Mrs. GREEN APPLE「なるようにしかなんないから!」将来の不安が募る受験生へのメッセージ

Mrs. GREEN APPLEがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」。11月28日(月)の放送では、リスナーから届いた相談にメッセージを送りました。



――リスナーの相談「なんのために、今頑張っているのだろう」

ミセス先生こんばんは! 私の最近の悩みは受験勉強についてです。高校受験へむけて必死に勉強しているのですが、不安のせいかいきなり涙がでてしまい、止まらなくなることが多いです。また、将来やりたいことが決まらず、なんのために今頑張っているのだろうと疑心暗鬼になってしまいます……。ミセス先生は、こんなときどうしていましたか? アドバイスをください。(15歳)

――大森元貴「なるようにしかなんないから!」

大森元貴(Vo/Gt):受験っていうのは、すごく大きな1個のハードルだと思うんですけども……学生問わず、なんか漠然とした不安みたいなものに駆られる瞬間っていうのは、みなさんありますか?

若井滉斗(Gt):もちろんですよ。でもたしかに、未来のことを計画するのも大事だったりはすると思うんだけど、先のことをぐるぐる考えてしまうのはね……わかんないからね。

大森:そうなのよ。なんかね、すごい長期的なもっと先のものを描かなきゃいけない気がするじゃない。

藤澤涼架(Key):うん。

大森:それはね、ダメですよ。人って目の前のこと1個1個に、ハードルを用いて、1個ずつクリアしてモチベーションに変えてくことしかできないから。

若井:そうそう。

大森:そんなだってさ、わかんないじゃん! 26(歳)になったって29(歳)になったって、どこが頑張りどころでうんぬん……とかって、もはやわからないじゃないですか。

藤澤:ほんとそう!

大森:受験勉強って一般的にとんでもないイベントだ! みたいになってるし、自分の人生考えたときにすごい分岐点な気もするだろうけども、もうなるようにしかなんないから!

若井:そうよ!

大森:だから、どうでもいいや! じゃなくて……なるようにしかなんないから、1個1個目の前のことをまず潰してくというか、やってくってことが大事なんじゃないかなって。

若井:大事です。

大森:みんな、何のために頑張ってるかなんかわかんねぇよ!

藤澤:はいっ……ありがとうございます!

若井:ありがとうございます!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年12月6日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、ぺえ教頭
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/
SCHOOL OF LOCK!
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~木曜 22時00分~23時55分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

みちょぱ、広瀬すずへのご法度な展開に「やっちゃった~!と思いながらも、心の中で……」

1月29日(日)、みちょぱこと池田美優がパーソナリティを務めるラジオ番組「#みちょパラ」(ニッポン放送・毎週日曜22時30分~23時)が放送。自身が出演した『櫻井・有吉THE夜会』(TBSテレビ系)での一幕について語った。

「やっちゃった~!」と『櫻井・有吉THE夜会』出演時のエピソードを語るみちょぱ

「ゲストに同い年の広瀬すずちゃんが来て。キックボクシングを習っているという話から、『強くなりたい』『同い年の那須川天心さんに教えてもらいたい』みたいな流れになって。

よくゲームセンターにある“パンチングマシン“をスタジオに用意して。「まず、(パンチ力が)どれぐらいか一度やってみよう」という話になったんですよね。

平均のスコアが、女性で20、男性で40って言ってたかな? さっそく広瀬すずちゃんがやってみたら、29とかで『平均より全然上じゃん!』って盛り上がって。

確かに、姿勢もすごくきれいで『さすが習っているだけのことはあるね~』みたいな感じで……」

広瀬のスコアを見て、誰もが称賛するような空気に。そんな中、ほかの出演者に促される形でみちょぱも挑戦してみると……。

「あたし、今まで(パンチングマシンを)やったことなくて。『パンチって、どうやって前に出したらいいのかな?』みたいなレベル。

だから、思うままにやってみたら、え~っと、31ですか……?(笑)

もう最悪だよね。メインゲストのスコアを上回るっていう……。ボクシング習ったことないのよ?1回も(笑)『最悪~!』『やっちゃった~!』って思いつつも『え、あたしってこんなに強かったっけ?』みたいな。

そのときに、天心君とかにも『(みちょぱは)ストリート育ちな雰囲気が出ていますね』みたいに言われて。有吉さんも『昔を思い出せ!』って言ってきたけど、何もないから(笑)」

自分でも予想外の数字が出て、ゲストの記録を超えてしまう展開に慌てたみちょぱ。思いがけず自分のパンチ力を知らしめるような結果になり、「まさかでしたね~」と驚いたことを明かしていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ