福山雅治さんと夏の北海道をツーリング…『地底人ラジオ』の荘口彰久アナがHBCラジオに寄せた貴重な写真とエピソードとは?

レコーダーを手に笑う『福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」』の荘口彰久アナウンサー ©HBC

「日本の某所いや、某地底から発信されている謎の怪電波…。アナタはもう受診しているだろうか?まだの方は是非!あ、撮影は、学長こと福山雅治さんに撮ってもらいました」

茶目っ気たっぷりに笑うのは、HBC北海道放送ラジオ局(以下、HBCラジオ)で放送中の『福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」』(渋谷のラジオ発局。ほか現在地上波AM10局で放送中。HBCラジオでは毎週土曜午後10時~11時30分に放送)に出演するフリーナウンサーの荘口彰久さん。番組では、学長こと、メインパーソナリティの福山雅治さんの相方としておなじみです。今回は、現金128万7千円が当たる「夏の大感謝週間」を開催中のHBCラジオのために、コメント取材に応じてくれました。

「ちなみに収録は、こんな感じでやってます、世界一身軽なラジオです」

そういって見せてくれたのが冒頭の写真。荘口さんが携帯型のレコーダーを手に話すように、『地底人ラジオ』は機動力が持ち味のラジオ番組です。従来のラジオ番組の収録といえば、音効機材が豊富なスタジオで行われるのが一般的。けれども、この番組は、学長の福山雅治さんの活動に合わせて、スタジオのみならず、劇場の楽屋や移動の車中でも収録を行うフットワークの良さが魅力です。収録は、国内にとどまらず海外でも。最近では東南アジアのインドネシアで収録した様子を4週にわたってお届けしています。荘口さんも、元ニッポン放送アナウンサーで、現在は、フジテレビの「Live News it!」のコーナーMCも務めているだけに、スタジオを飛び出して取材をするのはお手のもの。だから、ラジオでも、福山さんと息がピッタリなのですね。

『福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」』の荘口彰久アナ

今回は、北海道を放送エリアとするHBCラジオの「夏の大感謝週間」にあわせて、荘口さんに「夏」と「北海道」をテーマに取材をさせてもらいました。すると、なんと…あらかじめ地底人ラジオの収録の終わりに福山雅治さんにも話を聞いてくれた上で、答えてくれたのです!それによると、福山さんは…

「北海道といえば、ツアーにも行った事がある大好きな場所だし、さらに夏の北海道と言えばクレージーホース(福山さんをリーダーとするバイクのツーリングチーム)でツーリングしたのが楽しかったなぁ。たまたま入った定食屋さんのオバちゃんに『ラジオ聴いてるよ!』と言われたのも嬉しかった」(福山雅治さん談)

と話してくれたそうです。福山さんといえばバイク好きで有名なだけに、やはりツーリングで北海道を訪れてくれたことがあったのですね。定食屋さんのオバちゃんと気軽に会話をするのも、きさくな福山さんらしい一面です。ちなみに、その時に撮影された集合写真がこちら。もはやスナップ写真の域を超えた芸術作品です。

福山雅治さんと荘口彰久アナらの北海道ツーリングの写真(2004年)

北海道ツーリングに同行した荘口さんは、「バイクの免許が無い私は、福山さんの巨大なバイクの後ろに乗っけてもらいました。海岸沿いを走りながら聴いたU2の曲を覚えています。福山さんのバイクにはCDチェンジャーとスピーカーが4つ付いてました」とその時の様子を振り返ってくれました。福山さんが運転するバイクの後部座席に乗って、夏の北海道をツーリングするのだなんて、ファンにとっては垂涎のエピソードですね。

荘口さんによると、地底人ラジオの帰り際、福山さんは「地底人ラジオで北海道行けないかなぁ…」と言い残して去ったそうです。荘口さんも「いつかアナタの近くの地底にオジャマするかもしれません…」と嬉しいコメントを続けてくれました。

「HBCラジオのスタジオで『地底人ラジオ』の収録…」

リスナーの皆さんだけでなく、我々スタッフにとっても実現が楽しみな話です。

今回は、HBCラジオのために興味深いエピソードを寄せて下さった荘口さん!ありがとうございました。『福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」』は、HBCラジオできょう24日(土)午後10時~11時30分放送です。現金128万7千円が当たるHBCラジオ夏の大感謝週間は、あす25日(日)まで開催されます。

画像をクリックすると特設サイトに移動します ©HBC
『福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」』
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週土曜 22時00分~23時30分
出演者:福山雅治 荘口彰久

※該当回の聴取期間は終了しました。

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ