自然にあるものはなんでも遊び道具になる!「日本アソシエーション図鑑」『CONNECT』

©茨城放送

日本全国モノの数だけあるといっても過言ではない「〇〇協会」という団体。歴史が深いものから、どうして協会になったんだ?と思うものまでさまざまです。協会=アソシエーションの図鑑を作ってしまおうというコーナーです。この日は日本冒険遊び場づくり協会を取り上げました。

MiCさん「NPO法人日本冒険遊び場づくり協会地域運営委員で茨城を担当されている山岸主門(やまぎしかずと)さんと電話がつながっています! よろしくお願いします!」

“冒険遊び場”の発祥は海外

MiCさん「協会の設立はいつごろですか?」

山岸さん「だいたい20年前ですね。色んな経緯があるんですけれども、協会として法人化したのが2003年です。」

MiCさん「色々な経緯があってということですが、今の協会の前身となる活動があったんですか?」

山岸さん「もともと“冒険遊び場”っていうもの、“プレーパーク”とも言うんですけれども、だいたい40年ぐらい前に外国でできたものが日本に取り入れられたんです。地域の方や行政とうまく協力しながら国内でスタートしたのがだいたい40年ぐらい前ですね。東京を中心に少しずつ動き始めて、だんだんノウハウが積み重なって協会が設立されました。」

MiCさん「山岸さんは茨城県を担当されているそうですが、協会全体はどのくらいの規模感で活動しているんですか?」

山岸さん「活動している団体がだいたい400ぐらいあります。プレーパーク、冒険遊び場そのものは500個以上あるんじゃないかっていうふうに考えています。」

協会の活動内容は?

MiCさん「子供達が安心して遊べる場所として、プレーパークっていうのが公園とまた別にできてきたんですか?」

山岸さん「そうですね。安心できるとかワクワクする気持ちもとても大切なんですが、安心を過度に強調しすぎると制約、つまり、『こうしましょう』みたいなルールに縛り付けられてしまうことが多くなってきたりする傾向があります。そういった状況を、地域の住民が主役になって、できるだけ子ども自身が“遊びを作る遊び場”を作っていこうということで活動しています。」

MiCさん「地域の人たちが中心となって新たに作っていこうという意図が協会の軸になっているということでしょうか?」

山岸さん「はい。それぞれ“プレーパーク”という名を打たずに、子供の居場所、遊び場を作ってきた団体ももちろんありますし、それも大事です。また、『こんな遊びができたらな』という要望があった時に私たちが『この場所とこの場所をつなげて、こんなふうにしたら面白くなりそうだね』という提案をする、という役割かと思ってます。」

“冒険遊び場”“プレーパーク”の定義とは

MiCさん「冒険遊び場づくり、プレーパークという言葉で表されますけども、そもそもプレーパークの定義ってどういうものなんでしょうか。」

山岸さん「実は、冒険遊び場づくり協会で今考えてるところなんです。冒険っていう言葉ワクワクドキドキする、子供がやりたいっていう気持ちがそのままできるだけ実現される場所づくりをしていきたいと思っています。自由に自然のものを使ったり、そこにある水とか木とか草とか、そういうものを使うことで、子供自身がやりたいと思った気持ちを引き出していければなと。『そんなとこで汚しちゃだめだよ』と親御さんたちは言ってしまいがちですが、野外には家の中では体験できない刺激もたくさんあるんですよね。その刺激ってどんどん変化し続けるんです。天気も変わり季節も変わりそんな中で感覚を磨きあげられる場づくりを展開していくってことを大事にしています。」

茨城の地の利を活かした遊び場づくり

MiCさん「大人の人達でもこうアウトドアが再注目されていて、屋外の楽しみ方っていうのが見直されてる時だなって僕は感じてるんですけども、この冒険遊び場づくりという観点から見ても変化を感じてらっしゃいますか?」

山岸さん「茨城県内の冒険遊び場は3月から5月はお休みして、6月から少しずつ再開しはじめたんですね。茨城県内では今12箇所あります。おやすみの期間中、自分たちの活動を見直すきっかけになりました。たとえば遊具を点検してちょっと老朽化しているのを見つけると、『これって本当に必要なものかな?』って。遊具に頼らなくても、自然にあるもので子供って何でも遊んじゃうよねというところに気づけたところが一番大きいのかなと思っています。」

MiCさん「この冒険遊び場づくりっていう観点から見た時に茨城県の特色ってどんなところにあると思いますか?」

山岸さん「茨城県には12のプレーパークがあるとお伝えしました。自然が充実している豊かな森でやってるところもあるし、アクセスを重視した街の中の公園でやっているところもあるし、地域の人とのつながりを大事にするっていうところで公民館の横の山でやってるところもあります。つくば市だとか牛久市は行政もしくは民間でやっているコミュニティマーケットがあって、その一角の林でプレーパークを創出しています。プレーパークだけを目的に足を運ぶのではなく、大人もフリーマーケットで楽しめてこどもはプレイパークで楽しめる、こういう場づくりをしているところが茨城の特徴かなと思っています。」

MiCさん「立地とかそういった場所の自然をいかした、あるいはその大人も子供も楽しめるようないろんなものをそれぞれのプレーパークに用意しているんですか?」

山岸さん「子供が何かしたいと思ったときに遊べるものってなると、身近なもの一番いいと思うんです。どこかでお金出してわざわざ買ってこなきゃいけない、じゃなくて石でも綺麗な水でも、土でも、そういうものが自由に比較的使える場所が結果的にプレーパークになっていくんだと思います。」

誰でも気軽に来られる場所に

MiCさん「今後、日本冒険遊び場づくり協会として遊び場を提供していくというのはもちろんだと思うんですけども、今後の展開していきたいこと、今気づいてこうやっていきたいことがありましたら是非教えてください。」

山岸さん「プレーパークの他にも、子ども食堂だとか学校に行かない選択をした子供がくるフリースクールとか、子供が集まる場所って色々あるんですね。私自身フリースクールに携わっているんですが、そういった場所でなければ自分の気持ちを吐き出せない子供もいるわけですその子たちが気軽に来られる場所、ちょっと歩いて行ける場所っていうところを作り出していきたいと思っています。」

CONNECT
放送局:IBS茨城放送
放送日時:毎週火曜 16時00分~18時55分
出演者:MiC

ハッシュタグは「#ibs_co」

※この番組は終了しました。

◆心理テスト◆ 体を洗い始める場所でわかる!? あなたの「変身願望」チェック


※写真はイメージです


乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」生活の“現場”で感じるモヤモヤやザラつきなどをリスナーとともにスッキリさせていきます。10月20日(火)の放送では、心理テスト「体を洗い始める場所でわかる!? あなたの『変身願望』チェック」にチャレンジしました。

パーソナリティの山崎怜奈



朝、目が覚めたら「どこかの誰か」になっていないかな……そんなふうに考えてしまうことも、一度くらいはあるのでは? 日常に不満がなくても、「“自分ではない何か”に変身してみたい!」と夢見ることは、よくあることです。心理テストで、心の奥にある本当の自分を探ってみましょう。

【質問】
1日を終えて、すっかりお疲れのあなた。心も体もリフレッシュするため、お風呂に入ることにしました。お風呂場に入って、まずは体を洗うことに。さて、あなたはどこから洗い始めましたか?

1.髪の毛
2.顔
3.上半身(おなか・背中)
4.手や腕
5.下半身(腰・足)


番組パーソナリティ・乃木坂46の山崎怜奈(れなち)が選んだ回答は「髪の毛」。果たして、その結果は……?

【解説】
「体を洗う」という行為には、「自分の嫌な部分を取り除きたい」という願望が潜んでいます。その嫌な部分が、自分の本質に近い場所であればあるほど、自分ではない存在になりたいという願望も強くなると言えます。選んだ場所で、「あなたの変身願望」がどのくらい強いかが、わかります。

【解答】
1.髪の毛……変身願望40%「スポーツ選手のように元気になりたい!?」
髪の毛には「生命力」という意味があります。今のあなたは、肌や体力に年齢を感じてしまうようなことが増えているので、元気いっぱいなアスリートに対する憧れが強くなっているようです。「若い頃に戻りたい!」という思いのほうが強いのかも? まずは、軽い運動からスタートしてみては?

2.顔…変身願望……80%「異世界転生してやり直したい!?」
顔には「性格」や「ペルソナ(人格)」という意味があります。今のあなたは、自分の性格や人間関係があまり気に入っていないのかもしれません。いっそのこと生まれ変わって、「まったく違う人生を送りたい!」と思うこともありそう。まずは、新しいコミュニティに飛び込んで、気分転換するのもいいかもしれません。

3.上半身(おなか・背中)……変身願望15%「今の自分で頑張りたい!」
おなかには「安心感」、背中には「意志」や「精神力」という意味があります。今のあなたは、なかなか前に進めない自分に苛立ちを感じることがあるようです。しかし、それを投げ出すのではなく、やりきる力をつけたいと考えているようです。とても素敵なことではありますが、くれぐれも無理をし過ぎないように。

4.手や腕……変身願望50%「スーパーヒーロー・ヒロインになりたい!」
手には「考え方や生き方」、腕には「労働」や「実力」という意味があります。今のあなたは、これまでのキャリアや生き方に不満を抱えているようです。いきなり凄い力を身につけて、アニメや映画のキャラクターのように活躍したいのかも。今まで積み重ねてきた経験や実績を冷静に振り返れば、案外そんな活躍をしているのでは?

5.下半身(腰や足)……変身願望95%「鳥になって自由になりたい?」
腰は「経済力」、足には「計画性」や「行動力」という意味があります。今のあなたは、これからのことを考えるような余裕もなく、自由を求める気持ちが強くなっているようです。そのため、鳥や猫など、ぜんぜん違う動物になって、「自由気ままに過ごしたい」と思うこともありそうです。とにもかくにも、今はゆっくり休む時間を作ることが大切かもしれません。

“髪の毛”を選んだ山崎は、「私、運動全然しないんです。腹筋も本当にないのよね……。腕立て伏せも1回もできないんですよ……。体力をつけます!」とコメントしました。

*  *  *

自分でも気づかない「変身願望」がわかりましたか?

叶わないとわかっていても、「自分以外の何かになれたら……」と考えるのは楽しいですよね。たまには空想にふけって、日頃のストレスから開放されてみるのもいいかもしれません。

■監修者プロフィール:草彅健太(くさなぎ・けんた)
池袋占い館セレーネ所属。鑑定件数は若い女性を中心に7,000件を超え、占いイベントや心理テスト、アプリの監修も手がける。また、イベントMCや声優としての活動もしており、芸能関係者の依頼も多い。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
YouTube:https://youtu.be/tFabcuFPGWo

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月28日(水) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

Facebook

ページトップへ