お笑いコンビ、アイデンティティに聞く「夢の叶え方」

TECHNOS COLLEGE Young Blood ©InterFM897

毎週土曜日、お茶の間で大人気のユージがInterFM897から送る全力投球プログラム『TECHNOS COLLEGE Young Blood』。2月15日の放送は、先日行った番組公開収録にお笑いコンビのアイデンティティを招いたときの模様をお送りしました。

理想の道順じゃなくてもいい、遠回りしてゴールを目指す!

ユージ:今日(2月9日)のテクノス展(総合学院テクノスカレッジ 卒展イベント)のサブタイトルが「未来へつなぐ学生たちの成長ストーリー」というものなので、お二人の学生生活について伺っていきたいんですが、お二人はどこで知り合ったんですか?

見浦彰彦(以下、見浦):東京の専門学校で知り合いました。

田島直弥(以下、田島):お笑いとか学べる専門学校で知り合ったので、出身はバラバラです。

ユージ:じゃあ学生時代は接点がなかったんですね。

見浦:小中高はないですね。

田島:専門学校でお笑い芸人を目指してやってたんですけど、お互いに別のコンビを組んでて。お互いに解散をくり返していくんですけど、僕らは1年生が終わる時点でもコンビが固まっていない2人だったんですよ。

見浦:大体周りは固まってたんですけど。

田島:どうすんだお前らって言われてた時期に余ってたのが、この2人だったんです。

ユージ:なるほど。そもそもお笑い芸人っていうのはいつ頃から目指してました?

見浦:僕は中学生ごろから。お笑いがすごく好きで、バラエティで活躍するような芸人さんになりたいと思ってました。高校の進路面談でも就職とか考えてなかったので、とにかく東京に出て芸人をやりたいっていう。

田島:僕は逆にそこまで強くなかったです。まだやりたいことが定まってなくて、でも芸能界に憧れてて。周りはそんなこと考えてんじゃねえみたいになってくるじゃないですか。進路を決めるってなると、現実を考えなきゃいけなくなるじゃないですか。そこで諦めたら(芸人に)なれないだろうなって思ってたので、曲げたくなかったっていうのはあります。

ユージ:芸能界っていう道の中で芸人がいいっていう憧れがあったわけではないんですか?

田島:いや、芸人がいいなって思ってました。人を笑わせるのは好きでした。

見浦:僕は広島から出てきて、本当は地元の友達と一緒にやっていきたかったんですけど、お前まじで言ってんの?って感じで。それで1人で出てきました。

ユージ:今日は夢を持つ若者たちが集まってくれていて、この中には将来の夢がはっきりしている人もいればまだ悩んでる人もいるだろうし、そういった方々にアドバイスできることありますか?

田島:自分が思うのは、夢とか目標って若い時からそこに向かって目指すと思うんですけど、でも挫折とか色んなことがあって方向転換しなくちゃいけない時があると思うんです。僕らは、最初は正統派な漫才でちゃんとしたネタでやってたんです。でも自分のできること、できないことがわかってきて、いろんな方法を模索したんです。なので目標が一緒だったら、手段は途中で変えてもいいかなと思うんです。

ユージ:目標が決まって、そこを目指していく最中に挫折とか気持ちが折れてしまう瞬間ってたくさんあるじゃないですか。だったらゴールは変えずにそこへの行き方を変えてみたらってことですね。

田島:そうです。最初は理想の道順があると思うんですけど、そこに拘らずに途中で変えるのは悪いことじゃないって思うんです。

ユージ:もっと極端に言えば、ゴールが変わってしまってもそれはそれでいいですよね。

見浦:もちろんそうだと思います。あとは人との出会いを大切にするのは重要だと思います。僕はかなり人に恵まれている方だと思います。まさか相方がこんな形になると思ってなかったですし、僕は結婚しているんですけど、それも通っていた専門学校の人の紹介で彼女と付き合うことになったので。

ユージ:なんか引き寄せてますね。

田島:そういうのありますよね。縁っていうものは。

見浦:出会う人の中には悪い人・良い人がいると思いますけど、そこは見極めも大事だと思います。信頼できる出会いを大切にしたいと思ってます。

ユージ:なるほど。人との出会いを大切にしてゴールを目指して行って、つまずきそうになったら、そしたら遠回りでもいいから回り道してゴールを目指していけばいいってことですね。素敵な言葉をいただきました。

学生さんに聞いた「5年後の自分」は……?

後半は、公開収録に参加された学生さんに、5年後の自分について話を聞きました。

学生①:声優演劇科のヒラノです。5年後の未来は声優、役者、表現者としていろいろな舞台に立たせていただいて、表現の幅を広げていけたらいいなと思います。

学生②:鉄道交通科のカナザワです。来年度から警備業につくので、警備って機械化されてるんですけど、人間にしかできない警備で安全を守れればなと思います。

学生③:航空学科のミツオカです。5年後は海上保安庁のパイロットとして日本の海の上を飛んでいると思います。

学生④:グラフィックデザイン科のタカハシです。5年後は、街中に必ず目につくようなデザインを作っていきたいと思います。

学生⑤:英語キャリア科のムラカミです。5年後は、海外に住めていればいいなと思ってます。住んだ先で仕事ができればなと。場所は正直アメリカがいいんですけど、永住権が取れないのでオーストラリアとかニュージーランドに。今、興味があるのはジョージアって国です。

学生⑥:大学併修学科のキクチです。5年後は経営者になることです。家が和洋菓子を経営しているので代表になって、お客様に愛されるお店作りに励んでいると思います。

学生⑦:ブライダル科のミヤイです。5年後は結婚して、素敵なお嫁さんになっていたいです。

学生⑧:スポーツビジネス科のアキヤマです。僕はプロサッカー選手を目指していて、2年後はドイツに行って、そこでプロになって家庭を安定させて、彼女にプロポーズしたいなと。

ユージ:すごい。2年後にドイツっていうのは目標なの?決まってるの?

学生⑧:代理人と話をしてて。

見浦:マジで5年間絶対、別れないでね!

ユージ:頑張ってね!みなさんの夢や目標が、5年後に「叶えてた」って言えるように頑張っていただきたいと思います。でも、さっきお二人が言ってくれたように、ゴールが変わってしまうことがあっても、それはそれなんです。

田島:そうです。その時に立っている自分に納得がいっていればいいんです。

ユージ:5年前の自分はこう思ってたけど今の自分の方が絶対に良いと。

田島:そうそう。そう思えてた方がいいじゃないですか。こんな格好してるからずっとギャグにしか聞こえなくてすいません。

ユージ:本当にいいこと言ってるんですけどね(笑) ありがとうございました!

TECHNOS COLLEGE Young Blood
放送局:interfm
放送日時:毎週土曜 20時00分~21時00分
出演者:ユージ
番組ホームページ
公式Twitter

ハッシュタグ:#yb897
メール:yb897@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

いよいよ今夜コスタリカ戦! 了戒美子 現地カタールより直前レポート

 

 ドイツ戦勝利で日本中が盛り上がってきたFIFAワールドカップカタール大会。日本の第2戦コスタリカ戦は日本時間今夜午後7時から。日本が勝って、スペインドイツ戦の結果次第で決勝トーナメント進出が決まります。

 文化放送では大会期間中、現地カタールで取材するドイツ在住のサッカージャーナリスト了戒美子さんが随時レポート。

 今回は日本に敗戦したドイツ、対戦相手のコスタリカ、そして日本の試合前日記者会見の様子です。

 

 

第2戦コスタリカ戦がまもなくです。初戦でスペインに0-7で敗れているコスタリカですが、W杯北中米カリブ予選を4位ではありますがストレートで勝ち抜け3大会連続でW杯に出場する国ですから決して侮って良い相手ではありません。ただ、1次リーグ最終戦にスペイン戦が控えていることを考えるとやはり勝っておきたいことに間違いはありません。

 

ところで、試合前日というのは「前日記者会見」というものが行われます。各国監督と選手1名以上の登壇がFIFA義務付けられており、30分という枠が設けられています。監督と選手は同時に登壇してもよいし、順番に15分ずつなどでも良いことになっています。初戦で日本に負けたドイツはこの前日会見に選手を登壇させず、フリック監督一人のみで会見を行うといういわば奇行にでました。ドイツの練習場は会見場から100キロほど離れており、選手のコンディションを考えてのことだそう。とはいえ、今大会で試合前日会見をここの会見場で行うということはかなり早い段階から決まっており、どこの国もしっかり義務を果たしていることを考えるとドイツの行動は批判されても仕方ありません。FIFAから何らかの、おそらくは金銭的な、制裁が降ることは間違い無いですがドイツの主要スポーツ雑誌であるキッカー誌(名前はキッカーですがサッカー専門誌ではないのです)では「あまりにも無礼だ」と、対外的な影響の面から批判しています。ドイツ人といえば、生真面目で時間やルールにきちんとした人たちという印象がありますが、こんなこともするのだと現地在住の私ですら思いました。それだけスペイン戦に必死なのでしょうけど、ちょっと行きすぎかなと思います。

 

 

当然ではありますが日本も会見を行いました。初戦前日は森保一監督と吉田麻也主将、この日のコスタリカ戦前日会見は監督と遠藤航選手が登壇しました。会見は良い雰囲気で穏やかそのもの、穏やか過ぎてやや眠気を誘われてしまいました(申し訳ございません)。

 

森保監督は会見で「明日のベスト(メンバーで)と考えている。1試合目の疲労も考えて組みたい」と話しました。言葉だけ見ると少しわかりにくいですが、要するにメンバーの入れ替えを行う可能性が高い、という意味です。サッカーでは通常、勝った試合の後は極力メンバーを変更しないものです。森保監督も昨年の東京五輪を見てもわかる通り信頼している選手はほとんど変更しません。ですが今回は、酒井宏樹選手が「現実的には難しい」と話しており、冨安健洋選手も「出るかもしれないし出ないかもしれない」とすっきりしません。すっきりしない場合は「出ない、出られない」と解釈して構わないでしょう。出られるのであれば「頑張りたい」などと話すものです。

この守備の実力者二人が不在と考えて先発を予想すると、GK権田、DF右から山根視来、板倉滉、吉田、長友佑都、中盤に遠藤、守田英正、鎌田大地、前線に右から伊東純也、上田綺世、久保健英となるのではないでしょうか。システムは4-2-3-1か4-3-3、どちらでも対応できるメンバーです。試合中に展開次第で3バックに変える可能性はありますが、立ち上がりは4バックでしょう。最終ラインでは長友を右SBにまわし、左に伊藤洋輝という考え方もあります。ただ伊藤は所属チームでは3バックの左でプレーしておりサイドバックとしては6月にテストもしましたが、少し難しそう。中盤には攻撃的なロングパスを得意とする柴崎岳も可能性がありますが、守田を試しておきたいでしょう。前線は好調!堂安律選手をという考え方もできますが、途中からでもいけるでしょう。また、前線中央にはドイツ戦の前田大然の出来不出来の問題ではなく、プレスをかけるタイプよりはボールを収めるタイプのほうがよさそうです。コスタリカは、スペイン戦では4-4-2で最終ラインと中盤は守備的に引いてきました。ですが時間とともに攻めざるを得なくなるはずですから、タイミングを見逃さず攻撃しなくてはなりません。守備的な相手を苦手とする日本ですが、どうにかこじ開け、逆にカウンターを警戒して勝ち点3を手に入れたいところです。

 

前日記者会見ですが、もちろんコスタリカも行いました。こちらは、ケンケンガクガクと言いますが、記者たちからルイス・フェルナンド・スアレス監督とジョエル・キャンベル選手は袋叩き状態。なぜスペインにあんな負け方をしたのか、次の試合は勝てるのかと。興奮気味のキャンベル選手は「勝てるかどうかは先の話なのでしたくない。ベストを尽くす。日本だってそうだろう」と強い口調で返していました。なかなか激しくて面白い記者会見でした。

 

日本としては、一番良いのはスペイン戦の前に決着をつけることで、その次にドイツがスペインを下したとしても勝ち点6同士で突破争いの第3戦を戦うこと。コスタリカ戦は気の抜けない戦いになりそうです。

 

 

 

Text&Photo

了戒美子 Yoshiko Ryokai

映像制作会社勤務からサッカー取材を開始。五輪は2008年北京五輪、W杯は2010南ア大会から現地で取材。2011年からドイツに拠点を移し、ブンデスリーグ、ヨーロッパで活躍する日本人選手を精力的に取材し、雑誌、新聞、WEB、ラジオなど媒体を問わず活躍中。

Facebook

ページトップへ