サラリーマンが世界一周!「仕事も旅も自分にとっては欠かせないもの」

写真左から田中里奈、東松寛文(リーマントラベラー、休み方研究家) ©InterFM897

青文字系ファッション誌を中心に活躍中のモデルの田中里奈が、土曜の夜にInterFM897でInternational、Music、Fashion、People、Trend等を発信する『Feel the moment』。1月11日は、前回に続いてリーマントラベラー、休み方研究家の東松寛文さんをお迎えしました。

サラリーマンしながら世界を旅する「リーマントラベラー」

田中里奈(以下、田中):今週(1/11)もよろしくお願いします!

東松寛文(以下、東松):よろしくお願いします!

田中:今日はこのコーナーから。「あなたの今を教えて!脳内ゲージ大解剖!」とっても簡単です。今この瞬間、脳内ゲージで何が何パーセント占めているか、その割合と項目を教えてください。まずは私から。旅が30。NEWが20。残り50%が余白です!

東松:NEWって新しいってことですか?

田中:もう2020年ですから。気持ちも新たに。昔はなんでもかんでも言語化してて、言葉にした方が考えが深まると思ってたんですけど、感覚のままいさせてみようと思って。余白は、この番組で2週に1回くらい言ってるんですけど、私余白制度を取り入れまして。以前この番組に占星術師の方が来てくださった時に、とにかく断捨離がいいって話をされて。余白を作れば、もっといいものが入ってくるって言われて、ギクッとしたんですよ。スケージュールも頭の中も家の収納も、100あったら150詰めた方がいいって思ってて。

東松:わかります。空いてることが不安になるくらいですよね。

田中:それがいいし普通だと思ってて。余白全然なかったと思って、スケジュールや頭の中も考えない時間とかをあえて作るようにしたんです。すると予想もしなかった面白いイベントにポンと誘われるとか、循環しやすくなって。

東松:余白によって人生が楽しくなったんですね。

田中:めっちゃ楽しくなった。豊かさが増したかな。直観力が増した。

東松:いい話を新年から聞きました!(笑)僕も取り入れます。

田中:東松さんの脳内はどうなってますか?

東松:僕は50%が旅行。残り50%が、仕事!でも1%余白にまわします(笑)。

田中:さすがはリーマントラベラー!いいと思います!

東松:やっぱり仕事あってこその旅行なんで、そこは両方大切にしたいなと思っています。

田中:バランス感覚が本当に良さそうですよね。

東松:でもそれも、仕事の中で培われた感覚かなとは思います。もちろん最初入ったばかりの頃は仕事も大変だったし辛かったけど、でも例えば文章力はやりたくない仕事から生まれたんです。旅行に行かなきゃいけないけど仕事量が減るわけじゃない、そうなるとメールをいかに早く捌けるかとか、相手の返信を待たなきゃいけないので相手が返したくなるようなメールを作るとか。パッと開いた時の見やすさとかも重視して。それも早く帰って旅行に行くため。そういうのを徹底してやったら文章力に繋がってたっていうのはありますね。

田中:すごい。東松さんの文章ってホントに入ってきやすいし、見やすいですもんね。

東松:ありがとうございます。好きなものの中で得られることも多いけど、責任ある仕事の中でも得るものが大きいので、やっぱりどっちも大切にしていきたいなと思います。 あとは僕も社畜寸前の感じで働いてたこともあったので、そういう風に働いてる人がちょっとでも出かけてみようかなって思って欲しいというのもあってやっぱりどちらも大切に、そういう人が目指したくなるような存在でいたいなっていうのはあります。

田中:やっぱり本質的な自由ってどこにいるかじゃなくて、自分の心が決めるんだなって話を聞いていて思いました。

東松:本当にその通りだと思います。オンとオフをきっちり分けていた時もあったけど、今はとにかく、どっちも本気で生きるっていう(笑)。好きなことに向かってるから疲れないんです。

生き方は選んでもいい、旅を通じてそれを伝えていきたい

田中:後半はちょっとメモを覗かせていただきたいと思います。皆さんスマホとかでメモ、したりするじゃないですか。メモって人それぞれすごく個性的で面白くて。

東松:僕、結構ノートを使います。旅の時は現地でお気に入りのノート探して、自分のやりたいこととか価値観とかを書き込んだり。帰りの飛行機では自分自身と向き合って、内省することが多いですね。例えばキューバに行った時、僕大体どこかに行った後は違う国に行きたいと思うんですけど、キューバの時はまた行きたいと思ったんです。その理由がわからなかったんで、帰りの飛行機で考えてたら答えが分かって。

田中:なんだったんですか?

東松:平均年収2万4千円と言われている貧しい国で、でも社会主義なので配給制度もあって医療費も無料、治安はあんまりよくないかなと思って行ったんですよ。現地の人と絡んでると、例えば、うちに来てご飯食べてきなよと言われてごちそうになったりとかして。爆音がしてる家があったからチラッと見たら、中のお姉さんと目が合って「カモン!」って言われてそのまま入ったらダンスを特訓させられ。

田中:ええー!(笑)

東松:僕の想像してなかったおもてなしをされちゃったんですよ。心が豊かな国で、それが忘れられなくて。僕は現地の人と交流するのが好きで、色んな国に行ってどこを見てるかと言えば世界遺産とかじゃなくて、現地の人が普段行くようなスーパーとか市場とか。色んな生き方があるって、日本に居たら気づかなかったなって思ったんです。会社員になるまでこういうものだと思って疑問もなかったですし。でも海外に行ったら生き方って色々あるなって気づけて。生き方って選んでもいいってことをキューバに行った帰りに気づいて、それを発信したいなって思いにつながりました。

田中:すごい、素敵。発信は、オンラインサロンとかで?

東松:そうですね、オンラインサロン、それから講演。最近では小・中学校でも講演しました。世界で見てきたものを伝えながら。あと、僕は小さいころから本を出したいという夢があって、会社員になって諦めたんですね。でも28歳の時にリーマントラベラーとして活動し始めた時に「本を出したいです」と宣言して始めた結果、2年後本を出せて。夢がかなったんです。今はSNSとかもあって、夢をかなえる場所も増えたなと思っていて。子どもたちには諦めてほしくないので、こんな生き方もあるからとにかく声を出してみようと。すると最後にはみんなハイハイハイ!って手を上げて夢を話してくれるんです。

田中:たまらないですね。

東松:子どもたちにも、そういう活動をして行けたらなと思ってます。サラリーマンだからできないってことはないって。夢への一歩ってそんなにはみ出すことじゃなくて、何か1個始めてみようっていう。僕だって仕事しながら旅行に行ってるだけなので(笑)。でもそのくらいでも人生は変わるんです。

田中:ここ数年世の中の意識ってすごく変わってますし、そういう人増える気がします。

東松:時代も変わったし、せっかくなのでやりたいと思ったことを先送りにしないで、やれる方法を考えてみる。考えるだけでも、もう一歩踏み出してると思うので。

田中:なんだかグッときました!

「サラリーマン2.0 週末だけで世界一周」
Feel the moment
放送局:InterFM897
放送日時:毎週土曜 24時00分~24時30分
出演者:田中里奈
番組ホームページ

ハッシュタグ:#feel897
メール:feel897@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

「第1波は乗り切れたが、今後も長い戦いになる」感染症専門医と辛坊治郎が新型コロナの今後を対論

7月13日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する番組再スタートの2週目に突入した。

この日の番組では、急増している東京都のコロナウィルス感染者数について感染症の専門家である寺嶋毅氏(日本感染症学会専門医・日本歯科大学呼吸器内科教授)に電話インタビューを敢行。

まず現状について寺嶋氏は「第1波は日本としては乗り切れた。ただ、思ったより早く患者が増えてきているので、やはり今後も長い戦いになる」と分析した。

辛坊が、重症者数が一時期に比べてだいぶ少なくなっている(東京都の重症者数:7/12時点で5名)原因について聞くと、「大部分は若い人の感染者だということで、無症状や症状が軽い方が多いためだと思うが、高齢者施設や医療機関のクラスターも発生している。この方々の経過を見なければならないこと、若い人でも7日~10日後に重症化するケースもある。感染者の数より遅れて出てくる数字なので」と注意を促した。

今後に関して辛坊が「劇的に効くワクチンや薬が開発されない限り、毎年一定数が感染してしまうインフルエンザのような病気になっていくのでしょうか?」と聞くと「そうなっていくと思います」と答えた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月~木曜 15時30分~17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ