日本中に元気を届けたい…甲子園が「ミラクル旭実」の勝利に沸いた夏

1995年のミラクル旭実を語る卓田和広アナ(HBC) ©HBC

8月19日(月)から、HBCラジオは「夏の大感謝週間」をスタートさせる。今年の感謝週間のテーマは“この夏、野球愛が止まらない”。そこでファイターズ中継の実況アナウンサー陣が、忘れられない夏の野球の思い出を語った。第3回は、全国高校野球選手権大会(高校野球)をテーマに選んだ「音タクベストテン!」(月 午後6時30分~7時)のパーソナリティも担当する卓田和広アナウンサーのインタビューだ。

19日から夏の大感謝週間を迎えるHBCラジオ『音タクベストテン!』(月18:30-19:00)の卓田和広アナ ©HBC

今年も甲子園では、全国の高校球児が熱戦を繰り広げている。過去に甲子園で活躍した北海道勢として記憶に残るのが、1995年に出場した旭川実業高校の快進撃だ。この年は年明けに阪神・淡路大震災、続いて地下鉄サリン事件が勃発。北海道では函館空港でハイジャック事件が起きるなど、日本全体が不安に覆われた年だった。

19日から夏の大感謝週間を迎えるHBCラジオ『音タクベストテン!』(月18:30-19:00)の卓田和広アナ ©HBC

そんな中、夏の甲子園に爽やかな旋風を巻き起こし、「ミラクル旭実」と呼ばれたのが、旭川実業高校の野球部だった。『音タクベストテン』の卓田和広アナウンサーは、その夏、現地リポーターとして甲子園のアルプススタンドにいた。「倒壊した阪神高速道路はまだ復旧していなくて、中継拠点にしていた球場隣の宿舎も休業中だったのですが、僕ら取材班のために特別に建物を開けてくれて。涙が出るほど嬉しかったです」

1995年、甲子園のアルプススタンドからリポートした卓田和広アナ ©HBC

春夏通じて甲子園初出場の旭実は、1回戦で古豪の松山商業を破り、鹿児島商業との2回戦に臨んでいた。「序盤から劣勢でも必死に食らいつく旭実のプレーを目の当たりにするうちに、徐々に球場全体の人たちが旭実を応援し始めました」と卓田アナ。

19日から夏の大感謝週間を迎えるHBCラジオ『音タクベストテン!』(月18:30-19:00)の卓田和広アナ ©HBC

そして、試合は運命の9回を迎える。1点差の2死走者なしから三塁手の前に転がった平凡なゴロは、グラブの直前でイレギュラーバウンドして外野に抜けた。それを足掛かりに旭実は2点を奪い、奇跡の逆転勝ちを収めたのだった。

アルプススタンドが沸く中、卓田アナは「見えない力が彼らを後押ししたのを感じた」という。当時「ミラクル」と評された快進撃で、旭実はベスト8まで進み、北海道のみならず、日本中の人々を元気づけたのだった。

当時を振り返って、卓田アナは「野球は何が起こるかわからない…私は、あの夏それを目の当たりにした。その経験があって、いまもファイターズの試合中継の時には『予断をもって実況をしない』と肝に銘じています」と語った。あの強烈な記憶は、いまもHBCラジオの野球中継に息づいているようだ。

ミラクル旭実を伝える当日スポーツ紙を手にする卓田和広アナ ©HBC
音タクベストテン!
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週月曜 18時30分~19時00分
出演者:卓田和広
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ