イーアスつくばiスタジオから公開生放送!マシコタツロウ「このライブ感たまらないね!」『IBS MUSIC STATE』

©茨城放送

月曜日から金曜日13時から放送している『IBS MUSIC STATE』。毎週水曜日は、作曲家・作詞家・シンガーソングライターなど多方面で活躍しているマシコタツロウさんが担当です。

茨城放送では、新型コロナウイルスの感染拡大防止および東京都他への緊急事態宣言の発出に伴い、当面の間、番組内容・出演者を一部変更してお送りしてきましたが、6月24日(水)から通常通りイーアスつくばiスタジオから公開生放送を再開しました。

いつもであればマシコさん一人でお送りする『IBS MUSIC STATE』ですが、リモート放送でサポートに入っていた菊地真衣アナも“リモート卒業記念出演”としてイーアスつくばiスタジオに向かいました。

合言葉は”かえってどーも‼”大人気コーナー「マシコの青なじみ」ーradiko news

マシコさん「みなさんこんにちは!マシコタツロウです。水曜日の午後いかがおすごしでしょうか。今日は!なんと!やっとです!念願のイーアスつくばiスタジオからお送りしています!」

公開放送を楽しみに来てくれたリスナーさんたちが「イエーイ!」「おかえりー!」と歓声をあげてくれました。

マシコさん「せっかく公開スタジオから放送ってことで、記念ですよ!特別です。リモート出演の間スタジオでフォローしてくれていた菊地真衣アナウンサーがスタジオに来てくれました!」

菊地アナ「このリモートの間で、相手の姿が見えないなりの空気感がつかめるようになってきました。」

マシコさん「ほんとだよね。やっぱいいね、顔が見えるってのは。」

マシコの青なじみ

茨城県民の歌」をBGMに毎週約10分間、リスナーから送られた日常の他愛のない出来事をマシコさんが茨城弁全開で読み上げ、茨城弁でコメントを返します。「マシコの青なじみ」を拡大した特別番組は2016年日本民間放送連盟賞の優秀賞を受賞するなど認知度も高まってきている名物コーナーです。

かえってどーも!」はこのコーナーの合言葉。リモート放送をしている間は、本社スタジオで手が空いたスタッフが集まってコール&レスポンスをしていました。

マシコさん「かえってどーも!」

かえってどーも‼(観覧者)

聴いているこちらも驚くほどの大きな声が返ってきます。

マシコさん「うおー!やっぱこれだどな。このライブ感だっぺよね!いやどうも。やっぱこれ(かえってどうも)は茨城にいるときに使う言葉だよ。アーバンなとこ(東京の自宅)で言っても心に響かなかったもん。真衣ちゃんも記念にやってみ!」

菊地アナ「いいんですか?では…かえってどーも!」

かえってどーも‼(観覧者)

菊地アナ「うわっ!気持ち良い!」

マシコさん「やっとみんなの顔見ながらこのコーナーできっとな。」

イーアスつくばiスタジオでの公開放送が復帰となりましたが、観覧の際はソーシャルディスタンスを保ち、マスク着用等感染症予防をお願いいたします。

マシコタツロウさんがお送りする『IBS MUSIC STATE』は毎週水曜13時から放送中!

IBS MUSIC STATE
放送局:IBS茨城放送
放送日時:毎週水曜 13時00分~15時55分
出演者:マシコタツロウ、菊地真衣
番組ホームページ

※この番組は終了しました。

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ