まるで自宅?ハナレグミ x リリー・フランキー脱力放送

ハナレグミ(写真右)、リリー・フランキー ©InterFM897

毎月第2・4日曜日よるのInterFM897は、ハナレグミ(永積 崇)がお届けする『レディオ デ チャカチー』。つもる話とグッドミュージックであなたのお耳をくすぐっちゃいます。6月23日は、ゲストにリリー・フランキーを迎えて都内某所のスタジオからお届け。リリーさんとともにお送りするコーナーは・・・

『レディオ  デ  ジャーニー』旅にまつわるエトセトラをハナレグミ流にご紹介。 あなたの旅心もくすぐっちゃうというものです。リリーさんの旅にまつわるお話も・・?

『何にも答えられやしないけど』世にも珍しい、ゆる〜いメール相談室。日々のちょっとした疑問から、割とディープな悩みまで何でも送ってみてください。多分、何も答えられやしないけど・・・脱線もしちゃうけど・・・リリー・フランキーさんとともにお答えします。

リリー・フランキーとのつながり

永積:ようこそお越しくださいました!

リリー:こんばんわ〜。久しぶりよね?半年くらい?そんなことない?

永積:そうかも。(野田)洋次郎と飲んだお店であった時以来だから・・。

リリー:今日も、タカシ(ハナレグミ)とラジオだって言ったら、「どっか行くんだったら教えてください」って。無視しておいたけど。

永積:なんでですか!教えてくださいよ(笑)リリーさんと最初にお会いしたのは、リリーさんの事務所が代官山にあった時に、対談で伺ったりとか?シモキタ(下北沢)のあそこでも飲みましたよね?

リリー:「LADY JANE」。

永積:奥に椎名林檎さんとかもいた。

リリー:そうだった!なんか前に僕がラジオやっていた時に、タカシがシークレットでゲストに来てくれて。俺が失恋して全然ラジオやりたくないし、行きたくないし。しかも夜中2時のラジオの生で。そしたらいきなりタカシが「歌本」もってきて。俺は何も聞いてなくて、そしたら「最近、リリーさん元気ないっていうから」「リリーさん、俺の歌好きだから、今日なんか言ってくれたら歌本の中から俺、何でも歌うから」って。ずっと最後まで、俺が「歌本」で指差したものを歌いまくってたという。

永積:ありましたね。

リリー:「あの時の『マドベーゼ』のテイクが俺は一番好きだ!」って、小倉の寿司屋の大将が言ってた。その人、勝手にダビングしてかけまくってた。

2人:(笑)

宿題を出された時に本領発揮

永積:『海よりもまだ深く』は4年前ですかね?

リリー:あれほんと好きな映画でしたね。

永積:是枝(裕和)監督の作品で、リリーさんが俳優で出演されていて、僕が音楽をやらせてもらって。

リリー:でも本当さ、あの時の、例えば「深呼吸」とかもそうだけど、やっぱりミュージシャンの人って、宿題を出された時に今まで自分の閉じていたものを出しやすいというか。「深呼吸」とかなかなか宿題がないと作らなそうな曲じゃない?

よくあるのよ、俺がコラムとかエッセイは本当に考えているものを書くものなんだけど、そこがあけすけだから本当の心の奥のものを意外と書いてないのよ。小説を書くときは作り話じゃない?だから主人公に本当に思っていることを迂闊(うかつ)に言わせちゃうときがある。だから宿題がある方が、本当に自分が考えていることを書いてしまうことがあるよね。

永積:確かにそうですね。映画のエンディングの「深呼吸」に関しては、監督のあの映画があまりにもあのタイミングで自分の心情と重なることが多くて。

リリー:また、是枝さんとタカシが地元が一緒っていうね。

永積:そうですね、西東京。

リリー:あの辺の空気の匂いを知っている人の、なんかね。

永積:色とか・・・。それが他県の人から見たら、それはそれで自分の街と一緒だなと見えるのかもしれないけど、自分では自分の時間が映りまくっていて。逆にそういうフィルターみたいなものがあるから、今リリーさんが言っていたみたいに、確信に書きやすいのかな。監督がなんでこの映画に自分を誘ってくれたんだろうって。

リリー:芯食っていてバッチリじゃないですか?あの映画の中でさ、俺なんか毎日いいことないからさ、(樹木)希林さんがラジオ聴きながら、阿部(寛)さんに言うじゃない?「幸せっていうのは、なにかを諦めないと手に入らないものかもしれないよね」みたいな。あのセリフが日々沁みていますよ。

永積:今も鳴っているんですか?(笑)

リリー:もっと鳴り始めた!諦めなきゃいけないんですかね?・・・じゃあ、1曲め「深呼吸」行きますか?

――と、ここで「これ、全然生演奏verでもいいですよ」と、スタジオ生演奏を始める永積。

リリー:俺、これカラオケでこれを歌ったら、いつでも泣ける装置ができているんですよ。

永積:この「深呼吸」は、映画できた後も、本当にああいう歌と歌詞でよかったのかな?っていうのがずっとあって。でもその後、リリーさんがメールで「すごいいい曲書いたね」って一言がきて、それで・・・。

リリー:そんな一行だったの?それ、ほぼダイイングメッセージ!

永積:あれで、完成したんだって思ったんだよね。

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ