シンガーxiangyuが電話出演!「足の裏を蚊に刺されてかゆいのが地獄で…」『CONNECT』

©茨城放送

毎週月曜日から水曜日16時から放送している『CONNECT』。月曜日と火曜日はMiCさんがパーソナリティーを担当しています。8月18日火曜日の放送には今話題のシンガーxiangyu(シャンユー)さんが電話出演しました。

MiCさん「では呼んでみましょう!シャンちゃん!」

xiangyuさん「はあーい、よろしお願いします!」

MiCさん「いきなり馴れ馴れしくてすいません。よろしくお願いします!」

xiangyuさん「よろしくお願いします!」

MiCさん「もうめちゃくちゃ気になってるというか、感性を鷲掴みされておりまして!」

xiangyuさん「ありがとうございます!」

xiangyuの名前の由来は…本名?!

MiCさん「xiangyuって名前すごく気になります。」

xiangyuさん「由来ですか?ええと、“香る魚”と書いて香魚(こうぎょ)と書くんですが、中国語では“シャンユー”と発音するんですね。その言葉の意味が、日本語でいうと魚の鮎なんですよ。それで、わたしの本名がアユなので…」

MiCさん「え、それ言っちゃっていいんですか?!」

xiangyuさん「言っちゃって大丈夫です!結構みんな知ってるんで!」

MiCさん「(笑)」

xiangyuさん「それと、“X”から始まるアーティストさんって日本にあまりいないなって思って。気に入ってます。」

実は音楽をはじめたのが最近で…

MiCさん「音楽を始めたきっかけを教えてください。」

xiangyuさん「音楽始めて2年半くらいなんです。音楽歴とデビュー歴が私一緒なんですよね。」

MiCさん「え、そうなんですか?!」

xiangyuさん「音楽活動は一切やってませんでした。今26歳で、だいたい18歳くらいずっとファッションの方で洋服作るアーティストとしては活動していました。」

MiCさん「そうだったんですか。」

xianguyuさん「作った服なんかを展覧会とかに出してて、そのイベントを見た今のマネージャーが一『緒に何か音楽やらない?』って急に声をかけてくれたんです。6年くらい間があいてしまいましたが、2年半くらい前にちょっとね、急に色々新しいことにチャレンジしてみたくなって始めて今、っていう感じです。」

普段の何気ない体験のメモから生まれる楽曲

MiCさん「どこか引っかかるものがあったんですね。ファッションにしても、その独創性というかセンスを感じたっていうことなんでしょうね。」

xiangyuさん「そうかもしれません(笑)。その当時ホームセンターにはまっていて。ホームセンターで買える軍手とかブルーシートで服を作って、それを着てまたブルーシートとか軍手買いに行く、みたいな表現の仕方をずっとしていました。マネージャーさんは、その姿を見て声をかけてくれたので、マネージャーさんも相当変わった感性の持ち主なんだと思います。」

MiCさん「物事のとらえ方に独創性があるなと思っていて。その感性からどうやって音楽作ってるんだろうっていうところにものすごい興味があります。」

xiangyuさん「歌詞にしたいなあっていう題材はいつもメモとかで書きためてて。最近だったら…足の裏を蚊に刺されてすごい痒くて地獄だなって思ったんですよ。“足の裏を蚊に刺されてるって地獄だな”って曲作ろうって思ってメモしたりとか。

MiCさん「すげー(笑)!」

xiangyuさん「それと、『風呂に入らず寝ちまった』って曲があるんですけど、それも家帰ってきて風呂入って寝たいけど、風呂までの1mぐらいが5kmぐらいに感じるなって思って書き留めておいたりとか。そういうしょうもないこと、友達とかにも言わないようなくだらないことを全部メモしている節があって。私メモ魔なので、ちっちゃいことでもすぐメモしてますね。」

7月24日リリース「Y△M△」

MiCさん「7月24日に新曲『Y△M△』がリリースされました。どういった曲なんでしょうか?」

xiangyuさん「私の趣味が登山なんですよ。山の中で見つけたいろんなモチーフ、例えば すれ違う人と『ハロー』ってやるよねって。東京とかでは隣近所のことすら知らないのにねって。あと、山の中で食べるおむすび最高!とかそういうモチーフを歌詞に散りばめてて。いまはなかなか気軽に山にもでかけられませんが、また自由に行動ができるようになったら登山もしたいなって思ってもらえるような曲に仕上げました。」

MiCさん「ジャケットにはアクションカメラを頭に乗せている写真が使われていますね。」

xiangyuさん「これ私の頭の写真で。一人で登山することが多いんですが、カメラを片手に持っていると両手が使えなくて不便なので頭にカメラをのっけています。Spotifyっていう音楽のストリーミングサービスで新曲『Y△M△』を再生してもらうと、頭につけているカメラで撮った動画が流れるようになってます。」

MiCさん「ミュージッククリップもこのカメラで撮った映像なんですね!歌詞も注目してほしいですが、映像も一緒に楽しんでもらいたいですね。」

CONNECT
放送局:IBS茨城放送
放送日時:毎週火曜 16時00分~18時55分
出演者:MiC、xiangyu
番組ホームページ

ハッシュタグは「#ibs_co」

※この番組は終了しました。

有吉、「都道府県魅力度ランキング」故郷・広島県の順位に不満!?「ベスト5に入るくらいの県だから!」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。10月18日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の関太と松崎克俊を迎えてお送りしました。


(左から)松崎克俊、有吉弘行、関太



有吉は、10月14日(水)に発表された「都道府県魅力度ランキング2020」について切り出します。昨年まで7年連続の最下位に沈んでいた茨城県(42位)と打って変わって、今回最下位となったのは、栃木県。

「最下位は、(栃木県出身の)U字工事のほうだな。で、(茨城県出身の)カミナリが上にあがったということで、(ライバル関係が)面白いですけどね」と有吉。自身の出身地である広島県は、前年の15位から少しランクダウンし、18位という結果に「魅力度ランキングは“誰に(アンケートを)取ってんだ”って感じですよね。広島県は、ベスト5に入るくらい魅力のある県だから、(ランキングの結果に)いつも不満だなぁと思っているけど」とチクリ。

一方、1位に輝いたのは12年連続と、もはや不動の貫禄漂う北海道。有吉は、「北関東のあたりって、東京都、埼玉県、千葉県に比べると、一緒くたにされて田舎みたいなイメージがあるから、(ランキングが)なかなか上がってこないよな。その点、北海道や(3位の)沖縄県は、独自(=独自色がある)だもんな……広島県もけっこう独自だと思うんだけどね」と感想を口にしつつも、「余計なお世話だと思いますよ。47都道府県、どこも魅力がありますから!」とバッサリ。

さらには「どこが1番とか2番とか決めているようなランキングは信じないですよ。みんな(実際に)行ってみてないんでしょ? 行ってみないと! 行ってみたら(その土地土地で)絶対にいいところがあるから!」と熱弁。「でも、みんなが旅行に行くのは、(新型コロナが)落ち着いてからかな。新たな魅力を見つけてほしいなと思います」と話し、実際に足を運んで自分の目で確かめることを勧める有吉でした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国19局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ