独占スクープ!上原浩治投手(元巨人)が引退後の心境を初告白…HBCラジオ『建山義紀の ほな、ウチおいで』(月 午後5時45分)

上原浩治(元読売ジャイアンツ)

きょう19日(月)から現金128万7千円が当たる「夏の大感謝週間」をスタートさせたHBCラジオ。大感謝週間の初日の目玉企画は『建山義紀の ほな、ウチいこか!』の上原浩治投手への独占インタビューだ!

5月に、現役を引退した元読売ジャイアンツの上原浩治投手(44)が、きょう19日(月)にHBC北海道放送(HBCラジオ)で放送されるラジオ番組『建山義紀の ほな、ウチおいで』(午後5時45分~6時30分)に出演。引退後の現在の心境を赤裸々に語った。上原が、自宅のあるアメリカに帰国後、日本のメディアの番組に出演するのは、今回が初めて。

建山義紀(元日本ハムファイターズ、現侍ジャパンピッチングコーチ) ©HBC

番組パーソナリティの建山義紀(43・元日本ハムファイターズ、現侍ジャパンピッチングコーチ)と上原は、ともに東海大仰星高時代の野球部のチームメイト。その後、MLBのテキサス・レンジャーズでも一緒にプレーをした。その縁あって、今回の独占インタビューも実現した。

建山から、現在の心境を聞かれた上原は、間髪入れずに「(野球を)やれるものなら、ずっとやりたかった」と率直な心境を吐露。建山を驚かせた。続けて、上原は「今も投げられるものなら、投げたい。でも(ユニフォームを)脱いでしまった以上、諦めないと」と言葉を噛みしめた。建山からの「もうお腹いっぱいなんじゃないの?」との問いかけには、「野球が終わって、何をしたらいいの?」と切り返し、スタジオの笑いを誘った。

現在、家族とともに、フロリダの自宅に住む上原は、「起きるのも寝るのも自由」という生活を送っている。この日は朝9時過ぎに起床。午前中は息子と二人でゴルフを楽しみ、その後、帰宅して自宅のプールで過ごしたという。現役の頃にはできなかった家族と過ごす時間を大切にしているようだ。

アメリカに戻ってから、まだ仕事のオファーは来ていないと語る上原。今回の番組出演について「アメリカに戻ってから初めての取材だ」と少々声を弾ませた。引退後、初めてとなるアメリカからの番組出演の場を、北海道ローカルのラジオ番組にしたのは、建山とのかけがえのない友情があったからなのだろう。

ほかにも番組では、上原が親友の建山に引退の決意を伝えた時のエピソードや、今後の展望などについても語っている。上原浩治投手の独占インタビューは、北海道のHBCラジオ『建山義紀の ほな、ウチおいで』で、19日(月)午後5時45分から放送される。道外のリスナーは、radikoのエリアフリー機能(有料)で聞くことができる。

上原浩治氏独占取材の『建山義紀の ほな、ウチおいで!』は19日(月)午後5時45分から ©HBC
建山義紀の ほな、ウチおいで
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週月曜 17時45分~18時30分
出演者:建山義紀(元日本ハムファイターズ、現侍ジャパンピッチングコーチ)、森理恵
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ