日本中に元気を届けたい…甲子園が「ミラクル旭実」の勝利に沸いた夏

1995年のミラクル旭実を語る卓田和広アナ(HBC) ©HBC

8月19日(月)から、HBCラジオは「夏の大感謝週間」をスタートさせる。今年の感謝週間のテーマは“この夏、野球愛が止まらない”。そこでファイターズ中継の実況アナウンサー陣が、忘れられない夏の野球の思い出を語った。第3回は、全国高校野球選手権大会(高校野球)をテーマに選んだ「音タクベストテン!」(月 午後6時30分~7時)のパーソナリティも担当する卓田和広アナウンサーのインタビューだ。

19日から夏の大感謝週間を迎えるHBCラジオ『音タクベストテン!』(月18:30-19:00)の卓田和広アナ ©HBC

今年も甲子園では、全国の高校球児が熱戦を繰り広げている。過去に甲子園で活躍した北海道勢として記憶に残るのが、1995年に出場した旭川実業高校の快進撃だ。この年は年明けに阪神・淡路大震災、続いて地下鉄サリン事件が勃発。北海道では函館空港でハイジャック事件が起きるなど、日本全体が不安に覆われた年だった。

19日から夏の大感謝週間を迎えるHBCラジオ『音タクベストテン!』(月18:30-19:00)の卓田和広アナ ©HBC

そんな中、夏の甲子園に爽やかな旋風を巻き起こし、「ミラクル旭実」と呼ばれたのが、旭川実業高校の野球部だった。『音タクベストテン』の卓田和広アナウンサーは、その夏、現地リポーターとして甲子園のアルプススタンドにいた。「倒壊した阪神高速道路はまだ復旧していなくて、中継拠点にしていた球場隣の宿舎も休業中だったのですが、僕ら取材班のために特別に建物を開けてくれて。涙が出るほど嬉しかったです」

1995年、甲子園のアルプススタンドからリポートした卓田和広アナ ©HBC

春夏通じて甲子園初出場の旭実は、1回戦で古豪の松山商業を破り、鹿児島商業との2回戦に臨んでいた。「序盤から劣勢でも必死に食らいつく旭実のプレーを目の当たりにするうちに、徐々に球場全体の人たちが旭実を応援し始めました」と卓田アナ。

19日から夏の大感謝週間を迎えるHBCラジオ『音タクベストテン!』(月18:30-19:00)の卓田和広アナ ©HBC

そして、試合は運命の9回を迎える。1点差の2死走者なしから三塁手の前に転がった平凡なゴロは、グラブの直前でイレギュラーバウンドして外野に抜けた。それを足掛かりに旭実は2点を奪い、奇跡の逆転勝ちを収めたのだった。

アルプススタンドが沸く中、卓田アナは「見えない力が彼らを後押ししたのを感じた」という。当時「ミラクル」と評された快進撃で、旭実はベスト8まで進み、北海道のみならず、日本中の人々を元気づけたのだった。

当時を振り返って、卓田アナは「野球は何が起こるかわからない…私は、あの夏それを目の当たりにした。その経験があって、いまもファイターズの試合中継の時には『予断をもって実況をしない』と肝に銘じています」と語った。あの強烈な記憶は、いまもHBCラジオの野球中継に息づいているようだ。

ミラクル旭実を伝える当日スポーツ紙を手にする卓田和広アナ ©HBC
音タクベストテン!
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週月曜 18時30分~19時00分
出演者:卓田和広
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

きのこアドバイザーが警鐘…臓器不全で亡くなる人も!「殺しの天使」とも呼ばれる“白いきのこ”とは?

ホラン千秋がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「apollostation Drive Discovery PRESS」。番組では、“ラジオの中の編集部”を舞台にホランが編集長、リスナーが番組専属特派員となり、全国の食べ物やさまざまな場所にスポットを当て、日本の魅力を再発見していきます。9月25日(日)の放送では、前回に引き続き、きのこアドバイザーの荻田毅(おぎた・たけし)さんをゲストに迎え、現在シーズンを迎えている“きのこ狩り”についてたっぷり語っていただきました。


(左から)ホラン千秋、荻田毅さん


◆毒性のあるきのこは「その辺りにも生えている」

荻田さんいわく、きのこは年間を通して何かしらは採ることができるものの、きのこ狩りをするなら、9月~11月が最適なシーズンとのことで、「マツタケや舞茸といった大物と言われる高級きのこは9月に採れることが多い。ただ、それとともに毒性のあるきのこも多いです」と警鐘を鳴らします。

毒性のあるきのこは見た目では判別できないようで、「“(見た目が)真っ赤だから毒”“地味だから食用”というイメージが強いと思いますが、それは全然当たらない。派手だけどおいしいきのこもあれば、地味なのに人が死ぬぐらいの毒があるきのこもある」と補足します。

ちなみに、この時期は特にドクツルタケに注意が必要とのことで、「真っ白でレースを纏っているようで“殺しの天使”とも呼ばれている。これが、一番毒性が強いきのこです」と荻田さん。

そんなドクツルタケの写真を見たホランは「ブナピーみたい。一見すると食べられそう」と率直な印象を語ると、荻田さんは「だから怖いんですよね。“白いきのこは安全”というイメージが強いけど、僕たちからすると真逆で“怖い”というイメージ」と強調。

その毒性については「(食べると)内臓機能を破棄してしまう。食べて数時間後に吐いて、かなり苦しんで病院に運ばれ、その後いったん回復してきたかなと思っていたら、翌日に臓器不全で亡くなってしまう人もいる」と解説します。

また、毒性のあるきのこは、山奥だけでなく「私たちの周りにも普通に生えている。なので、(食べられるかどうか)分からないきのこは、とにかく食べないこと」と呼びかけました。

◆きのこ狩りで常備しておくと良いアイテムは?

きのこ狩りに行く際に、持って行くと良いアイテムとして“熊鈴”を挙げます。理由は、きのこ狩りの最中に熊と遭遇する可能性はゼロではないから。また、雨をしのぐためのレインコートや、山は寒暖差があるので、寒さをしのげるような服装・防寒具も常備しておくといいそう。ちなみに荻田さんは、万が一にマムシなどに噛まれた場合、傷口から(毒を)吸い込む用のスポイトも持参しているそうです。

ここでホランが、きのこ狩りのおすすめスポットを聞いてみると「最近、山を切り拓いてできた施設周辺がベスト」と荻田さん。というのも、「昔からある土壌は、地中のバクテリアなども飽和状態にあるため、新しいきのこが入り込む余地が残っていない」と説明します。

逆に、施設などを建設するためにブルドーザーなどで土を掘り返したり、山を切り拓いた場所は、きのこの胞子が入り込む余地があるので、「最近できたキャンプ場やアウトドア施設、山の中にあるレジャー施設などの周辺に行けば、とりあえず何かしらのきのこは見つけられると思う」と言います。

前回の放送で、きのこ狩りにいくタイミングとして、「雨が降った3日後ぐらいに行くのがベスト」と教えてくれましたが、今回、その判断材料としてもう1つ付け加えたのは“20℃スイッチ”。「朝晩の気温が20℃を下回ると、きのこが発生するスイッチがピッと入るんです。僕が天気予報で一番何を見ているかというと“朝の最低気温”。15℃~20℃ぐらいがいい」と荻田さん。

2週にわたる荻田さんとのトークを振り返り、ホランは「特別な場所に行かないときのこ狩りはできないのかと思っていましたけど、例えば、みなさんの身の回りの裏山や都会の道端などにもきのこがあるかもしれないので、まずは“こんなところにもきのこが生えているんだ”と知ることから始めてみたいと思いました。スーパーにあるきのこだけじゃなくて、自然界にあるきのこも観察してみたい」と感想を述べました。

次回10月2日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月3日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:apollostation Drive Discovery PRESS
放送日時:毎週日曜 12:00~12:25
パーソナリティ:ホラン千秋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/discovery/

Facebook

ページトップへ