「八百屋でスピーカーを売っていたみたいな…」“80年代独特の文化形態”について石井竜也&日比野克彦が語り合う

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、ミュージシャンの石井竜也さんと常連客の東京藝術大学学長・日比野克彦さん。ここでは“80年代の文化”について、お2人が感じていたことを語り合いました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)日比野克彦さん、石井竜也さん


◆80年代は「独特な文化」があった

日比野:石井さんとは(年齢でいうと)僕のほうが1学年上なんですけど。

石井:そうですね。

日比野:だから年代は一緒じゃないですか。それで、自分が学生だった頃の1980年代初頭って、世の中が面白くなるぞ、どんどん変わっていくぞ、俺たちの時代がやってくるぞ! っていうような雰囲気があふれていたよね。

石井:バブルの時代ですよね。

日比野:いつも“経済的なバブル”と(80年代に起こった)文化を一緒くたにされるのは、なんとなく引っかかりがあるんだけど、みんなが“自分の可能性”とか、それまでにあったアカデミックなジャンルっていうものをとっぱらって、先輩たちが残してきたいいところを引き継ぎながら、次の時代を作っていくみたいな……。

石井:脳が発達しましたよね(笑)。それまでの“日本脳”が崩れて(考え方が)ずいぶん自由になったなっていう雰囲気が、世の中に漂っていましたよね。

日比野:例えば、映画を観たり、本やマンガ・コミックを読んで、音楽も聴いて……街のなかにサブカルチャーがあふれていて、それが脳を崩していってくれたみたいな、そういう雰囲気があった時代が1980年代だったような。

石井:ある意味では、“色を整える”っていう時代から“雑多でいい”っていう時代に変わった気はしますよね。だから、デパートやお店なんかでも、例えば、八百屋でスピーカーを売っていたみたいな“この店でこれを売ったらだめじゃない?”というようなものまで売っていて(笑)。めちゃくちゃな時代だった気がしますね。

日比野:そういう感覚はあるね。“八百屋でスピーカーを売ってもいいでしょう、なぜなら俺は音楽が好きだから”みたいな発想がある時代だったね。

石井:そうそう、いろんな理由をつけていましたよね。「野菜には音楽を少し聴かせたほうが甘くなるんだ」とか(笑)。そういう80年代独特の文化形態っていうのは、あった気がしますよね。

▶▶石井竜也 ニューアルバム『DEEPER』を深堀り! 続きは「AuDee(オーディー)」で!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
タグ

halca「幸運のお守りになりますように」ニューシングル『Good Luck Waker』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
2月24日のゲストはhalcaさん!
ニューシングル『Good Luck Waker』について伺いました。

『Good Luck Waker』はTVアニメ『ぽんのみち』エンディングテーマ。halcaさん通算10枚目のシングルです。「自分がデビューしたばかりの頃、10枚目を出す頃にはCDを作るのが日常みたいになってるのかなって想像があったんですけど、全然そんなことなくて。いまだに1枚1枚リリースが決定するたびに感動します」

元雀荘を遊び場にする女子高生たちの日常を描いている『ぽんのみち』。halcaさんは麻雀を知っていたのでしょうか?「お母さんが凄く好きなので、気になる存在ではあったんですけど、難しそうだなって思っていて。たまにオンラインで出来る麻雀をしていたんですけど、ポンとかカンとか全然意味分からなくて。“ぽんのみち”をきっかけに役を少しずつ覚えて分かるようになってから楽しくなって。友達、お母さん、音楽プロデューサーさんとアプリで遊ぶようになりました」

最初に聞いた印象は「平和で、ほのぼのしたように聞こえるんですけど、歌詞をよく読むと、楽しい時間は永遠には続かないから、今を大切にしようって思わされる内容だと思いました」

レコーディングではどんなことを意識しながら歌われたんでしょうか?「歌詞の内容からイメージして、今という時間や君を大切にしたいっていう気持ちは嘘じゃないけど、自分を守るためにも、この曲の主人公は何か期待しすぎないようにしている感じがしたので、歌声もあんまり情熱的になりすぎないように歌うことを意識しました」

halcaさんの寝顔が堪能できるMVについても伺いました。「海外サスペンスドラマのオープニングでよく見る、トラックが1本道を走り続ける、ちょっと不穏なことが起きりそうなシーンを撮ってみたいっていうところから始まって。それだけのところから、肉付けしていったんです。撮影場所は、おばあちゃんが1人で管理している牧場でした」

カップリングの『IN THE BRAIN』は作曲・編曲を手がけている山崎真吾さんとの共作で書かれています。「頭の中でモヤモヤしていることを書いたんです。人にやさしくしなきゃいけない場面ってたくさんあると思うんですけど、それを悟られないようにすることが本当のやさしさだとも思っていて。やさしさを人に伝えるのって難しいよなって思って書いてみた曲です。山崎さんから仮段階で頂いた歌詞の内容が遊び心満載だったので、そこからヒントをもらって色々やってみた結果、こうなりました。よく自分が使う顔文字を使ってます」

初回生産限定盤は昨年のツアーの東京公演を収録したBlu-ray付きです。「もうなんかLive Blu-ray出しましたと言ってもいいくらい。ライブフォトブックレットもついてくるので、まだ足を運んだことなくて、ちょっと怖そうだなみたいに思ってる方、これを見て大丈夫だよ、怖くないよって(笑)」

乗り換え案内のアプリでグッと楽になったというhalcaさん。ニューシングル『Good Luck Waker』はhalcaさんにとってどんな作品になったのでしょうか?

「今を大切にしよう、気持ちが明るくなる、そんな目覚めの1枚になれたらうれしいなと思います。みなさんにとって、このシングルが幸運のお守りみたいになりますように」

Facebook

ページトップへ