現代美術家・加賀美健が語る「答えのない現代アートの難しさ」

Feel the moment ©InterFM897

青文字系ファッション誌を中心に活躍中のモデルの田中里奈が、InterFM897で土曜の夜にお届けする『Feel the moment』。2月15日のゲストは、初対面!現代美術アーティスト加賀美健さんをお迎えしました。

一人で出来ることを考えた時、美術なら100%出せるかもと思った

田中里奈(以下、田中):現代美術アーティストとして世界で活躍する加賀美健さんをお呼びしました。こんばんは。

加賀美健(以下、加賀美):こんばんは。

田中:お会いするのは初めてで、実はちょっと前に春日ちゃん(アートギャラリー「VOILLD」ディレクター/キュレーター、伊勢春日:前週の番組ゲスト)がやっていたアートバザールの方で、加賀美さんがブースを出していらっしゃって、それでチラ見をしたんです。今日はいろいろお話伺っていきたいと思います。

加賀美:よろしくお願いします。

田中:もともとはスタイリストのアシスタントだったんですね。ファッション畑だったんですか!

加賀美:そうなんです。19から25までやってたので。

田中:めちゃくちゃオシャレですよね。

加賀美:そうですか?パジャマみたいなもんですよ。

田中:パジャマみたいなものを着こなすのがオシャレなんですよ。

加賀美:そう言われると嬉しいです。最初はアシスタントやってて。普通は美大を出て美術の世界に入るでしょ?僕は美術の教育を全く受けてないので。文化服装学院(東京・渋谷区の服飾専門学校)を出たんです。それで、学生の時からアシスタントについてて、卒業してからも続けて6年ぐらいやってたんですよ。全然スタイリストはしてないっていう。

田中:しなかったんですか!

加賀美:してないです。たまに仕事でスタイリストみたいなことはするんですけどね。だから異色です。

田中:いつアートの世界に?

加賀美:もともと幼少期から作るのは好きだったんですけど、絵がそんなに上手じゃないので技術も特になくて。貼り出されたりすることはなかったんですけど。貼り出されてる作品をみて「なんでこれなんだよ」って思ってる子どもでした。いまだにそういうのがあります。逆にそういうコンプレックスがあったから良かったのかなとも思います。上手かったら、その技術に頼っちゃうのかなという気がしますね。

田中:確かに。何にでも言える話ですよね。もともとアートには思うところがあって、でファッションの道に行って。26歳での転機ってなんだったんですか?

加賀美:アシスタント3年目ぐらいからスタイリストになる気はなかったんですけど、師匠が面白い人で。楽しく勉強させてもらうみたいな感じでした。落語家みたいな感じですよね。ファッションというか、師匠を見ていろいろ勉強させてもらって。アートにもそれが生かされてるので。

田中:でもエイヤー!って行かないとアートの道へは行けないじゃないですか。何があったのかなと思って。

加賀美:スタイリストはいろんな人が関わるでしょ。カメラマン、編集、モデル。で、みんなで話し合って作るじゃないですか。でもそれが自分に向いてなくて。難しくないですか?それで自分の頭の中を表現するとなると。で、1人でできることってなんだろうって考えたら美術は、100%頭の中を出せる気がしたんですよね。

田中:やりたいように。

加賀美:やりたいように、です。すごく難しいんですけど、すごく性に合うなって。それが理由ですかね。

田中:最初は何から始めたんですか?

加賀美:サンフランシスコに語学留学したんですけど、ほとんど学校いかなくて。あっちの中古のおもちゃとかを売ってるスリフトストア(thrift store:リサイクルショップ)っていうのがあったんですね。そこに毎日行って、1ドルとか50セントで売ってるゴミみたいなおもちゃを買ってきて、それを組み合わせたりして作品を作ってたんですね。それがルーツです。絵も描いていたりしたんですけど、それよりはゴミみたいなものを持ち帰ってきて、違うものを組み合わせて作品にするみたいなのをやってましたね。

田中:思考回路が全然違うって思いました。人間って、このためにこれをしに行ってとかあるじゃないですか。このため、とかじゃなくて行為が先にあるというか。

加賀美:割と直感で動いてるからね。計画性はあるんですけど。

田中:大きい決めつけがなさそうな。直感で動いてるのかなって。

加賀美:なんでも直感ですね。すごい考えてるんですけどね。朝起きて寝るまで面白いこと考えてます(笑)。テレビ見ても面白くないでしょ?昔はわかんないけど今は、見ててワーッてなる人たちがあんまりいないから。YouTubeで昔の番組見てます。意外と勉強になるんだよね。今と言ってること変わってないみたいな。テレビ面白くないなら、自分で考えるしかないから。

田中:(笑)。それは自分の中で完結するような面白いことなのか、どういう面白いことですか?

加賀美:最終的には自分の仕事につながるように持っていってます。

田中:日々のニュースとかはチェックします?

加賀美:それは見ます。ネットだったりで。見すぎてどんどんググっていっちゃう。

田中:ほじくっちゃうタイプですか。

加賀美:意外とそういうのから作品に転換してる気はしますね。

田中:どこかに見たものの要素が。

加賀美:あると思うんですけど。難しいですよね。今はすぐニュースになっちゃうでしょ。変なのあげると。友達は面白いし、誰も傷つけたりしてないからパンチのあることあげてもセーフじゃんとか言ってくれるからいいですけど。そういう感覚が麻痺っちゃって、自分はいいと思っててもやりすぎと思われたりしたら考えますよ。

田中:なるほど。加賀美さんのことを知れば知るほど、実態が掴めないというか。よく言われませんか?

加賀美:本当ですか?多分なんなんだこの人は、とか思われてるんでしょうね。この人働いてんのかな?みたいな。

田中:色んなことされてますもんね。お会いした方にはなんて言われるんですか?

加賀美:話しやすい。怖いイメージがあるみたいなんですよ。お店もやってるんですけど、お客さんは僕がお店に立ってるとは思わないみたいで。一回面白かったのが、お客さんが入ってきて。お客さんが来たら僕は喋るようにしてるんですけど、なんで来たんですかって聞いたら「加賀美さんのファンで」って。僕が加賀美健ってわかってなくて。5分ぐらい喋ってから僕、加賀美健ですって言ったらびっくりしてて。

田中:それは嬉しいびっくりですね。

「顧問が依頼演奏を受けすぎる!」10代吹奏楽部員の相談 こもり校長(GENERATIONS小森隼)が楽しくステージに立つ”プロ”のアドバイス

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。5月27日(月)は、「文化部の悩み」をテーマに放送。パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とCOCO教頭(CRAZY COCO)が、文化系の部活に所属する10代リスナーに困っていることを聞きました。そのなかから、「8月のコンクールの練習ができない」という16歳のリスナーとのやり取りを紹介します。



こもり校長:今夜は、文化部限定の悩み相談室を開催。というのも、部活の悩み相談で話を聞くのって、運動系が多いイメージない?

COCO教頭:たしかにね。上下関係の悩みとかは、体育会系のほうが多いイメージはある。

こもり校長:そう! でも、文化部だって悩みはあるわけよ! 今夜は、文化部に所属している生徒(リスナー)から、文化部ならではの悩みを聞いていきます!

――16歳(高2)の「文化部の悩み」

このリスナーは、吹奏楽部に所属しています。顧問が“依頼演奏”を引き受けすぎて、キャパオーバーだと言います。8月にはコンクールがありますが、その練習がままならないとのことです。

――顧問が学校外からの“依頼演奏”を募集

こもり校長:“依頼演奏”って何なの?

リスナー:この前は(依頼されて)マラソン大会の応援に行ったんですけど、ゴール手前で4時間ぐらい曲を吹き続けました。これからあるのだと、自衛隊の音楽隊の人たちと一緒に演奏します。

こもり校長:学校外のイベントの演奏も依頼されるってこと?

リスナー:そうです。

こもり校長:それを顧問の先生が引き受けすぎるの?

リスナー:はい。先生が、最近インスタで「募集してます」みたいなのを作っちゃって……。

こもり校長:(笑)。それに、依頼がめっちゃくるんだ?

リスナー:はい。「どんなイベントでもいいので引き受けます。生徒たちが盛り上げに行きます!」みたいな(笑)。

――本当はコンクールに注力したいけど……

こもり校長:でも、実際に依頼があるってことは求めている人が多いんだね。それはいいことだと思うんだけど、大変なんだよね?

リスナー:(依頼が多くて)大変なんです。6月はコンサートで3曲演奏して、その1週間後には10曲練習しないといけなくて、7月は甲子園の野球応援で20曲ぐらい……(笑)。8月にはコンクールもあるので、その練習もあります。

こもり校長:ヤバっ(笑)。でも正直な話、コンクールが一番大事なんじゃないの?

リスナー:そうなんです(笑)。

こもり校長:でも、8月までに30曲以上練習しないといけないんだよね。それで、コンクールまでに仕上げられるの?

リスナー:いや、全然……(笑)。まだ楽譜を読んだくらいなんです。個人的には、(今の時点で)9割くらいできるようになっていたいんですけど。

こもり校長:忙しくて、追いついていないってことだよね。

COCO教頭:他の曲を、いっぱい練習しないといけないんだもんね。

リスナー:はい……(笑)。

こもり校長:もう動きがアーティストだよね(笑)。

COCO教頭:フェスの時期のアーティストみたいだよね(笑)。

――校長も経験! マネージャー(顧問)とプレーヤー(部員)の思い

こもり校長:それさ、顧問に「減らして」って言えないの?

リスナー:言いにくいです……。

COCO教頭:同じ吹奏楽部の子たちはどう言っているの?

リスナー:「先生に言われたからやるしかないよね」みたいな。

こもり校長:でも顧問が依頼を受けるのは、生徒のためを思ってだよね? 経験も積めるし、地域と交流もできるしね。

リスナー:はい。

こもり校長:顧問の気持ちもわかるけど……“マネージメントとプレーヤー”の思いが、かみ合わないこともあるんだよね。マネージャーはプレーヤーをよくしたいと思って、理想を現実にするために予定を組んでくれるわけ。でもこっちからすると、いっぱいいっぱいになるとどうやって息抜きしたらいいかもわからなくなる……!

COCO教頭:あの、去年のツアーの話をしてます?

こもり校長:ほぼほぼそうです! 僕もそんな感じでした。毎週違うフェスに出て、セットリストが全部違うみたいな!

COCO教頭:(笑)。

こもり校長:立ち位置も全部違うけど、みんなで集まれる日は1日。しかも1時間しかなくて……(笑)。

リスナー:(笑)。

こもり校長:結局「時間がないからぶっつけでいきます!」ってなって、「えーっ!」みたいな(笑)。まさに、同じ状況だったよ。でも、顧問の気持ちもわかるし……。

COCO教頭:両方の立場がわかるね(笑)。

こもり校長:でも、プレーヤーの気持ちもわかってもらいたい……めっちゃ大変なんだよ(笑)。自分が何をしているか、わかんなくなっちゃうからね。

リスナー:はい……(笑)。

COCO教頭:でも、楽しんではやれているの?

リスナー:当日は楽しくやれています。

こもり校長:そうだよね。本番は楽しいよね。

リスナー:でも、それまでが……。

COCO教頭:そうだよね。今は一番大変だね。

――この状況を乗り切るには?

こもり校長:個人的なアドバイスとしては……練習の時間だけ100%やって、それ以外の時間は何も考えちゃダメよ。「ああしたほうがよかったかなぁ」と引きずっちゃうと、練習が終わってもオンオフが切り替わらなくて、どこが100%かわからなくなっちゃうのよ。そしたらバランスが崩れちゃうから。

リスナー:あ~……!

こもり校長:練習する日が決まっているなら、そこだけに集中する! それ以外は、やらなくてもずる休みじゃないから! その割り切り大事だよ。

リスナー:はい!

COCO教頭:これが、プロのやり方だね(笑)。校長のアドバイスを聞いてどう思った?

リスナー:参考になります。

こもり校長:疲弊したら終わりだからね。それだと、本番も楽しくなくなっちゃうから!

リスナー:はい!

こもり校長:オンオフしなよ! 疲れたら「疲れた!」って言いなよ? ちゃんと休めよ! 何かあったら、話聞くからな!!

リスナー:はい(笑)。

こもり校長:8月まで大変だと思うけど、頑張れよ!

COCO教頭:頑張ってね!

リスナー:頑張ります!

----------------------------------------------------
5月27日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月4日(火)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ