miwa「影山優佳 卒業セレモニー」でアイドルのすごさを実感「本当にキラキラしてた」

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、miwaさんと影山優佳さん。ここでは、miwaさんも現地で観たという7月19日(水)に開催された「影山優佳 卒業セレモニー」を振り返りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)影山優佳さん、miwaさん



◆miwaが感じた“アイドルのすごさ”

miwa:私、影ちゃんの卒業セレモニーを観に行ったんだよ!

影山:来てくださってありがとうございました! お花もいただいて、うれしかったです。

miwa:本当にすごかった!“もらい泣き”しちゃって、感動しました。

影山:以前からずっとmiwaさんが応援してくださっていたから、その区切りというか、大事な瞬間をお見せできて、私も良かったなと思います。

miwa:でも、やっぱり“アイドルはすごいなぁ~”って思ったよね。

影山:本当ですか?

miwa:あんな大人数で、もちろん1人ひとり(の個性)が違うわけじゃん。そのなかで、グループで歌って踊ってすごいなって。本当にキラキラしてた。

影山:ありがとうございます、うれしいです。本当に、メンバーそれぞれ(個性が)全然違う人たちが1つのグループに集って、それぞれにファンがいて、そのファンのみんながグループ全体を応援してくれて……。

縁というか、その巡り合わせに感謝だなって、卒業セレモニーでも思いましたし、(グループ在籍中に)1人で仕事をしているときは、より感じていましたね。孤独というか“グループっていいな”みたいなことをより感じていましたね。

◆バタバタだったW杯特別番組裏話

miwa:実際に(1人で)サッカー番組とかクイズ番組とかに出ていたときは、どうだった?

影山:私が結構、自分で自分の首を絞めちゃうタイプなので、最初の頃は切羽詰まっていましたね。

miwa:でも、ワールドカップ(の特別番組で)勝敗予想をバンバン当てていたじゃん(笑)。

影山:ハハハ(笑)。あれはもうラッキーっていうか、運が良かっただけです。あのときは生放送で、しかも1日に4試合もやるから、私だけスタジオに鎮座して、あとの出演者さんや制作さんもガラッと変わる、みたいな感じで本当にバタバタしていて。しかも“勝敗予想をする”とは言われていたけど、それをフリップに書くのが本番5分前とかで(笑)。

miwa:へ~!

影山:スターティングメンバーも、CMのあいだに(出演者も一緒に)みんなで貼ったりして(笑)。

miwa:へぇ! いやいや、すごかったよ。

影山:観てくださって、ありがとうございます。

miwa:それから、番組でサッカー関連の方と共演したりするじゃん? サッカーとの距離がまた近くなったことで、よりサッカーが好きになったりした?

影山:そうですね。もともと、サッカー選手はみんなすごい人だと思っていたんですけど、“努力をしていない人は1人もいない”というか。

天才肌の人でも自分を追い込んでいるし、(共演して)裏側にある努力とか挫折を知って、より応援したくなるというか。それと同時に、ちゃんと自分も発信する活動をまっとうしなきゃなって、責任感みたいなのも生まれましたね。

miwa:なるほど。じゃあ、プレッシャーももちろんあったけど“好きなことを仕事にしてよかった”っていうのが大きいってことかな?

影山:そうですね。仕事をしていきながら“自分らしさ”みたいなところも教えてもらった気がして。今があるのは、そのときの出会いとか、皆さんの応援があったからだなって思います。

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
タグ

佐久間大介、佐藤利奈と『美少女戦士セーラームーンCrystal』について語る!

12月2日放送の『Snow Man佐久間大介の待って、無理、しんどい、、』(文化放送)で、Snow Manの佐久間大介が、ゲストの佐藤利奈と佐藤が火野レイ役を演じた『美少女戦士セーラームーンCrystal』についての裏話を語った。

佐藤「私が1番好きなキャラクターだったので、私がマーズってあるんだ!みたいな」-

今回のゲストである佐藤利奈は、『とある魔術の禁書目録』、『とある科学の超電磁砲』の御坂美琴役、『みなみけ』の南春香役、さらに『魔法先生ネギま!』のネギ・スプリングフィールド役など、数々の人気アニメ作品で主要キャラクターの声を担当しているほか、報道ステーションではナレーションを担当するなど、幅広く活動している声優のひとり。

佐久間「『美少女戦士セーラームーンCrystal』の火野レイ役、セーラーマーズもやられていて僕、この間までやっていた映画から始めてセーラームーンを見させてもらったんですよ」

佐藤「おー!見てくださったんですね。ありがとうございます」

佐久間「それを見て、セーラーマーズ1番かわいい!って」

佐藤「ほんと!」

佐久間「いやマジでだって、」

佐藤「わかります。私も幼少期にマーズと出会って、みんなかわいいんですけど、マーズのあのミステリアスな、クールだけど、芯は熱いみたいなとこにときめきましてですね」

佐久間「僕が好きになるキャラクターの系統があるんですけど、とは全然違うんですよ正直」

佐藤「あ、そうなんですね」

佐久間「珍しいなって自分の中で思う」

佐藤「通常はどういうタイプが、ちなみにお好みでいらっしゃる…?」

佐久間「何かやっぱりかわいいとか、元気だったりとか、明るい子だったりとかを結構好きになるんですけど、どちらかというと」

佐藤「ふわっとしてる感じの子が好き。あぁ、じゃあ全然違いますね。クール系だと」

佐久間「だから珍しいなと思いながらも、マーズかわいいみたいな」

佐藤「マーズかわいいんですよ」

佐久間「いやいいですよ」

佐藤「赤いハイヒールっていうのもまたときめきポイントで、ちっちゃい頃に憧れていた役をまさか自分がやらせていただけるなんてって感じなんですけど」

佐久間「それすごいですよね」

佐藤「すごいです」

佐久間「やっぱりその三石さんという方がいるじゃないですか?あんなにもうずっと続けている三石さんがいる中で、マーズとしての演技とかって緊張とかあったりするんですか?」

佐藤「最初は、オーディションの時に掛け合いで琴乃さんがいらしてくださってて」

佐久間「え!?そうなんですか?」

佐藤「時間が合う限りはみんなと掛け合いたいっていって来てくださって」

佐久間「すごい!」

佐藤「他のメンバーも大体掛け合いが出来てて私1人の為に1人の為じゃないんですけど、その日に、色々な人がオーディション受けているけど、この時間は私が独り占めの琴乃さんのムーン様がそこに居て、という状況でオーディションを受けたからもうパニックですよね」

佐久間「いや、ですよね。普通のオーディションじゃねえこれはみたいな」

佐藤「うさぎちゃんが隣にいる~!っつって。で、なんかそこで私はレイちゃんがすごく好きで原作のレイちゃんってクールでミステリアスなんですけど、アニメーションになった方はちょっと情熱的でもっとキャンキャンってうさぎちゃんと喧嘩しちゃったりみたいな感じなんですけど、どちらかというと原作よりのマーズになるので、私の思うマーズを出そうと思って琴乃さんと掛け合わせてもらったら後ほどに琴乃さんが、「なんか上から喋ってきたのがね、利奈ちゃんだったんだよねー」みたいな。レイの勝気な感じとか」

佐久間「え~!そうなんだ!すごい。え、あれなんですか?元々マーズ役だけでいったんですか?」

佐藤「そうなの。マーズ役を受けていいですよっていっていただいて、私が1番好きなキャラクターだったので、私がマーズってあるんだ!みたいな」

佐久間「たしかに夢みたいな話ですよね」

佐藤「そうなんですよ本当に。めちゃくちゃだから嬉しかったですけど、やっぱりプレッシャーもいっぱいあって」

佐久間「以前この番組に三石琴乃さんが来ていただいた時も、あらためてセーラムーンに関わってくれたキャストのみんなが本当に素晴らしくてみたいなことを言っていて」

佐藤「いや、あの本当にムーン様がいての作品なんですよ」

佐久間「やっぱり座長が」

佐藤「そう。で前作といいますか私達が憧れているあのセーラームーンの世界があっての私たちだったりもするので、そこを大事にしながら新しいセーラームーンを作ろうねって琴乃さんもおっしゃってくださって、楽しかったんですよ。夢のような。是非、キラキラした世界観なんで見てない方に新旧どちらも楽しんでもらいたいなと思います」

佐久間「そうですね!見ていない方は是非!」

その他、佐久間が見ていた佐藤利奈の作品である『のんのんびより』や『アマガミSS』などの作品についても語った。

Facebook

ページトップへ