モデル・チェルシー舞花「空気感を持って帰れるので音楽はCD派です」

Feel the moment ©InterFM897

青文字系ファッション誌を中心に活躍中のモデルの田中里奈が、InterFM897で土曜の夜にお届けする『Feel the moment』。3月21日は、前回に続いてモデルのチェルシー舞花さんに話を聞きました。

チェルシー舞花の頭の中のパーセンテージは?

田中里奈(以下、田中):今週(3/21)もチェルシー舞花さんをお迎えしています。すごくゆったりした時間を大切にしている方だなと思って。

チェルシー舞花(以下、チェルシー):ありがとうございます。実は詰め詰めで生きてます。

田中:意外!舞花さんにもこのコーナーをやってもらいたいと思います。今の自分の頭の中を占めている割合と項目を教えてもらうコーナーです。

チェルシー:面白いですね。

田中:私の脳内パーセンテージは、30%が整理整頓です。空間とかお家って言うよりは頭の中とか。10%が筋トレ、残りの60%が余白です。

チェルシー:余白60%、すごいですね。

田中:ちょっと前に占星術師の方がゲストで来てくださった時に、余白が大事だよって言ってくれて。それによって今までになかった楽しいものが入ってくるよって言われた時に、余白って概念が自分にないことに気付いて。そこからスケジュールも何もないところを作ったり頭も余白を作るようにして、そうしたら決めたスケジュールじゃないところに想定外のいい予定が入ってきたりして。一気に断捨離モードというか。

チェルシー:いいですね。面白いです。私も今詰め込んでることに気づきました。今考えていたのが、60%が本のことで、35%が食養生。5%が筋肉痛で足が痛いってことで。ヨガのクラスに出たら筋トレみたいなことになってて(笑)。今の話を聞いて、余白作ります。課題。

田中:私は先週に話聞いた時に、なんてゆっくりした時間を味わってるんだと思ったんですけど。

チェルシー:いえいえ。情報をたくさん入れて、処理し切れないけどまた入れてみたいなことをしているので、余白でそれを染み込ませないとアウトプットができないですし。

田中:アウトプット、そんなにしてないですか?

チェルシー:最近はいっぱい入れようって思ってたので、余白が足りないんだってハッてなりました。

田中:私も情報は入れる派だったんですよ。入れた後に必要なものを選べばいいと思ってたから。ここ数年は、本当に必要な情報は入ってくるから一旦入れすぎることをやめてみたりしたんですよ。ニュースとかSNSから一定の距離を置いたら、すごくフラットに見えるようになって。知るべきものってあるかもしれないけど本当に必要なものは、そんなにないのかなと。舞花さんって質のいい情報を集めているイメージだから、消化不良にならなそうだけどなあ。

チェルシー:ありがとうございます。

田中:質の悪い情報がガヤガヤしてると心も荒みそうだけど、そうじゃないんだったら良さそうですけどね。

チェルシー:そうですね。それを染み込ませて自分の言葉で言えるように、余白が必要なんだなと思いました。

田中:本の割合が多くてすごいですね。

チェルシー:最近、いよいよ気がついてきて。やたらと本屋さんに足が向いてしまいますし、旅に行く目的が本を読む時間がガッツリ取れるというところがあったりするので。

田中:旅が余白なんですね。絵本とか読みます?

チェルシー:大好きです。

田中:私も大好きで。卒論、児童文学で書いたぐらいで。Shel Silverstein(シェル・シルヴァスタイン:米作家/歌手、故人)っていう「大きな木」っていう絵本を書いた方の本で卒論をかいたくらい。

チェルシー:卒論はどんなものなんですか?

田中:木と男の子がいるんですけど、木は男の子が大きくなるまで全てを与えて切り株になるんです。最後に男の子は、切り株に腰掛けて「それでも木は幸せだった」って言う物語なんですけど。それを小学校の時に読んだ時に、何が面白いんだみたいな感じで。高校生になって読み返した時にえっ!?って気付いて。世代によって同じ本でも良い方は違うんじゃないかって思って、それを研究したかったんですけど、結局同じシルヴァスタインの本の、各国版の翻訳のニュアンスの違いというのを研究しました。

チェルシー:訳し方でも違ったりしますよね。

田中:「大きな木」は、最新版は村上春樹さんが訳してて素晴らしいんですけど、ハルキ臭を出してて。私は、元々の訳者の本田喜一郎さんが大好きだったのでそれがショックで。本って私にとっても人生を変えたなあと思って。「星の王子様」も読み返したり。描写がたくさんある本って、塑像(そぞう)の余白がないじゃないですか。児童文学は余白がある気がして、それで好きなのかなと思って。

チェルシー:上野(東京・台東区)にある「国際子供図書館」って本当に楽しくって。展示も面白くて、時代別に作家が紹介されてたりしてて。

田中:それは楽しそう。

#135 パセリーズがマジメで義理堅いアゴが割れた男の話をした日曜地獄

オープンニングトーク

「サンドウィッチマン ザ・ラジオショー サタデー(ニッポン放送)」
にてサンドウィッチマン伊達さんが岡田師匠と一緒にゴルフに行ったエピソードを話してくれたということで大量のメールがおかしば宛てに着ておりました、ありがとうございます。
「LFパワー」恐るべし、初めて聞きます!という内容が複数書かれており、全員浮かれていて、終始掛かり気味でした、ヒヒーーーン🐴
甲斐ちゃんはいつもより跳ねる様に台本を読んでいるということで、しばんちゃんポリスによそいきモードだと捕まっておりました。

そんな状態で迎えたオープニングトーク、もちろん岡田師匠による「ゴルフに行った話」
メンバーはサンドウィッチマン伊達さん(伊達ちゃん)、次長課長河本さん(タンメン男)、そしてアンタッチャブル山崎さん(アゴ割れ男)です。
※()内は師匠の呼び方です。
とにかくいつものザキヤマさんのノリで大変な目に遭ったという話でトークは展開していきます、その辺りはサンドウィッチマンさんのラジオでもお聴きになれます。
岡田師匠の第一声も「おのれの相方のクレームや!」から入っており、しばんちゃんも「えっ、何かあるんすか?」とすでにザキヤマさんから話を聞いていたそうで、用意していたすっとぼけを披露。
3人に4000円のウナギをご馳走、更にキャディーさんへのお茶セットも知らない間に師匠のロッカーナンバー払いになっている始末。師匠のロッカーナンバー「280」がグリーン上で飛び交っていたようです。お会計の際には笑えない額を請求され、師匠の涙でコースに池が1個増えたとか。
ただ御社「おかしば」ではまさかまさかのザキヤマさんの良い話をしております。
岡田「散々アゴ割れ男のヒドい話をしましたが、ただ、ただ、営業妨害になるかもしれないが、実は2人目の子どもをどうしようか悩んでいる時があったのよ」
柴田「はい」
岡田「奥さんは欲しいって言ったけど、俺は年齢的な部分でどうしようかな~って思ったんよ」
柴田「はい」
岡田「かなり昔の話ね。子ども2人目どうしようかな~ってゴルフ帰りに車であの男にしたのよ。そしたらパッと表情変えて言ってくれたのよ」
柴田「はい」
岡田「そんなの岡田さん、最終的に決めるのは奥さんですよ。やっぱり大変のは女性なんだから女性が決めるもんですよ、ってポッと一言言いよんねん。それ言ってまたカァ~~っていびきかいて寝たんやけど」
柴田「あはははぁ~」
岡田「その言葉がずっと頭の片隅に実はあって、そこで決断したところが実はあんねん」
柴田「そうだったんですね」
岡田「あの無責任なテキトーな男ですが、実はすごい考えてるんですよ。逆に営業妨害してやりますよ。実は凄い子煩悩で義理堅く、メチャクチャいい奴なんです。あざ~~すとかやってますけど、アレは真っ赤なウソですから!」
思わぬ着地のエピソードトークでしたが、良い話が聞けて良かったです!
おかしばスタートです!

ゲスト「東ちづる」さん

実は師匠と多くの共通点があるという事が判明。
まずは出身大学が一緒です。
そして実は元松竹芸能所属、最近話題の「脱竹」の最初の第1号だったようです。
師匠曰く東ちづるの黒歴史だったそうで(ちづる姐さんは黒歴史ではないと言ってます)、ネタを作ってスタンダップコメディーなどをされていたそうです。
俳優さんのイメージがありますが、実はそこに辿り着くまでに番組リポーターや料理番組のアシスタントなど、以前からマルチな部分を発揮していたことが判明しました。
またクイズ番組に頻繁に出演していた時は、何をしていてもクイズのことを考えてしまっていた様で大変だったそうです。
ただ師匠がやっている「クイズ!脳ベルSHOW」はクイズではなく「とんち」だから気が楽みたいです。
鍛え上げられた二の腕も披露してくれています。

メッセージテーマ

今週のメッセージテーマは「子育て事件簿」です。
先週岡田師匠がお子さん誕生を発表したという事でこちらのテーマになりました。
沢山のメールが着ておりました、ただ・・・まず全員が浮足立っており中々メール読みに行かず、所さんの物まねで「ひどいですね~」を連呼、「一旦CMです」という懐かしいタモリさんの物まねを思いつきで発射、とにかくお馴染みのメールに中々行かない流れが発生してしまった事をこの場を借りてお詫びします。
さらにそこからしばんちゃん(審査員男)による「THE・SECONDの話」
全員を応援する気持ちで見てしまいM-1とは違った見方をしているとのこと。頑張れ!という気持ちが強すぎて一緒に見ていた奥様に「笑ってないじゃん」と言われてしまったそうです。
「THE・SECOND」トークは本番前から繰り広げられており、師匠もみんな上手いよなぁ~と感嘆の声を上げておりました。
※本番中に出た岡田師匠がマシンガンズさんが優勝したと本気で思っていた部分は記憶から根こそぎカットでお願い致します。またしばんちゃんが「マシンガンズ」を「ザ・マシンガンズ」と急にザが付いていますが、そんな事もあります。
気を取り直して、送って頂いたメールではテーマに沿った真っ直ぐなメールに戸惑うシーンがあったり、「家で料理をやっていないことが息子の家族ごっこ」で近所の人たちにバレてしまったメールを紹介しました。
するとしばんちゃんも家では台所に立たせてもらえないエピソードと共に奥様への変わった愛情表現を発表。
柴田「奥さんに、それまな板使わないでいいじゃんとか言われてる」
柴田「愛されたい」
柴田「奥さんに触りたい」
柴田「奥さんの匂いをかいで触りたい」
岡田「そういうむき出しの言葉いらんねん」

爆笑!おかしば大喜利

今週のお題は「助っ人外国人が3日で帰国、その理由とは?」
たくさんのメールありがとうございます。初めて見るリスナーさんの名前もあり、嬉しい限りです。チュンピニョーンになるとおかしばオリジナルTシャツを贈呈します。読まれないと嘆いている人、諦めないで!送らないと読まれません!とんちです!
そんな中でご紹介したいのが<ワンワンニャンニャン菊地夫妻>の回答です。
<ワンワンニャンニャン菊地奥様>
☆ドラマの予約をし忘れた
☆ペットに会いたくなってたまらなくなった
☆日本人を助けたくなくなった
☆日本の挨拶は「んちゃ!」だよ、と嘘を教えられた
☆ユニフォームのボタンが取れてしまったので、ママに縫い付けてもらうために一時帰国
<ワンワンニャンニャン菊地さん>
◎日本のガムが全然膨らまず、ガム風船が作れなかった
◎ヤクルトスワローズのオファーだと思ったら、ヤクルトレディーのオファーだった。
◎寮の部屋に3日連続、座敷童子が出た
◎ホームラン要員かと思ったら、バント要員で呼ばれてた
◎大袈裟にバッドフリップをやったら、監督の股間に当たり即解雇

来週のお題です。
『日本一セクシーなタクシードライバー、その特徴とは?』
回答例)シートベルトを締めないと、縄で縛られる。
回答例)車内でウトウトしていたら膝を貸してくれる

エンディング&きょうの業務連絡

エンディングトークでは「サンドウィッチマンのラジオショーリスナー」が送ってくれたメールを紹介しました。
文化放送も聞きます!というメールや岡田師匠がM-1王者だったことを初めて知ったという話もあり、そこからリスナーさんのラジオネームを羅列させてもらっています。知ってもらえるって嬉しいですね。
ただエンディングまで聞いてくれている人は1人もいないという哀しい話が飛び交い、来週からはサンドウィッチマンさんのリスナーさんの名前を1人呼ぶという謎の約束が交わされました、良かったらまた聴いてください!
来週メッセージテーマは「フリーーー」
久し振りのドフリーメールです。2人への質問や2人に教えたいこと、最近ハマっていること、どうでもいい話、「とりあえずメール!」の精神で過ごして下さい。

本番前は「THE・SECONDの話」と最近開設した「YouTubeの話」でした。
2人の局入りを撮ろうとカメラを回していて、2人が席について打ち合わせが終わったタイミングでカメラを止めたんです。
するとしばんちゃんの方からとにかく撮りまくれ!画角はこう!と的確な指示が。
こんなに協力的な演者さんっているのでしょうか。
有難い限りです、ただ2人ともYouTubeの見方は分からないそうです・・・。
SeeYou!

X:https://twitter.com/okashi_joqr
Podcast:https://podcastqr.joqr.co.jp/

Facebook

ページトップへ