「無礼メン」から「BREIMEN」へ!初のアルバムもリリース

BREIMEN、ユージ

毎週土曜日、お茶の間で大人気のユージがInterFM897から送る全力投球プログラム『TECHNOS COLLEGE Young Blood』。1月25日の放送は、ゲストにBREIMENを迎えてお送りしました。

「無礼メン」から「BREIMEN」へ、初のアルバムもリリース!

ユージ:よろしくお願いします。高木祥太さんを中心にこのバンドが始まったってわけですね。

高木祥太(以下、高木):そうなんです。2015年にジャムセッションで知り合って。その後に当時のボーカルが脱退しちゃって、成り行きで僕がベース、ボーカルをやってて。

ユージ:2015年の時は漢字の無礼にカタカナのメンで「無礼メン」として活動してたんですよね?この時は文字通り無礼な感じだったんですかね?

高木:どうだったんでしょう。ちょっと見た目とかもみんなスーツでグラサンみたいな感じで、J-POPをバキバキにした際どい歌を歌って喧嘩売ってるみたいなコンセプトだったんですけど、なんか厳しいな、となって(笑)。

サトウカツシロ(以下、サトウ):ボーカルがハゲてて、ちょっといかつい人だったので。

ユージ:何歳ぐらいの人なんですか?

高木:今31くらいで。ボーカルが抜けて見た目的にもオラオラしてないっていうのと、僕がずっと曲書いてたんですけど、僕が歌うってなったらあんまりコンセプチュアルにできなくなっちゃって。それで、もう違うバンドだから名前変えようってことで今回のアルバムを出すタイミングで改名しました。

ユージ:それで英語表記のBREIMENになったんですね。そして、2018年から5人の新体制がスタートしたわけですが方向性とか変わったりしてますか?

池田優太(以下、池田):音楽性は変わってきた気がします。以前はオラオラポップってコンセプトだったので。

ユージ:オラオラポップに変わる新しいキャッチコピーってあります?

サトウ:なかなか思いつかないんですよね。なので今日ユージさんに考えてもらおうと思って(笑)。

ユージ:キャッチコピーって難しいですよね。

高木:僕たちもすごい考えて、結局マネージャーにお願いしたら適当なのが返ってきて(笑)。一応僕らの音楽はジャパニーズファンクって感じらしいんですけど。

ユージ:なるほど。ただキャッチーかって言ったら別にって感じですよね(笑)BREIMENは今年2月5日に初の全国流通盤「TITY」をリリースすると。このタイトルの意味は?

高木:みうらじゅんさんの漫画に「アイデン&ティティ」ていうのがありまして。映画にもなってるんですけど、それがめちゃくちゃ好きで。その映画で麻生久美子さんが演じる役がティティで。そして今回のアルバムの曲を見たら全部女の子のこと歌ってるなって思って、それで僕にとってのティティはなんなんだろうってところからタイトルを決めて。収録曲にはアイデンってタイトルの曲があるんですけど、ティティっていうタイトルができてから作った曲で。この曲でこのアルバムをまとめようと思いました。

ユージ:ティティって英語のスラングで「おっぱい」って意味なんですよね。

高木:この間、友達に言われて初めて気づいて。女の子のこと歌ってておっぱいならいいのかなって思います(笑)。

フロントマン・高木祥太の好きなタイプは?

ユージ:メッセージが来てます。「質問です。祥太くんの好きなタイプを教えてください」

高木:このスタジオに来る途中にカツシロと「好きな女の子のタイプを聞かれたらなんて答えるか決めてきた?」って話をしてて。絶対そんな質問ねーだろって思ってたんですけど、まさか来るとは(笑)。好きなタイプはあんまりなくて、共通してるのは目が大きいっていうのと、自分のスタイルがあるというか、そういうのがある人がいいですね。

ユージ:カツシロさんはそれを聞いてどう思いますか?

サトウ:僕が彼と長年付き合ってきて導き出した答えとしては、童顔でおっぱいが柔らかい女の子。

高木:ふざけんなよ(笑)。

ユージ:じゃあ、池田先生は?

池田:普通のことだけど、笑顔が可愛いとかね。あとは何事にも一生懸命でいるとか。

ユージ:例えば、彼女に呼ばれたい名前ってあります?

池田:呼んでくれるんだったらなんでもいいんですけど、池田でも優太でも。先生以外なら(笑)。

ユージ:結構ペアルックとかできるタイプ?

池田:あんまりこだわりがないので、これしてよって言われたら是非喜んでっていうスタンスだと思います。

ユージ:池田さん、味わい深いなあ(笑)。メッセージまた来ました。「お休みの日はどうしてますか?メンバー同士で遊びに行ったりしてますか?」とのことです。

高木:休みはBREIMEN内だと僕とカツシロと、あとメンバー外の2人の合わせて4人でよく温泉に行きますね。そのメンバーで遊んだりはします。池田先生とはプライベートで遊んだことない気がします。

池田:ビリヤードとかやったじゃん!

高木:ああ確かに(笑)。

ユージ:一応メンバーは仲良いんですよね?(笑)。

高木:ええ!

TECHNOS COLLEGE Young Blood
放送局:InterFM897
放送日時:毎週土曜 20時00分~21時00分
出演者:ユージ
番組ホームページ
公式Twitter

ハッシュタグ:#yb897
メール:yb897@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ