「無礼メン」から「BREIMEN」へ!初のアルバムもリリース

BREIMEN、ユージ

毎週土曜日、お茶の間で大人気のユージがInterFM897から送る全力投球プログラム『TECHNOS COLLEGE Young Blood』。1月25日の放送は、ゲストにBREIMENを迎えてお送りしました。

「無礼メン」から「BREIMEN」へ、初のアルバムもリリース!

ユージ:よろしくお願いします。高木祥太さんを中心にこのバンドが始まったってわけですね。

高木祥太(以下、高木):そうなんです。2015年にジャムセッションで知り合って。その後に当時のボーカルが脱退しちゃって、成り行きで僕がベース、ボーカルをやってて。

ユージ:2015年の時は漢字の無礼にカタカナのメンで「無礼メン」として活動してたんですよね?この時は文字通り無礼な感じだったんですかね?

高木:どうだったんでしょう。ちょっと見た目とかもみんなスーツでグラサンみたいな感じで、J-POPをバキバキにした際どい歌を歌って喧嘩売ってるみたいなコンセプトだったんですけど、なんか厳しいな、となって(笑)。

サトウカツシロ(以下、サトウ):ボーカルがハゲてて、ちょっといかつい人だったので。

ユージ:何歳ぐらいの人なんですか?

高木:今31くらいで。ボーカルが抜けて見た目的にもオラオラしてないっていうのと、僕がずっと曲書いてたんですけど、僕が歌うってなったらあんまりコンセプチュアルにできなくなっちゃって。それで、もう違うバンドだから名前変えようってことで今回のアルバムを出すタイミングで改名しました。

ユージ:それで英語表記のBREIMENになったんですね。そして、2018年から5人の新体制がスタートしたわけですが方向性とか変わったりしてますか?

池田優太(以下、池田):音楽性は変わってきた気がします。以前はオラオラポップってコンセプトだったので。

ユージ:オラオラポップに変わる新しいキャッチコピーってあります?

サトウ:なかなか思いつかないんですよね。なので今日ユージさんに考えてもらおうと思って(笑)。

ユージ:キャッチコピーって難しいですよね。

高木:僕たちもすごい考えて、結局マネージャーにお願いしたら適当なのが返ってきて(笑)。一応僕らの音楽はジャパニーズファンクって感じらしいんですけど。

ユージ:なるほど。ただキャッチーかって言ったら別にって感じですよね(笑)BREIMENは今年2月5日に初の全国流通盤「TITY」をリリースすると。このタイトルの意味は?

高木:みうらじゅんさんの漫画に「アイデン&ティティ」ていうのがありまして。映画にもなってるんですけど、それがめちゃくちゃ好きで。その映画で麻生久美子さんが演じる役がティティで。そして今回のアルバムの曲を見たら全部女の子のこと歌ってるなって思って、それで僕にとってのティティはなんなんだろうってところからタイトルを決めて。収録曲にはアイデンってタイトルの曲があるんですけど、ティティっていうタイトルができてから作った曲で。この曲でこのアルバムをまとめようと思いました。

ユージ:ティティって英語のスラングで「おっぱい」って意味なんですよね。

高木:この間、友達に言われて初めて気づいて。女の子のこと歌ってておっぱいならいいのかなって思います(笑)。

フロントマン・高木祥太の好きなタイプは?

ユージ:メッセージが来てます。「質問です。祥太くんの好きなタイプを教えてください」

高木:このスタジオに来る途中にカツシロと「好きな女の子のタイプを聞かれたらなんて答えるか決めてきた?」って話をしてて。絶対そんな質問ねーだろって思ってたんですけど、まさか来るとは(笑)。好きなタイプはあんまりなくて、共通してるのは目が大きいっていうのと、自分のスタイルがあるというか、そういうのがある人がいいですね。

ユージ:カツシロさんはそれを聞いてどう思いますか?

サトウ:僕が彼と長年付き合ってきて導き出した答えとしては、童顔でおっぱいが柔らかい女の子。

高木:ふざけんなよ(笑)。

ユージ:じゃあ、池田先生は?

池田:普通のことだけど、笑顔が可愛いとかね。あとは何事にも一生懸命でいるとか。

ユージ:例えば、彼女に呼ばれたい名前ってあります?

池田:呼んでくれるんだったらなんでもいいんですけど、池田でも優太でも。先生以外なら(笑)。

ユージ:結構ペアルックとかできるタイプ?

池田:あんまりこだわりがないので、これしてよって言われたら是非喜んでっていうスタンスだと思います。

ユージ:池田さん、味わい深いなあ(笑)。メッセージまた来ました。「お休みの日はどうしてますか?メンバー同士で遊びに行ったりしてますか?」とのことです。

高木:休みはBREIMEN内だと僕とカツシロと、あとメンバー外の2人の合わせて4人でよく温泉に行きますね。そのメンバーで遊んだりはします。池田先生とはプライベートで遊んだことない気がします。

池田:ビリヤードとかやったじゃん!

高木:ああ確かに(笑)。

ユージ:一応メンバーは仲良いんですよね?(笑)。

高木:ええ!

TECHNOS COLLEGE Young Blood
放送局:interfm
放送日時:毎週土曜 20時00分~21時00分
出演者:ユージ
番組ホームページ
公式Twitter

ハッシュタグ:#yb897
メール:yb897@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ