水を使ってインスタントラーメン?!山下真保子アナが生放送で実食!

©茨城放送

毎週月曜日から金曜日に放送している『HAPPYパンチ!』。午前10時からは、各曜日のアシスタントが気になる情報をピックアップしてお届けする「パンチトピックス」。木曜日は山下真保子アナウンサーが、「カップラーメンとカップうどんに水を入れて作っても食べられるのか」を生放送で実験しました。

山下アナ「今日の番組テーマは『インスタント』でなので、これににちなんだ話題をお届けします。たかとりさんはインスタント食品を食べる機会はありますか?」

たかとりさん「んー、以前ほどではないけど食べることはありますね。」

山下アナ「たまに食べるという方多いと思います。私もその一人です。最近コロナウイルスのニュースも多く心配ではあるのですが、地震などの自然災害のニュースもあって、防災を意識する機会が増えていると感じています。食品も含めて、防災グッズを用意しておくことはとても重要ですよね。」

たかとりさん「そうですね。」

山下アナ「もしもの時にあると安心する食品といえば…インスタント食品かなと。ただ、緊急時にはインスタント食品を作るためのお湯を用意するのが難しいですよね。」

たかとりさん「確かに状況によってはなかなか難しい時がありますよね。」

山下アナ「お湯があれば簡単においしくインスタント食品が食べられますが、緊急時にはお湯を沸かすことが困難な場合も考えられます。そこで今日は、インスタントラーメンとインスタントうどんに水を注いで作ってみました!30分くらい前に水を注いでいたんですが…」

たかとりさん「ほ、ほう…。」

山下アナ「では、あけてみますね!」

たかとりさん「イメージとしては冷麺みたいな感じかな?」

山下アナ「おっ、香りは漂ってきますね。ただ…麺はちょっと固いかな?ほぐしているんですがやっぱり固めですね。お湯を入れるときの量と同量の水を入れたんですが。食べてみましょう。いただきます!」

麺をずるずるとすする山下アナ。リモート出演しているたかとりさんの心配そうな表情が目に見えるように伝わってきます。

たかとりさん「ん?…んっ?」

山下アナ「食べられます!」

たかとりさん「お湯で作ったときと比べて味はどうですか?」

山下アナ「あまり変わらないですね。触感は…ぱさついています。麺が水分を吸い取っていない感じがします。ちょっとかためで…。ただ、だしは吸い取っているのか、味が濃く感じます。」

たかとりさん「水を入れて作るっていうのは何かを見て知ったんですか?」

山下アナ「実は『インスタント食品 防災』で検索してみたら、いろいろな種類の食品で試している人のブログなどが出てきまして。袋麺の場合、封を開けてそこに水をそそぐと15分くらいで食べられるくらいになるそうですよ。」

たかとりさん「水を温めることが難しい場合は、そういう食べ方もできる、ということでしょうかね。」

山下アナ「そうですね。もう一つカップうどんにも水を注いでおいたものがあるのでこちらもいただきます。うどんは…ラーメンに比べるとほとんど水分を吸っていませんね。ほぐれはしますが、とにかくかたいですね。」

たかとりさん「冷やしたぬき的な?」

山下アナ「味はどうかな…うん…あ、まだかたいです。」

たかとりさん「麺の芯が残っている感じ?」

山下アナ「ところどころ芯が残っているだけで、イケますね。味はまさに冷やしたぬきです!味も(先ほどのラーメン同様)濃く感じますね。しょっぱいです。粉末スープが溶け切っていないという可能性もありますが(笑)。」

山下アナ「水をいれた場合のメリットを発見しました。麺がのびないんです!それでも、まあ食べられなくは…ない…というくらいなので、もしもの時には水を使ってもインスタント麺は食べられるということを頭の片隅に入れておいてもいいかもしれませんね。」

たかとりさん「日持ちもしますからね。賞味期限が近付いたら食べて、新しく買ってっていうのを繰り返す習慣をつけておくと安心ですね。」

山下アナ「それに加えて常温のお水を用意しておくといいですね。」


自然災害など「もしものこと」は起きてほしくありませんが、準備も防災のうち。簡単にできることから始めましょう。

HAPPYパンチ!
放送局:IBS茨城放送
放送日時:毎週木曜 9時00分~12時55分
出演者:たかとりじゅん、山下真保子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ