MiC「大地の食材には大地の塩を!」『CONNECT』

100点満点のスマイル! ©茨城放送

『CONNECT』は週の前半、元気に迎えたい夕方に、MiCさんと水間有紀さんがそれぞれのパーソナリティを活かしてお届けする情報エンターテイメント番組です。30代・東京在住ならではのトレンド情報や音楽、トークでリスナーをナビゲートしていきます。月曜日と火曜日はMiCさんがパーソナリティを務めます。

ぽよよん王子が見つけたものとは…

MiCさん「今日は7月最初の月曜日ですね。最近ね、コロナウイルスの対策として、スタジオにアクリル板を設置しているんですよ。目の前にあるですけども、マイクのオンオフを切り替えるスイッチ、カフがね、どうしても手に当たって、“ぽよよーん”っていうことから、月曜スタッフの中で“ぽよよん王子”という名で呼ばれてまして。今日は鳴らさないぞ!と思ってカフを手繰り寄せたんですよ。そしたらね…カフの下からピーナツが出てきました。」

MiCさん「そのピーナツをね、優しく、今日のニュース・天気予報担当の高信さんがお掃除してくれました。」

ニュースの合間に高信さんがオンエアでない場所で話しかけてくれました。

高信さん「ピーナツ、ごめんね!捨てちゃって!」

ーいえいえ、いいんです。むしろお掃除させてしまいスミマセン。

お塩推しのMiC「塩」を語る

月曜日から水曜日の『CONNECT』内16時20分ごろからは、「#(ハッシュタグ)」。パーソナリティーが気になる話題やトレンド情報をチェックしてリスナーの脳内に新しい情報をタグ付けしていくコーナーです。

MiCさん「無類の塩抜き、私MiCがあなたに美味しさを引き立ててくれるお塩の素晴らしさ、そして夏野菜とかね、夏に食べる食べ物をより美味しく感じられるようなお塩をご紹介していこうと思っております。」

MiCさん「お塩って、調味料としては欠かせないわけですけど、お塩ってさ、その素材があってそこにお塩振って食べるってなったら素材の美味しさをそのお塩次第でどのぐらいまで上げられるかっていうことになってくるわけじゃないですか。ものすごく大事な素材だと思うんですよ 。」

塩に対する熱い思いを語るMiCさん。家には何種類もの塩が常備されているとか。

MiCさん「今でこそ塩って調味料というイメージがありますが、昔はめちゃくちゃ貴重だったんですよ。古代ローマだと軍人の人とかね、あと建物建てる人とか、労働者ですよね。そういった人達に塩を配るのがご褒美だったんです。いわばお給料代わりに塩を渡していたんです。ラテン語のサラリウムっていう言葉が語源となって、サラリーいわゆるお給料をもらう人をサラリーマンという風に呼んでいるそうです。そう言った言葉が出てきたくらい塩はもうとてつもなくご褒美だったわけですね。」

MiCさん「実はね塩って工業用の塩もあるんです。家電製品プラスチック製品だとかコンピューターのその部品とかも塩が使われています。家のソファーであるとかいろんな製品が、もし塩がなかったと仮定すると存在しないくらい塩って生活になくてはならないものなわけですよ。一方食べる方の塩なんですけれども、体に血液が巡っていますよね。その血液などの体液に、イオンの状態で溶け込んでいる塩の成分、それが細胞の内側と外側のいわゆる浸透圧というの調整してくれる機能を持っています。またこのバランスがですねた食べ物から栄養素を吸収するのにすごく役立っているので、塩分が足りないとせっかく栄養価の高い食べ物を食べたとしてもそれがうまく体に取り込めないっていうことが起きたりします。」

自民・田村元厚労相「世界の中では抑え込んでいる」……コロナ対策について辛坊治郎と生対論

8月5日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する同番組の今回は、元厚生労働大臣で、自民党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の本部長、田村憲久衆議院議員に現在の新型コロナウイルス対策についてインタビューを行った。

田村憲久衆議院議員・辛坊治郎

この日は、元厚生労働大臣で、自民党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の本部長・田村憲久衆議院議員に自民党内での議員の意見や、政府の新型コロナウイルス対策をどう考えているのかを訊いた。

辛坊がまず訊いた質問は「自民党の議員の皆さんは現状をどう考えているのか」。

これに対し田村議員は、「それはいろいろな方がいる。『緊急事態宣言を出した方がいい』という方、『出すべきじゃない』という方、『そもそも今は4月と比べてどの段階なのか』と聞く議員もいる」と回答。

その後、感染者数や重症者数といった様々発表される数字について、何が大事な数字なのかを辛坊と田村議員で議論。田村議員は「例えば酸素吸入器の稼働率でみたらどうか」と提案。そのうえで、「今はG-MIS(新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム)という仕組みができているので、その病院でどういう機器が動いているかが把握できるようになっている。例えば、酸素吸入器とか人工呼吸器がどこでどれくらい動いているかが分かるということ。ただし、この数字に関しては、4月頃の数字がないから比較することができない」と話した。

辛坊が、「このまま冬に突入して、インフルエンザや他の病気も含めて発熱する方が増え始めたら大変ことになるのでは?」と問いかけると、田村議員は「現在、厚生労働省や政府に様々お願いをしている。例えば発熱外来を作っていただき、発熱した方がそこでインフルエンザとコロナウィルスのPCR検査をしていただくとか。ただ、インフルエンザの検査は、多いときに1日20~30万人が受診することがある。そうするとPCR検査も同じ数を検査しなければならい(現在は抗原検査も含めて6万件程度)。もちろん、その場での感染防止・クラスター防止対策も含めてなかなか難しいオペレーションとなる」と答えた。

辛坊が「答えづらいだろうけど……」と前置きしたうえで「政府の対応をどう評価するか」と訊くと、「なかなか答えづらい(笑)」と前置きしつつ、「世界の中で見ると抑え込んでいるように見える。イタリアは、新しい生活様式として、みんなマスク着用、ハグをしない、靴を履いて家の中に入らない、というようなことを実施して新規感染者100人ぐらいになっている。日本の習慣は有効なのではないか。それも含めて強制力のある法律がない中では頑張っているのでは」と一定の評価をしていた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月~木曜 15時30分~17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ