似合う香水で性格まで分かる?「スキンタイプ診断」とは

写真左から田中里奈、杏喜子(「DAWN Perfume」ディレクター、香りスタイリスト) ©InterFM897

青文字系ファッション誌を中心に活躍中のモデルの田中里奈が、InterFM897で土曜の夜にお届けする『Feel the moment』。1月18日は、ゲストに「DAWN Perfume」ディレクターで香りスタイリストの杏喜子さんをお迎えしました。

自分に似合う香りを探してくれる「香りスタイリスト」

田中里奈(以下、田中):よろしくお願いします!まず「DAWN Perfume(ダウンパフューム)」についてご紹介しますね。日本のためのハンドメイド・フレグランスとして2008年に誕生。香りはコロラド州ボルダーに住むパフューマー、ダウン・M・スペンサー・ヒュウィッツさんが調香。画家から調香師に転向した彼女は、アロマセラピストでもあり、類まれなる嗅覚を持ち天然香料を主体とするハンドメイドの繊細な香りづくりを展開。彼女にインスパイアされ、杏喜子さんは日本の風土に合う「DAWN Perfume」を立ち上げた、と。海外のブランドを杏さんが日本のものとして展開しているということでしょうか。

杏喜子(以下、杏):そうなんです。ブランド名も日本だけのもので。調香師はもちろんダウンなので、彼女のプライベートブランドはアメリカにあるんですけども、それをそのまま日本に持ってきても同じようには香らないので。天然香料を主体としているナチュラルフレグランスの特徴として、使う気候などで香り立ちが変わって全然同じように香らないんです。以前から日本人の女性をもっとハッピーにする香水を作りたいなと思っていたので、日本だけのブランドとして「DAWN Perfume」、夜明けって意味で日本にぴったりだなと思って作りました。

田中:素敵ですね。私も以前やってもらったんですが、「スキンタイプ診断」というものがあって。普段はスキンタイプ診断をして買ってもらう感じなんですか?

杏:普段は自由に選んでいただいて大丈夫なものを日本用に展開しています。でも例えば香水に苦手意識があるとか今までこういう香水を使ってきたけどなんか腑に落ちてないとか、そういう時のために不定期なイベントでパーソナルなスキンタイプ診断というコンサルをして、ぴったりな香りをご紹介するということもしています。

田中:本当に香りスタイリストってすごいなと思って。お洋服って目に見えるものだから似合う似合わないって分かりやすいじゃないですか。香りって見えないから似合ってるかどうかわからなくて。自分が好きかどうかだったり、そういうので付けちゃうから。自分に合っているという概念があることを「DAWN Perfume」さんに出会って知って衝撃だったんです。

杏:嬉しいです。本来は感覚的なものなので自分が付けていて嬉しい、ハッピーと思えればそれで100%いいと思うんですけども、意外とご自身で選んだはずなのに途中でなんとなく手が伸びなくなって使いきれないまま次の香りを探して、どんどん使いきれないボトルが増えていってしまうというお悩み相談がすごく多かったんです。それがある程度スキンタイプ診断というのをすることによって予測が付いてくるんですね。こういうタイプの香りをつけると香りが膨らむとか逆にトーンダウンして香りがあまり続かないとか。持続性と変化の予測が自分でもついてくるようになるので選ぶ時のギャップが出にくい。飽きずに1本使いきることができるというのが一番役に立つところですね。

田中:自分の肌に合ったものって思うとそれだけで嬉しくなりますしね。

杏:日本人って周りの方にとって不快になってないかをとても気にする繊細な人種なので、目に見えないからこそこれで大丈夫かっていうところをきちんとセオリーとして知っていただくことによって、自身をもって毎日に香りを取り入れていただけるかなっていうコンサルテーションになっています。

「スキンタイプ診断」で性格も分かる?

田中:人となりとその人に合った香りって、結構マッチしているものなんですか?

杏:してますね。

田中:ちょっと前に美容師さんと話してて、これは私の持論なんですけど髪の毛ってその人の人となりを表してると思って。剛毛の人って剛毛ぽくて、猫ッ毛の人って猫ッ毛ぽくないですか?(笑)。私も見た目は柔らかそうなんだけど、結構真っすぐシャキンとしてるんですよ。だから香りもそういうのあるのかなと思って。

杏:あると思います。傾向がありますね。まず里奈さんの「スイートスキン」。これは日本人にとても多いんですけども、素直で思ってることが顔に出る方。思春期前の子どもがホルモンが出る前の香りって、男女とも概ねみんなスイートスキンなんです。生まれたばかりの赤ちゃんって甘い匂いがしますよね。だからこそか分からないんですが好きなことを仕事にしている人が多かったりとか、分かりやすい方が多い。もう一つ日本人に多いのが「ムスクスキン」。一言で言うと石鹸の香りです。このタイプの方は黙ってても存在感が強かったりとか、競争に強かったりとか。

田中:へー!なるほど。

杏:無臭の方もいます。私も実はそうなんですけど、「ニュートラルスキン」って言うスキンです。全くの無臭ではないものの香りの変化をさせるほどはなくて。なので何をつけてもそのまま香ってくるんです。私は仕事的には便利だったんですけど悩みでもありました。このスキンの人は、簡単に言うと理屈っぽい人が多いかな(笑)。

田中:自己紹介!(笑)。

杏:分析、観察が好きな人ですかね。

田中:杏さん、超絶感覚派かと思ってました。

杏:最初は感覚で入るけど、それをみんなに伝えるには、となるとすごくロジカルになりますね。新作を作っている時はそれだけになってしまって日常生活に支障が出るくらい(笑)。普段聴いてる音楽、ロックとか楽しい音楽とかは聴けなくて、唯一クラシックだけは聴けるという生活になっちゃいます。

田中:「DAWN Perfume」はどのくらいの種類の香りがあるんですか?

杏:今14種類あって、15種類目を仕上げているところです。

田中:おおー!いつ頃出来るんですか?

杏:もう香りは1年以上前に完成していて、みなさんにご紹介できるのが5月の終わり。新緑の時期にというイメージで。今回の香りは一番最初にインスピレーションがあったのは4年くらい前だったんですけども、なぜかそこから仕上げようという気持ちが動いていかなくて。後から湧いてきた香りを先に仕上げていくことになったんですね。で、去年令和になって元号が変わるってなったタイミングで、急激に今だ!って思って。

田中:令和になって、急に世の中の空気感が変わりましたもんね。

杏:動きが変わりましたよね。ひしひしと感じてます。今回の香りは三部作で、第一楽章から第三楽章くらいをイメージして作っているので、三部までは頭の中にあって。

田中:すごい!私の知ってる香りの概念がすごく表層的で、その向こう側を見せつけられている気がします、今(笑)。新作も楽しみです。

杏:ありがとうございます!

Feel the moment
放送局:interfm
放送日時:毎週土曜 24時00分~24時30分
出演者:田中里奈
番組ホームページ

ハッシュタグ:#feel897
メール:feel897@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

130万円の壁問題 「化石のような考え方を変えろ」辛坊治郎、夫+パート専業主婦が『モデル世帯』という前提に異議

辛坊治郎が2月1日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。辛坊は、岸田文雄首相がいわゆる「130万円の壁」について対応策を検討すると表明したことについて、社会保障や税の制度のベースとなっている「モデル世帯」という考え方を抜本的に変えろと指摘した。

衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=2023年2月1日午前、衆院第1委員室 ©産経新聞社

岸田首相は2月1日(水)、衆議院予算委員会で女性の就労抑制につながっているなどと指摘される、いわゆる「年収130万円の壁」に関する質疑で、政府として対応策を検討する考えを表明した。

これについて辛坊は「こういった制度の前提になるのが、いわゆるモデル世帯というもの。夫が正社員のフルタイムで働いて、妻が専業主婦でパートで働く。そのパートも社会保険料等が発生しない、夫の扶養家族の中に入るぐらいの額の“パートの主婦”。そして子どもが2人」これが国が前提とするモデル世帯だと解説。「このモデル世帯というものをベースに年金、その他全部決まっている。そのモデル世帯自体が、今どき化石のような話。その根本を変えなければ、少子化だって何ともならない」と語り、社会保障や税の制度設計の前提を抜本的に変えなければ、小手先の対応では意味がないと指摘した。

さらに「そこまで大胆な改革をやろうという政治家、政治勢力が出てこない」と不満を漏らし、「このままいくと、すべてが先細りになる」と危機感をあらわにした。そのうえで「こういうことによって女性が本気で働こうと思ったときに、損しちゃうからやめておこうということでいうと、経済なんか成長しないわけだし、日本が成長しないひとつの大きな理由になっている」とも語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ