25曲の洋楽カバーも収録!竹内まりや40周年記念アルバム「Turntable」

Barakan Beat ©InterFM897

日曜の夜、ピーター・バラカンが深く愛する古今東西の音楽を徹底的にご紹介するプログラム『Barakan Beat』。9月1日は、ゲストに歌手の竹内まりやさんをお迎えしました。

幼いころThe Beatlesを聴いて、ロンドンに行くのが夢だった

Peter Barakan(以下、Barakan):初めまして!

竹内まりや(以下、竹内):初めまして。お招きありがとうございます!

Barakan:まりやさんは40周年で3枚組の「Turntable」というCDを出されて。ジャケットもとっても凝ってて、ご本人が大きなターンテーブルの上に乗っかってるという。すごく洒落たジャケットですよね。

竹内:良かった。このアイデアは自分で出したんです。

Barakan:この3枚のCDは、それぞれ企画が違うんですよね。

竹内:そうですね。DISC 1はベストアルバムからこぼれてしまった楽曲を集めて、DISC 2は私がアイドルの方たちとかに書いた曲をセルフカバーしたものやレアな音源を集めて。DISC 3は洋楽のカバーを25曲集めました。全部で62曲入ってます。欲張ってしまったんですけど(笑)。

Barakan:すごい数ですよね。洋楽カバーの半分以上がThe Beatlesで。シングルで大ヒットした曲はなくて、どちらかというと初期のものが多いですね。The Beatlesの初期のレコードはリアルタイムで聴いてました?

竹内:私はそうですね。兄貴とか姉貴が6つ上とかだったし、いとこ達に影響を受けたり。もともと両親が洋楽が好きだったのでレコードに目覚めて。小学生だったので同じくらいの友だちはThe Beatles聴いてなかったんですけど、うちに帰ると毎日聴いていました。だからその当時から、 Barakanさんも住んでらしたロンドンに行きたいなっていうのが夢だったんですよ。どうやってイギリスに行こうかなって、ずっと考えてるような子どもでした。

Barakan:高校の時にはアメリカに留学されてますよね。

竹内:イリノイ州ですね。シカゴから西の方に車で3時間くらい行ったところです。その1年間は、どっぷりラジオ文化に浸りまして。シカゴ・ソウル的なものも毎日聴いてましたし、色んな文化が私の中に入りました。The EaglesだったりThe Bandだったり、Van Morrisonとか。James Taylor、Joni Mitchell、色んなものを聴きましたね。

Barakan:黄金時代ですね。向こうでは英語ばっかり?

竹内:はい。しばらくは何を言ってるかわからなかった。段々慣れていって、英語で夢を見られるようになったのは半年後くらいかな(笑)。

Barakan:すごい。今回のアルバムを聴いていて、発音がいいので驚いたんです。色々と調べてみてなるほど、と。

竹内:ありがとうございます。私の場合は「耳英語」で、幼いころからThe Beatlesを聴いていると「Paul(McCartney)はこんな感じで発音してたな」「John(Lennon)が歌うと、こういう風に聴こえるな」というのを真似してただけなんです。

Barakan:でも大事ですよ。語学は、ほとんど物まねが基本ですから。

竹内まりや

洋楽カバーは課外活動、 生きがいになってます

Barakan:まりやさんはこうしたカバーを、「まりやのクラブ活動」と題してるんですよね。どのくらい前から?

竹内:15年くらい前からかな。最初は洋楽のレーザーカラオケとか、カバーできる音源を集めてやってたんですけど、どうしても音質が悪いとかキーが合わないとかあったので、だったら、もう録っちゃおうかって。楽曲に合わせてメンツを集めて。趣味の世界です(笑)。

Barakan:で、(山下)達郎さんのラジオ番組で披露すると。

竹内:それが積もり積もってDISC 3が25曲(笑)。楽しいんですよね、アマチュアに戻れるというか、単純に、自分が好きな歌をやれるので。普段はテーマをいただいたり、ドラマをいただいたりしてそれに合わせて歌詞を書いたり自分で探しつつ作って、曲調は暗いのにしてくださいとか、明るいのにしてくださいとか言われて書いているので。達郎にドゥー・ワップがあるように、私にとっては、この課外活動があると生きがいになるんですよね。

Barakan:素敵だと思います。誰かのために作るだけだと大変ですもんね。

竹内:でもポップミュージックっていうのは、たくさんの人に聴いてもらってというのがあるので。そこは考えつつ、別の部分はとにかく自由に。その部分がDISC 3で溢(あふ)れてます。

Barakan Beat
放送局:interfm
放送日時:毎週日曜 18時00分~20時00分
出演者:Peter Barakan
番組ホームページ
公式Twitter

メール:barakan@interfm.jp
ハッシュタグ: #barakanbeat

※該当回の聴取期間は終了しました。

今日の運勢占い5月26日(日)12星座占いランキング第1位は乙女座(おとめ座)! あなたの星座は何位…!?

2024年5月26日(日)の毎日占い「12星座ランキング」を発表!
ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」では、今日の運勢や今週の運勢、心理テストなどを配信中です。2024年(令和6年)5月26日(日)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ所属・占い師の莉瑠(リル)さんが占います。「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」第1位は乙女座(おとめ座)! あなたの星座は何位……?





【1位】乙女座(おとめ座)
恋愛運が好調で楽しいことが広がりやすい運気の日です。クリエイティブな才能も開花しやすい日なので、抽象画などを描いてみるのも良さそうです。

【2位】牡牛座(おうし座)
今日は成長につながりそうな日。今日は自分自身の感覚を大切に過ごすと、とても良い選択ができそうです。海外に関することに触れてみるのも良さそうです。

【3位】山羊座(やぎ座)
好調な運気で楽しい1日を過ごすことができそうです。今日は、新しいものを購入したり、新しいことを始めたりすると運気アップに。挑戦してみたいことがあるのなら思い切ってチャレンジをしてみましょう。

【4位】蟹座(かに座)
対人運が好調です。真剣な交際相手やパートナーを求めている人にとってはチャンスの日なので、積極的に行動ができると素敵なご縁がありそうです。良いビジネスパートナーが見つかる場合もありそうです。

【5位】魚座(うお座)
人付き合いが広がりやすい運気です。特にグループや複数の人と関われると良さそうです。今日は特に聞き手になることを意識できると、面白い情報をキャッチすることができそうです。

【6位】牡羊座(おひつじ座)
仕事運が好調で忙しい1日となりそうです。仕事が休みの場合も、やらなくてはいけないことがいろいろと出てきてしまいそうです。1人で抱えすぎず、上手く周りを頼りながら進めることを意識して過ごしてみましょう。

【7位】蠍座(さそり座)
コミュニケーション運が好調で、友達やきょうだいなど身近な人との交流が深まりそうです。メールなどのやり取りも増えそうな日なので、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

【8位】水瓶座(みずがめ座)
今日はインスピレーションが湧いてきやすい日なので、心の声や感じることを素直に受けとめられると良さそうです。瞑想をするなど、心が落ち着くことを意識して過ごしてみましょう。

【9位】天秤座(てんびん座)
今日はお家で過ごす時間を大切にできると良さそうです。部屋の掃除や、断捨離をすると良い運気が入ってきそうです。夜はゆっくりとお風呂に浸かり、早めの就寝がおすすめです。

【10位】射手座(いて座)
金運が好調です。副業や新たな収入源の開拓を意識して過ごせると、今後のためになりそうな良い情報が入ってきそうです。SNSで情報収集してみると良いかもしれません。

【11位】双子座(ふたご座)
今日はいろいろな情報が入ってきて、迷いやモヤモヤした気持ちが出てしまうかもしれません。迷ったときは信頼できる友達に相談をすると良さそうです。

【12位】獅子座(しし座)
疲れが出やすい日です。今日は頑張りすぎず、なるべく休むことに徹すると良さそうです。温泉や銭湯などリラックスできる場所に行くのも◎

【今日の一言メッセージ】
木星が牡牛座から双子座へと移動するので、これからの運勢に大きな変化がありそうです。26日前後からの変化や直感的に感じることは意識を向けてみると良いでしょう。まずは冷静な視点で変化を観察してみましょう。

■監修者プロフィール:莉瑠(リル)
占い館セレーネ所属。10代に占いに出会い、勉強、コミュニケーションなど苦手な部分を克服。成績も最下位からトップに。OL、芸能活動を経て、悩みやコンプレックスを持つ方に寄り添いたいと本格的に占いの世界に進出。SATORI電話占い月間ランキング連続1位。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ:https://online-uranai.jp/

Facebook

ページトップへ