占い王子yuji「宇宙の気を天気予報的に報道するのが、僕流の星占いです」

写真左から田中里奈、yuji ©InterFM897

青文字系ファッション誌を中心に活躍中のモデルの田中里奈が、InterFM897で土曜の夜にお届けする30分『Feel the moment』。誰かからのいいねじゃなく、自分のいいなを大事にする!今、この瞬間を楽しみ、田中里奈が感じるInternational、Music、Fashion、People、Trend等を発信します。12月21日は、占い師のyujiさんをゲストにお迎えしました。

鑑定の旅に出て、改めて自分を振り返ることができた

田中里奈(以下、田中):前回来ていただいたのは去年の6月ということで。お元気にしてましたか?

yuji:おかげさまで。最近はもはや、いろんなことをやり過ぎて何屋なのかよくわからないことになってきて。もうプロフィール変えようかな、くらいの感じで思ってますけども。

田中:プロフィール変えるって看板を変えるようなものじゃないですか。どんな感じに変えたいんですか?

yuji:詳細と肩書き両方ですかね。自分でも、いかがわしい仕事してますってよくいうんですけど、結局「いかがわしいA」が「いかがわしいB」に変わったところで何も変わらないかなって思ってて(笑)。例えば歌手の人がこういう仕事に変わるってなったら相当覚悟決めると思うんですけど、僕の場合はイタリア帰りのデザイナーって肩書きを捨てた段階でだいぶ「清水ダイブ」しちゃってるんで。あんまり劇的に変わる感はないかもしれないですね。

田中:ハハハ(笑)。実は今回、yujiさんにお礼を言いたくてお呼びしたところもあって。前回来てくださったときに「この一年どう過ごしたらいいの?」って話になった時にyujiさんが「人生に余白があるといいよ」っておっしゃってくれて、それに感銘を受けて。そこから余白制度を導入したんですよ。そしたら燃費が良くなって。超ありがとうございます。

yuji:いえいえ、こちらこそ。

田中:yujiさんは日本全国バーター鑑定の旅に出てたんですよね。

yuji:そうです。ホームの渋谷を離れて、外に出て個人鑑定をして。なおかつ普段はキャッシュで鑑定料をもらっていたんですが、それ以外で払ってもらうことにして。原始的な物々交換ですよね。そして人をつなぐのはTwitterとかホームページとかのデジタルで、アナログとデジタルのハイパーミックスみたいな。そんな企画をやってきたんですけど、いろんな人にお会いして300人ぐらいと繋がることができて。いろんな意味でブレイクスルーというかマインドセットが変わった感じでしたね。

田中:SNSではちょこちょこ覗いていたんですけど、実際どんな旅だったんだろうなーって。例えば宿とか、一日どういう風に過ごしてたのかなーって。

yuji:東京にいるときは、朝起きていつものルーティーンをしてお客さんを見て・見て・見て、連載の原稿を書いて就寝って感じだったんですよ。でも外に出ると、某バーターAさんとの待ち合わせが北口なのか南口なのかっていうところや、そこに行くまでに何時何分にどうするのかまで、僕一人で。その辺の事前チェックとか、宿の予約とかバーターさんを誰にするか決めたりとか、鑑定をインスタやホームページにあげる原稿書くみたいな。結構スパルタな自分を追い詰める感じでした。でも、一期一会じゃないですけど毎日違うところに泊まって違う景色を見て、あとは地元に人に教えてもらって一緒にご当地グルメを食べたりとか。それってやっぱりプライスレスというか。自分で旅行に行って旅行サイトに載ってたとこでご飯食べるのも、それはそれで楽しいと思うんですよ。でも、そこに第三者が加わることで全く違う景色になるのがありがたかったです。

田中:唯一無二ですよね、そういうのは。

yuji:抽象的な表現になるんですけど、僕の地元は香川で、どこ住んでるのって言われたら東京って答えるんです。逆に故郷はって聞かれちゃうと、もはやなんか故郷が日本になるというか。全国でいろんな人とご飯を食べたりして濃い時間を過ごしてきて、全国にマブダチを作ったような感じなんですよ。すごく実りがありました。

田中:場所が変わると普段と思考回路が変わるじゃないですか。普段じゃない生活をして、新しい発見とかありましたか?

yuji:人を鑑定する仕事なんで自分のことはわかってるつもりでしたけど、意外とこういうところに重きを置いてるんだなとか、こういうのが自分には必須なんだなという感じで、改めて自分を振り返ることができたのはあります。ホテル暮らしの方っていらっしゃるじゃないですか。僕もそういう感じはあったんですけど、外で暮らしてみて毎日違うベッドやマグカップ、空調のなかで過ごして「自分って毎日身の回りのものが変わるってちょっとノイズに感じるというか、意外とホテル暮らし向いてないんだな」ってことに気づいたんですよね。家とか買うつもりなかったんですけど、今はこだわりの詰まった家建てたいなとか設計したいなとか、マンションリノベーションしたいなみたいな感じに変わってきましたね。

田中:毎日違うマグカップってユウジさんじゃないと出てこない話ですよね。私の中ではパワーワードなんですけど。

yuji:取手とか厚さとか感触とかそういうところとかはこだわりがあるとは思ってましたけど、ホテル暮らしみたいなそういう状況下では受け入れられると思ってたんですよ。で、確かに受け入れられはしたんですけど、極限状態になった時に自分のがないときついってことに気づいて。それは大きな収穫だったなと思ってます。それに気づけただけで、この旅よかったなって思うくらいで。

田中:ちっちゃいことって意外と大きかったりしますよね。

天気予報を知るように「星占い」が生きる上での緩衝材になれたら

田中:じゃあ、まだまだ旅の余韻が残ってる感じですね。

yuji:「旅」ってワードは自分の中で切っても切り離せないと思っていて。18から海外に住んでいたので、まだ見ぬものを見たいというか自分の人生完全燃焼させたいみたいなのはあると思うんですよね。旅が終わって燃え尽きた感でバーンアウトするんじゃなく、休憩した後にまたどこかいきたいとか挑戦したいとか、あとは自分の中で燻(くすぶ)ってることは多いと思うので、もっと違うことにトライしてもいいんじゃないの、と思ってます。

田中:12月14日に新しい著書の「yujiの星読み語り」が発売されました。おめでとうございます。これ通算、何冊目の本ですか?

yuji:ありがとうございます。これは4冊目の本ですね。実は「星」っていつも言ってるくせに、これが初の星本なんですよ。

田中:そうですよね。今回はどんな本に仕上がりましたか?

yuji:何座がどうこうっていうのはいろんな先生がもう本を出してるので、僕らしい切り口がいいかなと思って。2018年、'19年、'20年って重要な星回りでして。レジェンド的な年なのでそこをちゃんと乗り越えるっていうのと、運気を味方につけるためのエッセイと、この世を渡っていく武器が分かっていれば怖くないよっていうオンリーワンの魅力を発見する方法っていうのをまとめていて。なんでそれをしたかというと、星って書こうと思えばめちゃくちゃ書けて、辞書みたいになっちゃうんですよ。でも、今必要なものにフォーカスしてそれがパッとわかる本になったと思います。

田中:これは、旅の最中に書いたんですか?

yuji:企画自体は去年の末ぐらいからあったんですけど、旅の合間に取材とか打ち合わせをして、晴れて年末に出版となりました。

田中:おめでとうございます。これから読むんですけど、yujiさんのTwitterを見ていて、専門的な星のことも書かれていてそういうのはわかんないんですけど、この本はそんな私でも読めますか?

yuji:読めます。ほとんど専門用語は載せてないです。ブログとかTwitterだと上級者の方も見てらっしゃいますし、ビギナーの方もいるので、わざと散らしてるんですよ。複雑な時もあれば、そうじゃないのもあるみたいな。その代わり本には、そういうのがないから読みやすいとは思います。

田中:最近星とか興味ないって人にあったんですけど、旅の中でそういう人に会ったりしました?どういう感じで星の良さとかを説明するのかなと思って。

yuji:僕がよくいうのは、星って天の気なんですよ。天を流れてる気流というか、それを読んでいるので。宇宙の気って書いてもいいんですけど。極端な話、星を信じているからといって地震が来たときに、その人が揺れないわけじゃないですよね?台風の時に無風にはならないですよね?台風とか地震と違う形で宇宙からの影響はあるんだけど、それを天気予報的に報道するっていうのを僕が始めたんです。誰でも影響は受けるので、だったらそれを知っておいて心が軽くなったり、そういう緩衝材とかブースターになればなと思っています。

田中:確かにちょっと調子悪いって思ってもyujiさんがそう言ってたら、なんだ、じゃあいっかなって思えるのはすごくありがたいですね。

yuji:「#すべて星のせい」みたいな。星のせいだからしょうがないじゃん、みたいな。僕らは地球という惑星の一員で地球の影響を受けているはずだから、それを一人だけ受けないのはおかしい話で。そこを伝えたいですよね。あとは変異スピリチュアルに寄せるとイヤな人はいるし、ガチガチのロジックにすると専門用語だらけになっちゃうし、その辺のバランスには気を付けていますね。

yujiの星読み語り
Feel the moment
放送局:interfm
放送日時:毎週土曜 24時00分~24時30分
出演者:田中里奈
番組ホームページ

ハッシュタグ:#feel897
メール:feel897@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ