって見つけたらいいですか?

増田:何か新しい活動を始めてみたいとか、どこに出かけたらいいのだろう? と思った方は、ぜひ地域包括支援センターや市町村の介護予防窓口にご相談ください。おすすめの通いの場を紹介してくれます。

吉田:何か他にもおすすめはありますか?

増田:特設Web サイト「地域がいきいき 集まろう!通いの場」では、日本の各地域の通いの場で実践されているご当地体操の紹介や、食生活、口腔ケアの方法などを動画で紹介しています。ぜひ「厚生労働省 通いの場」で検索してみてください。

また、国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターからは「オンライン通いの場」アプリがリリースされました。これは、オンラインで自己管理をしながら、運動や健康づくりに取り組めるアプリケーションです。

おすすめのお散歩コースを検索・登録できる「おさんぽ支援」や、全国各地域のご当地体操を紹介している「自宅でできる体操」「健康チェック」など、みなさんの健康維持に役立つコンテンツが満載です。

吉田:いいですね。特に今は涼しくなって、お散歩も気持ちいい季節ですもんね。おすすめのコースを教えてもらえるのもいいなと思いました。

ユージ:インターネットを通じて自己管理ができるんですね。インターネットは便利ですけど、家族に高齢の方がいて「うまく使えないんじゃないかな?」というときは、他の家族が教えてあげたりするのもいいですよね。

吉田:家族みんなでできる体操もあるようなので、健康チェックをし合うのもよさそうですね。

10月10日(月)に、高齢者の元気を応援するイベント「通いの場全国フェスティバル」を開催予定。介護予防や健康づくりの方法について、楽しく学ぶことができます。現在、参加者を募集していますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

最後に増田さんは「このイベントに少しでも興味を持った方や、最近自宅にいる時間が長くなっていると感じている方に、外出する目的のひとつとして参加していただければ」と、リスナーに参加を呼びかけました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」で聴く
聴取期限 2022年9月30日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/
タグ

きのこアドバイザーが警鐘…臓器不全で亡くなる人も!「殺しの天使」とも呼ばれる“白いきのこ”とは?

ホラン千秋がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「apollostation Drive Discovery PRESS」。番組では、“ラジオの中の編集部”を舞台にホランが編集長、リスナーが番組専属特派員となり、全国の食べ物やさまざまな場所にスポットを当て、日本の魅力を再発見していきます。9月25日(日)の放送では、前回に引き続き、きのこアドバイザーの荻田毅(おぎた・たけし)さんをゲストに迎え、現在シーズンを迎えている“きのこ狩り”についてたっぷり語っていただきました。


(左から)ホラン千秋、荻田毅さん


◆毒性のあるきのこは「その辺りにも生えている」

荻田さんいわく、きのこは年間を通して何かしらは採ることができるものの、きのこ狩りをするなら、9月~11月が最適なシーズンとのことで、「マツタケや舞茸といった大物と言われる高級きのこは9月に採れることが多い。ただ、それとともに毒性のあるきのこも多いです」と警鐘を鳴らします。

毒性のあるきのこは見た目では判別できないようで、「“(見た目が)真っ赤だから毒”“地味だから食用”というイメージが強いと思いますが、それは全然当たらない。派手だけどおいしいきのこもあれば、地味なのに人が死ぬぐらいの毒があるきのこもある」と補足します。

ちなみに、この時期は特にドクツルタケに注意が必要とのことで、「真っ白でレースを纏っているようで“殺しの天使”とも呼ばれている。これが、一番毒性が強いきのこです」と荻田さん。

そんなドクツルタケの写真を見たホランは「ブナピーみたい。一見すると食べられそう」と率直な印象を語ると、荻田さんは「だから怖いんですよね。“白いきのこは安全”というイメージが強いけど、僕たちからすると真逆で“怖い”というイメージ」と強調。

その毒性については「(食べると)内臓機能を破棄してしまう。食べて数時間後に吐いて、かなり苦しんで病院に運ばれ、その後いったん回復してきたかなと思っていたら、翌日に臓器不全で亡くなってしまう人もいる」と解説します。

また、毒性のあるきのこは、山奥だけでなく「私たちの周りにも普通に生えている。なので、(食べられるかどうか)分からないきのこは、とにかく食べないこと」と呼びかけました。

◆きのこ狩りで常備しておくと良いアイテムは?

きのこ狩りに行く際に、持って行くと良いアイテムとして“熊鈴”を挙げます。理由は、きのこ狩りの最中に熊と遭遇する可能性はゼロではないから。また、雨をしのぐためのレインコートや、山は寒暖差があるので、寒さをしのげるような服装・防寒具も常備しておくといいそう。ちなみに荻田さんは、万が一にマムシなどに噛まれた場合、傷口から(毒を)吸い込む用のスポイトも持参しているそうです。

ここでホランが、きのこ狩りのおすすめスポットを聞いてみると「最近、山を切り拓いてできた施設周辺がベスト」と荻田さん。というのも、「昔からある土壌は、地中のバクテリアなども飽和状態にあるため、新しいきのこが入り込む余地が残っていない」と説明します。

逆に、施設などを建設するためにブルドーザーなどで土を掘り返したり、山を切り拓いた場所は、きのこの胞子が入り込む余地があるので、「最近できたキャンプ場やアウトドア施設、山の中にあるレジャー施設などの周辺に行けば、とりあえず何かしらのきのこは見つけられると思う」と言います。

前回の放送で、きのこ狩りにいくタイミングとして、「雨が降った3日後ぐらいに行くのがベスト」と教えてくれましたが、今回、その判断材料としてもう1つ付け加えたのは“20℃スイッチ”。「朝晩の気温が20℃を下回ると、きのこが発生するスイッチがピッと入るんです。僕が天気予報で一番何を見ているかというと“朝の最低気温”。15℃~20℃ぐらいがいい」と荻田さん。

2週にわたる荻田さんとのトークを振り返り、ホランは「特別な場所に行かないときのこ狩りはできないのかと思っていましたけど、例えば、みなさんの身の回りの裏山や都会の道端などにもきのこがあるかもしれないので、まずは“こんなところにもきのこが生えているんだ”と知ることから始めてみたいと思いました。スーパーにあるきのこだけじゃなくて、自然界にあるきのこも観察してみたい」と感想を述べました。

次回10月2日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月3日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:apollostation Drive Discovery PRESS
放送日時:毎週日曜 12:00~12:25
パーソナリティ:ホラン千秋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/discovery/

Facebook

ページトップへ