LiSA「私だけだったらどうしよう(笑)」武道館の湯船を1日3回使用

LiSAがTOKYO FMのレギュラー番組に出演。10月12日リリースのライブBlu-ray&DVD『LiVE is Smile Always~Eve&Birth~「the Birth」at NIPPON BUDOKAN』と、10月18日からNetflixで配信される密着ドキュメンタリー『LiSA Another Great Day』にまつわる“小ネタ”を披露しました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! LiSA LOCKS!」9月28日(水)放送分)



◆武道館公演の小ネタ

LiSA:10月12日にリリースになる『LiVE is Smile Always~Eve&Birth~「the Birth」at NIPPON BUDOKAN』Blu-ray&DVDの小ネタです!

どっちかというと日本武道館の小ネタなんだけど……(笑)、これ知ってる人少ないと思うんですよね。

日本武道館には、改装工事がされてから楽屋にお風呂がついたんですよ。しかも私の楽屋だけ……というか、当日私が入ったあの部屋だけ!(笑)。それ以外の部屋にもシャワーはついているんですけど、シャワーと湯船がついてるの!

なのでLiSA先生は、武道館に行くと、朝まず1回湯船に入ります(笑)。ちゃんとお湯を溜めて、武道館のお風呂に入ります。その後もそのまま溜めておいて、本番前に冷えてると声が出づらいから足湯をします。顔はお化粧してるから入れないんだけど、足だけ2回目のお風呂に入ります。ライブが終わった後も、「お疲れさまでした」ってなった後に1人でジャッブーンって入る!(笑)。

日本武道館に行くと、それが1つの楽しみではありますね。ライブハウスとかホールに湯船がついてるってなかなか無いですよ。アリーナでも無いですよ!

日本武道館は、部屋が1つだけVIPなんだよね。あのお風呂誰か入ってるのかな……? 私だけだったらどうしよう(笑)。


◆密着ドキュメンタリーの小ネタ

10月18日火曜日より、Netflixで私の10周年プロジェクトに密着したドキュメンタリー、『LiSA Another Great Day』が独占配信されます。

ついに配信されますね。ドキュメンタリーって作るの大変なんですね……と、初めて思いました。ライブについて来てくれるだけのドキュメンタリーは今までもあったんですけど、そうじゃなくて……。撮影現場にも来てくださるし、レコーディング現場にも来てくださるし、本当に1日中ずっとカメラを回してくださっているんですよね、3台ぐらい。24時間3台のカメラが回ってるわけ。その24時間365日を、ギュギュッと見やすく1本にまとめてもらいました。

私は一足先に拝見したんですけど、めちゃめちゃ泣いた!(笑)。なのでみなさん、ゆっくりとじっくりと何度でも見てほしいなと思います。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月6日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/


タグ

「菅さんは安倍さんのことをずっと「総理」と呼んでるんです」追悼の辞で評価急騰!伊藤惇夫が見た菅前総理とは?

感動的な追悼の辞で今再び菅前総理の評価が上がっているという。9月30日の大竹まことゴールデンラジオは政治アナリストの伊藤惇夫さんをお招きして、菅氏から聞いた「内緒話」を披露していただいた。

大竹まこと「このあいだの国葬はこのあとも沈静化しないんじゃないかと思いますがいかがです?」

伊藤惇夫「まだ当分尾を引くでしょうね。かかった経費もこれから精査するって言ってましたから、もしかしたら増えるかもしれません。」

室井「減るなんてことは、まずないでしょ?16億円から増えるよね。」

伊藤「まず(減ることは)ないです。また国葬を見て非常に対照的だったなと思うのは、岸田総理と菅前総理の追悼の辞です。岸田さんはここだけの話、以前から永田町で最も話のつまらない男っていう定評があるんですよ。」

室井(笑)

大竹「それ、ここだけの話になりますか?」(笑)

伊藤「普通のことを普通にしか言わない。追悼の辞を読まれてても、なんかAIが喋ってるみたいな、無機質で体温が伝わらない感じの喋り方になっちゃうんですね。それに対して追悼の辞を述べたことで急に再評価され始めたのが菅前総理。」

室井「本当に?あたしは、ちょっと芝居がかってる気がしちゃって。」

伊藤「ただ総理時代の菅さんって棒読みで有名だったじゃないですか。ところが追悼の辞に関して言うと、読み方はともかく中身は非常に心がこもったように聞こえたらしく、評価が高いんです。菅さんって安倍元総理に対する思い入れが、ものすごく強いんですよ。追悼の辞の中でも述べられてましたけど、2012年に安倍さんをもう1回、自民党総裁選に出したのは自分なんだということを前からおっしゃっています。菅さんと話したとき、菅さんは安倍さんのことをずっと「総理」と呼んでるんですけど、もしあの時総理が首を縦に振らなかったら自分は自民党を出ていったかもしれない、とまで言うんです。思い出したんですが、官房長官時代の菅さんに「安倍さんはエリート政治家で、菅さんは叩き上げですよね。正反対の人がどうやって総理と官房長官として上手くやっていけるんですか?」と聞いたことがあるんです。そしたら菅さんは、まあ正反対だからうまくいくんじゃないんですかって言った後に、ここから内緒なんですけど「総理はもしかしたら私の事がうらやましいと思ってるかもしれませんね」って言うんですよ。なんでですかって聞いたら、「総理は生まれた時から敷かれたレールの上を一直線で走ってきた人だ。政治家になり大臣になり、お父さんが果たせなかった総理の座を目指すのがもう既定路線だ」と言うんです。自分は「全く政治の外の世界から自らの意思で入り、ここまで来た。だからもしかしたら安倍さんは、自分で自分の人生を選べる人を羨ましいと思ってるかもしれませんね」って言ったのを強烈に覚えています。」

室井「それ逆を返せば、菅さんが安倍さんのことを強烈に羨ましいと思っている気持ちを隠したってことでもあるんだよね。」

伊藤「どっちかですよね。僕はエリート政治家に対する、叩き上げ政治家の何らかの思い、みたいなものを感じました。」

Facebook

ページトップへ