結成10年目のtricot「みんなのこと好きやなって気持ちが溢れました」

tricot

毎週土曜日、お茶の間で大人気のユージがInterFM897から送る全力投球プログラム『TECHNOS COLLEGE Young Blood』。11月2日の放送では、先日、「総合学院テクノスカレッジ」で行われた公開収録の模様をお届け。ゲストにtricotを迎え、トークショーとライブをお送りしました。

メンバーの入れ替えも「ナチュラルに入っていけました!」

ユージ:みなさんは今年で結成9年目ということで。

中嶋イッキュウ(以下、中嶋):今は10年目に入ったんですけど、9年を迎えました。

ユージ:一緒にいる時間長いですよね。昔と今で変わったことありますか?

中嶋:メンバーは2、3年前にドラムが新しく入って変わりました。

ユージ:じゃあ雰囲気は変わりました?

中島:変わらなかったです。いい意味で。この女子3人組に入ってきて大丈夫かなと思ったんですけど、特に何も変わらなかったので素晴らしいです。

ユージ:それを聞いて吉田さんはどうです?

吉田雄介(以下、吉田):褒め言葉として受け取っておきます(笑)。変わらずいていただけるなら、それで。

ユージ:吉田さんはどういう気持ちでした?入った時。

吉田:それが身構えもせずナチュラルに入っていけました。

ユージ:なんででしょうね?今まで3人でやってきたので絆とかもあるし、っていろんなこと考えますよね?

吉田:それを考えて行って、入ったらまあいけた!みたいな。

ユージ:それは3人の器の広さかもしれないし、吉田さんがどんなところにも入っていける力があったのかもしれないし。

中嶋:多分、後者ですね。吉田さんが溶け込むのが上手です。私たちは受け入れるのが下手なので(笑)。

ユージ:今年で10年目、メジャーデビューは最近ということで、何か変わりました?

中嶋:今までは自分たちで考えなければいけなかったのが、人がアイデアを出してくれるようになってすごく楽になりました。やるべきことに集中できるようになりました。

ユージ:今年の9月25日にメジャー1stシングル「溢れる」をリリースしました。これにちなんで、メンバーの気持ちが溢れてしまった瞬間ありますか?

中嶋:9月に周年企画で仲のいいバンドに出てもらって、「みんなのこと好きやな」って気持ちが溢れました。

ユージ:tricotが声をかけてバンドに出てもらって、改めて好きだなと(笑)。

中嶋:自分らが好きだから呼んだんですけどね(笑)。

ユージ:tricotといえば、メンバーの個性的なネーミングが曲にも表れていて、例えばメジャーデビュー前の曲の「おちゃんせんすぅす」とか。これはどうしてそういう名前になったんですか?

中嶋:これはふざけて喋ってる時に「ぜんぶ中国語っぽく喋ってみよう」ってなった時にオレンジジュースのことをそう呼んでたんです。そのまま歌詞にしてタイトルにしました。

ユージ:いい感じに力抜けててサイコーでした。あとは「爆裂トリコさん」。これもすごいと思いました。tricotといえば、ライブが盛り上がってますよね。昨年はイギリス、アメリカツアーもやったということで。ここが良かった、みたいなところありました?

中嶋:アメリカはノリがすごいですね。爆発してます。イギリスはもうちょっとしっかり聴いてくださってる感じ。

吉田:日本の感じに近くて、安心感はありました。

TECHNOS COLLEGE Young Blood
放送局:interfm
放送日時:毎週土曜 20時00分~21時00分
出演者:ユージ
番組ホームページ
公式Twitter

ハッシュタグ:#yb897
メール:yb897@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

水樹奈々、シンフォギアライブでの裏話を披露!〜11月27日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

今回の放送回では11月20日(日)にベルーナドームにて開催された「シンフォギアライブ2020→2022」について語った。
今回のライブは、本来は2020年に開催が予定されていたものの、感染症の影響を考慮し延期されており、約2年の時を経て遂に開催となったものだった。

水樹「先日無事に開催してきましたよ〜!」
福圓「お疲れ様でした!」
水樹「生憎の雨で本当に寒い中の開催になったんですけど、最後まで思いっきり盛り上がって下さってありがとうございました。
あのね!私たちも舞台上での衣装が薄着で歌ってる時の吐く息が白いの。」
福圓「え?舞台上でですか?」
水樹「そう!もう寒くて寒くて!」
福圓「照明もあってそれは相当凄いですね…。」
水樹「もう寒過ぎる!芯から冷えた!ベルーナドームは有難いことに何度も歌わせていただいているんですけど、いつも私が立たせていただくのは7、8、9月の夏場なんですよ。」
福圓「本当だ。」
水樹「初めて11月の半ば過ぎで、こんなにも寒いのか!って思いました。前日のゲネ(最終リハーサル)をさせていただいた時は晴れてたからまだひんやりするな、くらいだったんだけど、一気に気温が下がって。私トップバッターだったから、まず水樹奈々としてゲームの主題歌や挿入歌を歌わせてもらったんだけど、体はキンキンなわけよ(笑)しかも、前日もすごい大渋滞してて、都心から車で2時間くらいかかって。」
福圓「あら、かかりましたね。」
水樹「遅れちゃうと半野外ってこともあって音止めの時間があるから「もう楽屋に行かずにこのまま舞台袖に車を横付けしてください!はい、このままテントに入って早替えして、マイク持って、歌って!」って言われて「え?!はい!METANOIA!」みたいな。」
福圓「流石すぎる(笑)」
水樹「だからもう体がビックリしちゃって(笑)」
福圓「全然準備ができずに。」
水樹「声出しもできないし、大渋滞でずっと座って固まったままでアップもできずに、来て着替えてスタジアムダッシュよ。当日もすごい混んでやっぱり2時間くらいかかったの。ついてメイクして着替えてもう出番で。しかも、METANOIAからのFIRE SCREAMからのFINAL COMMANDERよ。」
福圓「カロリー激高!」
水樹「普段最後の方に歌うやつを3連続よ!本当にまた修行をさせていただいたな、と思いましたね。」

とコメント。
「段取りが多くて、 みんなと1回しか合わせてないから緊張したけど楽しかった!」と当日の様子を興奮気味に語った水樹。
天候や渋滞のアクシデントはあったものの、1人のライブとはまた違ったチームの良さがあるライブになったと語った。

「水樹奈々 スマイルギャング」11月27日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20221127233000

Facebook

ページトップへ