日本でラリーを盛り上げていきたい…「海猿」の羽住英一郎が監督をつとめた映画「OVER DRIVE」撮影秘話

藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMのラジオ番組「SPORTS BEAT supported by TOYOTA」(毎週土曜 10:00~10:50)。11月19日(土)の放送では、映画監督の羽住英一郎(はすみ・えいいちろう)さんをゲストに迎えて、豊田スタジアムのサービスパークで開催した公開収録の模様をお届けしました。


(左から)高見侑里、羽住英一郎さん、藤木直人



映画「海猿」シリーズや「暗殺教室」、現在公開中の「カラダ探し」など、数多くの作品を手掛けてきた羽住監督。子どもの頃からモータースポーツが大好きで、2018年にはラリーを題材にした映画「OVER DRIVE」で監督をつとめています。

◆映画の題材を“ラリー”にした理由

藤木:そもそも、ラリーを題材とした映画をなぜ撮ることになったんですか?

羽住:トヨタさんが、ちょうどWRC(FIA 世界ラリー選手権)に参戦する前だったんですけど、「日本でラリーを盛り上げていけないか?」という話もあって、そのなかで立ち上がってきた企画なんです。

藤木:羽住監督は、もともとモータースポーツはお好きだったんですか?

羽住:大好きでした。僕が小学生だった1970年代後半の頃は、ちょうど「サーキットの狼」という漫画がとても流行っていて、スーパーカーブームだったんです。

でも当時の僕は「サーキットの狼」ではなくて、村上もとかさんの「赤いペガサス」という、モータースポーツファンのなかでは神格化されている本格F1漫画が大好きだったんです。それからずっと(モータースポーツに)ハマっています。

藤木:そんな車好き、モータースポーツ好き、ラリー好きの羽住監督が、ラリーを題材とした映画「OVER DRIVE」に、どんな思いや目標を込めて作られたんですか?

羽住:あの映画を制作するときにWRCをいろいろ取材したんです。日本にも全日本ラリー選手権があるんですけど、やっぱりモータースポーツの盛り上がり方が全然違うんですよね。ヨーロッパとかでは(モータースポーツは)文化になっている。

劇中に出てくるのは架空のチャンピオンシップなんですけど、日本でもそういう感じ(ヨーロッパのような盛り上がり)になるといいなという思いを込めて、映画でのサービスパークの盛り上がり方なども参考にしたんです。でも、今回の「ラリージャパン2022」(11月10日(木)~13日(日)開催)を観ていて、(日本も)そうなりつつあるのかなと思いました。


羽住英一郎さん



◆映画「OVER DRIVE」撮影で苦労したことは?

藤木:僕も映画「OVER DRIVE」を拝見させていただきましたけど、撮影は大変だったんじゃないですか?

羽住:大変でしたね! まだドローンが出始めの頃だったので、(撮影中に)2機ぐらい落ちていますから(笑)。

藤木:どういうアクシデントがあったんですか?

羽住:走るラリーカーをドローン撮影で追いかけたんですけど、ラリーカーが速くて追い付けないんです。なので、助走してドローンを先行させるんですが、ラリーカーが来た瞬間に巻き上げた石とか(が当たって)で撃墜されてしまって(苦笑)。

藤木:映画に出てくるラリーシーンは、全部撮り下ろしだったんですか? 素材とかもあったんですか?

羽住:素材も一部ありました。WRCと契約して、彼らの映像をCGで劇中のマシンと同じカラーリングに変えるなど(加工)しました。なので、WRCに詳しい方だと「あのカットだ!」って分かっちゃう(笑)。

藤木:そうなんですね。いろんなラリーレースの映像を撮るだけでも大変ですよね。

羽住:そうですね。(映画では)レインボーブリッジとかをスタートゲートにしたり、首都高でやったりしているじゃないですか。これから、ああいうふうに撮影が実現できればいいなと思っています。

藤木:(映画では)「お台場ステージ」があって、レインボーブリッジや首都高を走っているんですけど、実際に封鎖して撮影されたんですか?

羽住:いや、それは不可能なので、早朝に下画を撮りました。撮影時は、ちゃんと法定速度で走らせて、(編集で)ピッチを変えたりしています。

高見:モータースポーツ好きの羽住監督ならではの、究極にこだわった部分はどういったところでしょうか。

羽住:本物のモータースポーツって、スポンサーカラーでマシンもスーツも全部彩られているじゃないですか。映画なので、架空にしてしまうのは簡単なんですけど、これを全部本物にしたかったんですね。そこにすごくこだわって、1社1社、粘り強くスポンサー獲得の交渉をしました。

藤木:チームも1チームだけじゃないですよね? (新海彰を演じた)北村匠海くんのチームも、リアルにスポンサーがついていたということなんですね?

羽住:そうですね。(映画で)あらゆるところに出ているスポンサーロゴというのは、その企業が実際に賛同してくれて使わせていただいています。


豊田スタジアム・サービスパークで開催した公開収録の様子



次回11月26日(土)の放送は、スポーツジャーナリスト・中西哲生さんをお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年11月27日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SPORTS BEAT supported by TOYOTA
放送日時:毎週土曜 10:00~10:50
パーソナリティ:藤木直人、高見侑里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/
SPORTS BEAT supported by TOYOTA
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 10時00分~10時50分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

青春時代が蘇る!?チョコレートCMソングを特集!

©bayfm

『TERUMI de SUNDAY!』、吉田照美と中村愛が1週間のスポーツ&エンタメ、音楽の話題を楽しく賑やかに掘り下げトーク!

【2月5日(日)のラインナップはこちら!】

■9時台は「音楽の時間」
みなさんの青春時代が蘇る!チョコレートCMソングを特集!

■10時台前半は、今これからの世界を考える「エシカルライフ」
身近なSGDsについて探っていきます。

■10時台後半は大反響!レッツプレゼン!テルサン・知ったかワールド!
知っておくと、いざという時に「知ったか」ができる話題をご紹介。
今週はパップコーン須田さんが登場!知られざる「鬼」の話をご紹介!

Facebook

ページトップへ