水を使ってインスタントラーメン?!山下真保子アナが生放送で実食!

©茨城放送

毎週月曜日から金曜日に放送している『HAPPYパンチ!』。午前10時からは、各曜日のアシスタントが気になる情報をピックアップしてお届けする「パンチトピックス」。木曜日は山下真保子アナウンサーが、「カップラーメンとカップうどんに水を入れて作っても食べられるのか」を生放送で実験しました。

山下アナ「今日の番組テーマは『インスタント』でなので、これににちなんだ話題をお届けします。たかとりさんはインスタント食品を食べる機会はありますか?」

たかとりさん「んー、以前ほどではないけど食べることはありますね。」

山下アナ「たまに食べるという方多いと思います。私もその一人です。最近コロナウイルスのニュースも多く心配ではあるのですが、地震などの自然災害のニュースもあって、防災を意識する機会が増えていると感じています。食品も含めて、防災グッズを用意しておくことはとても重要ですよね。」

たかとりさん「そうですね。」

山下アナ「もしもの時にあると安心する食品といえば…インスタント食品かなと。ただ、緊急時にはインスタント食品を作るためのお湯を用意するのが難しいですよね。」

たかとりさん「確かに状況によってはなかなか難しい時がありますよね。」

山下アナ「お湯があれば簡単においしくインスタント食品が食べられますが、緊急時にはお湯を沸かすことが困難な場合も考えられます。そこで今日は、インスタントラーメンとインスタントうどんに水を注いで作ってみました!30分くらい前に水を注いでいたんですが…」

たかとりさん「ほ、ほう…。」

山下アナ「では、あけてみますね!」

たかとりさん「イメージとしては冷麺みたいな感じかな?」

山下アナ「おっ、香りは漂ってきますね。ただ…麺はちょっと固いかな?ほぐしているんですがやっぱり固めですね。お湯を入れるときの量と同量の水を入れたんですが。食べてみましょう。いただきます!」

麺をずるずるとすする山下アナ。リモート出演しているたかとりさんの心配そうな表情が目に見えるように伝わってきます。

たかとりさん「ん?…んっ?」

山下アナ「食べられます!」

たかとりさん「お湯で作ったときと比べて味はどうですか?」

山下アナ「あまり変わらないですね。触感は…ぱさついています。麺が水分を吸い取っていない感じがします。ちょっとかためで…。ただ、だしは吸い取っているのか、味が濃く感じます。」

たかとりさん「水を入れて作るっていうのは何かを見て知ったんですか?」

山下アナ「実は『インスタント食品 防災』で検索してみたら、いろいろな種類の食品で試している人のブログなどが出てきまして。袋麺の場合、封を開けてそこに水をそそぐと15分くらいで食べられるくらいになるそうですよ。」

たかとりさん「水を温めることが難しい場合は、そういう食べ方もできる、ということでしょうかね。」

山下アナ「そうですね。もう一つカップうどんにも水を注いでおいたものがあるのでこちらもいただきます。うどんは…ラーメンに比べるとほとんど水分を吸っていませんね。ほぐれはしますが、とにかくかたいですね。」

たかとりさん「冷やしたぬき的な?」

山下アナ「味はどうかな…うん…あ、まだかたいです。」

たかとりさん「麺の芯が残っている感じ?」

山下アナ「ところどころ芯が残っているだけで、イケますね。味はまさに冷やしたぬきです!味も(先ほどのラーメン同様)濃く感じますね。しょっぱいです。粉末スープが溶け切っていないという可能性もありますが(笑)。」

山下アナ「水をいれた場合のメリットを発見しました。麺がのびないんです!それでも、まあ食べられなくは…ない…というくらいなので、もしもの時には水を使ってもインスタント麺は食べられるということを頭の片隅に入れておいてもいいかもしれませんね。」

たかとりさん「日持ちもしますからね。賞味期限が近付いたら食べて、新しく買ってっていうのを繰り返す習慣をつけておくと安心ですね。」

山下アナ「それに加えて常温のお水を用意しておくといいですね。」


自然災害など「もしものこと」は起きてほしくありませんが、準備も防災のうち。簡単にできることから始めましょう。

HAPPYパンチ!
放送局:IBS茨城放送
放送日時:毎週木曜 9時00分~12時55分
出演者:たかとりじゅん、山下真保子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ