ソールドアウトした注目のイベント「InterFM897 Tokyo Scene Live vol.3」の見どころは?

SONIC RADIO ©InterFM897

2月3日のInterFM897『SONIC RADIO』は、同じくInterFM897で毎週金曜日夜に放送中の『Tokyo Scene』が仕掛けるライブイベントの第3弾「InterFM897 Tokyo Scene LIVE vol.3」を特集。

東京の音楽シーンにフォーカスする『Tokyo Scene』主催ライブが開催!

Shaula:今日のゲストはクリエイティブマン邦楽部担当の阿部さん、そしてInterFM897のこのイベントのプロデューサーのエミカさんです!こんばんは。

阿部:よろしくお願いします。

エミカ:よろしくお願いします。

Shaula:InterFM 897「Tokyo Scene LIVE」のコンセプトを語っていただきたいんですけども。

エミカ:『Tokyo Scene』 って番組自体が若者にフォーカスしてるので、このライブも番組を聴いてくれている若者にこちら側が会えるっていうか。お客さんもこちらに会えて体験できるってコンセプトで3年前に始まったイベントです。

Shaula:第1回はどういうアーティストが出演したんですか?

エミカ:第1回は2017年で、KANDYTOWN、WONK、DATSの3組だったんですけど、番組の中でマンスリーアーティストっていう、番組がフックアップしたいアーティストが毎月あって。出演者もせっかくだからその中から決めた方が番組との関わりも示せるしっていうところで、KANDYTOWNもWONKもDATSもマンスリーアーティストをやってくれていたアーティストだったので、この3組が開催の時はアツかったというか。

Shaula:2018年はVolume 2。LIQUIDROOM(リキッドルーム:渋谷区)でやったんですね。広いじゃないですか!

エミカ:そうなんです。1回目やってみて行けるなっていうのがあったので、調子に乗って、もうちょっとキャパ増えても行けるかなみたいな。

Shaula:で、この時のゲストがKing Gnu、MIYACHI。MIYACHI大好きなんですよ。阿部さん仲が良いって聞いたんですけど。

阿部:そうですね。僕もMIYACHIすごく好きで、こないだもDMきました。MISIAさんとのコラボ曲めっちゃいいねって呟いたら、「阿部さんどう思いましたか?」ってDMきて(笑)。

Shaula:そこは真面目なんですね(笑)。

阿部:そこから真面目に長いメール返したら、返信がなかった(笑)。

Shaula:(笑)。他にも家に泊まったって話も聞いたんですけど。

阿部:忘年会やったりとか親交あります。

「Tokyo Scene LIVE 2020」、注目の出演者は?

Shaula:「Tokyo Scene LIVE」、開催が2月5日で、もう直ぐですね。会場がTSUTAYA O-EAST(渋谷区)なんですけど、DJセットで番組DJのYonYonさんも出演するということで。ライブアクトはtofubeats、chelmico、yonawoの3組なんですけど、tofubeatsはどう言ったアーティストですか。

阿部:歌手でありながら音楽プロデューサー、DJ、トラックメイカーと幅広く活躍している方です。1994年生まれの神戸出身のアーティストです。中学時代から音楽活動を開始し、高校3年で国内最大のテクノイベントWIREに最年少で出演。特徴としてはものすごく腰が低くて(笑)、頭がキレる方なんだなっていつも思います。すでに森高千里さんや藤井隆さん、平井堅さんなど大物アーティストとコラボ、楽曲提供をしつつ、若手アーティストにも曲を提供するなど、活躍しています。

Shaula:そうなんだ。tofubeatsはどういったファン層がいるんですか?

阿部:もともとは二次元っぽいところのお客さんも持ってはいるんですけど、本当に幅広くて。作品の数がものすごい量なので。今年30歳でこんなに作品に関わっている人はいないんじゃないかってくらい。あと彼が面白いのは、自分で事務所を持っていながらYouTube番組もやっていて、それが面白くて。

Shaula:へー!tofubeatsさんはライブでなかなか見られないアーティストとも聞いてるんですけど、それはどうなんですか?

阿部:結構DJセットもやりますし、基本的には自分でトラック流して自分の曲をその場で披露してライブするんですけど、DJ歴が長いだけあってライブの進め方がめちゃくちゃ上手です。

Shaula:じゃあすごく盛り上がりますね。

阿部:そうですね、湧かせ方が上手です。

tofubeats

宮世琉弥 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ東京ドーム公演を回顧「テンション爆上げ」「すごく至福の時間でした」

俳優、シンガーソングライターの宮世琉弥(みやせ・りゅうび)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 宮世LOCKS!」(毎週水曜23:08頃~)。6月19日(水)の放送では、生徒(リスナー)から寄せられた「梅雨を吹き飛ばす楽曲」を紹介する「りゅビビビMusic!」をお届けしました。この記事では、宮世がオススメの楽曲を語ったパートを紹介します。


パーソナリティの宮世琉弥



――「梅雨を吹き飛ばしたいときに聴いてみてください」

宮世:今日はみんなから梅雨を吹き飛ばす楽曲をいろいろと教えてもらいましたけど、最後は僕からみんなに梅雨を吹き飛ばす楽曲を届けたいと思います!

◆レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「Around The World」


実は僕、(今年5月に開催された)レッド・ホット・チリ・ペッパーズさんの東京ドーム公演に行かせていただきまして、すごく至福の時間でした!

(来日公演1日目・5月18日(土)のセットリスト同様に)1曲目が「Can't Stop」かと思いきや、(来日2日目の5月20日(月)は)「Around The World」からでテンションが爆上げでした。

「Around The World」って歌詞がすごくいいんですよ。ポジティブな歌詞なので、ぜひ梅雨を吹き飛ばしたいとき、元気がないときに聴いてみてください。

番組では他にも、リスナーから届いた宇多田ヒカル、ブルーノ・マーズ、ELLEGARDENなどの楽曲を紹介する場面もありました。

----------------------------------------------------
6月19日(水)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月27日(木)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ