あの夏のファイターズ遠征…空と風と、ほろ苦い花火の思い出

番組パーソナリティの水野よしまさアナ ©HBC

8月19日(月)から、HBCラジオはリスナーに現金128万7千円が当たる「夏の大感謝週間」をスタートさせる。今年の感謝週間のテーマは“この夏、野球愛が止まらない”。そこでファイターズ中継の実況アナウンサー陣が、忘れられない夏の野球の思い出を語った。第1回は『気分上昇ワイド ナルミッツ!!!』(月-金 午前9時~正午)のパーソナリティも担当する水野よしまさアナウンサーのインタビューだ。

©HBC

今年も暑い夏がやって来た。この時期、北海道の野球ファンが楽しみにしているのが、道内各地で行われるファイターズの遠征試合だ。熱い日差しが降り注ぐ屋外球場で繰り広げられるゲームは、否が応にも盛り上がる。

©HBC

「夏の屋外球場での実況が好きなんです」と話すのは、『気分上昇ワイド ナルミッツ!!!』の水野善公アナ。「球場の温度や風向き、空の変化など細かい描写を入れられて、厚みのある実況ができる」と笑顔を見せた。

©HBC

高校時代は野球部で二塁を守り、グラウンドで汗と泥にまみれていた水野アナ。「夏の練習は苦しくて、地獄の記憶しかない」と表情を歪めるが、当時の経験が、いまの野球実況に活きているという。「実況をする時に心掛けているのは『1球ごとに変化する守備位置の描写』です。ボールカウントにあわせて少しずつ変わる選手の立ち位置から、そのチームの戦術が見えてくる。足元の土をならす仕草は『グラウンドが荒れていて嫌なんだな』なんて、選手の微妙な心理を教えてくれます」

©HBC

ファイターズ中継で数多くの熱戦を伝えてきた水野アナが、苦い思いをしたのが、旭川スタルヒン球場での中継。この球場の名物は、5回終了時に打ち上げられる大輪の花火だ。「ラジオで花火の色や形を実況するのが難しかった。『赤い花火が上がった…次は黄色』なんて、わずか3分ほどの時間が、ものすごく長く感じて」と唇をかんだ。この夏もファイターズ打線が放つ大輪の花火を、熱く伝えて欲しい。

©HBC
気分上昇ワイド ナルミッツ!!!
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~12時00分
出演者:水野よしまさ・森結有花・田村美香
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

「夫以外の人に恋…」結婚12年目・42歳主婦に、江原啓之が届けた言葉は…

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、恋心を封印したいと悩む主婦からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆妄想は膨らむばかり…
「結婚12年目で42歳の主婦です。子育ても一段落し、そろそろ社会復帰をしたいという思いで、昨年末から資格スクールに通い始めました。ところがあろうことか、そのスクールの同年代の担当講師に恋をしてしまいました。それからは勉強どころじゃなく、授業を受けていてもドキドキ、エレベーターで一緒になっただけでクラクラ……。最近は、とにかく彼のことばかり考えて、勉強がまったく頭に入りません。正直、この年齢でこんなおばちゃんが恋をするなんて思いもよりませんでした。妄想は毎日膨らむばかりで……。胸が苦しいです。講師の方への気持ちを封印し、何か勉強に集中できる方法があればアドバイスお願いします」

◆江原からの“ことば”
「好きな人がいて、その人が講師だったら、逆に勉強に身が入りませんか? 集中力が増して、勉強して『よくできましたね』なんて言われたら嬉しいもの。変に“落ち着いて、落ち着いて”と、思えば思うほど落ち着かなくなってしまう。そういうことと同じ。心の恋愛は、悪いことではない。心の不倫は、夫を裏切ることではない。想いの恋愛は、全然ウェルカム! 妄想、膨らましちゃいましょう! 現実に持っていくなというだけ。つまらない変な人に教えられるよりは、楽しい! それだけでも授業料の元を取ったようなものです」

◆江原啓之 今宵の格言
「人間不信は依存心の顕れです」
「自己憐憫に愛は訪れません」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ