iriニューアルバムは「自然に表現できた今までにない一枚」

iri

東京を生きる若者の音楽カルチャーシーンにフォーカスする、InterFM897金曜よるのプログラム『TOKYO SCENE』。DJは、YonYonとREN YOKOI。3月27日の9時台後半は、この番組ではおなじみのシンガーソングライターiriが登場!

iri、ニューアルバムは「今までやれなかったことが出来た一枚」

REN YOKOI(以下、REN):本日来てくれたのはiriちゃんです。よろしくお願いします。

iri:よろしくお願いします。

YonYon:お久しぶりです、そしてリリースおめでとうございます。

iri:ありがとうございます。

REN:デビューしてもまだ逗子(ずし:神奈川県)に住んでいるということで、何故なんですか?

iri:逗子が好きだからですよ。東京も好きなんですけど、海が近いっていうのが良くて。

YonYon:サーフィンとかするの?

iri:しないです。

REN:ただ逗子が好きなんだね。ご飯おいしいよね。

iri:そうですね。

YonYon:おしゃれなカフェがいっぱいあるイメージ。

iri:ありますし、ローカルな感じもあってそのバランスがいい感じで好きです。

REN:今回アルバム「Sparkle」出しましたが、前作と違うチャレンジした部分とかあったんですか?

iri:前回よりは明るめのアップテンポで明るめな曲が並んでいて、それが今の自分のマインド的にも自然に表現できた一枚になったなと思ってて。その中でも、今までやってこなかったジャンルを実験的にやってみて今回は自由にできて。今までやれなかったことがやれたかなと。

REN:一個気になったのは前作の「Shade」の時は、気持ちもシェイドな感じだったの?

iri:割と迷ってたし、ネガティブになってたかもしれないです。

REN:アルバムのタイトルをチェックすれば心情がわかるんだね。みんな注目して欲しいですね。

YonYon:アルバムの中でも一番尖(とが)ってる曲じゃないかと思ってて。プロデューサーがケンモチ(ヒデフミ)さんでギターがReiちゃんなんですね。どうやったらこの2人の組み合わせになるんだろうって。

iri:ケンモチさんは何曲か作らせていただいてて、もともとこの曲はファンキーでロックテイストの歪んだギターとトラッドビートを組み合わせて、そこにラップを載せたいっていうのが自分の中であって。それでケンモチさんに相談したら、結果いい作品いなったなと思ってます。Reiさんには自分からオファーして。事務所の先輩なんですよ。それで世代も同じくらいなのに一緒にお仕事したことがなかったので、いつか一緒にやりたいなと思っていたのも叶って。

YonYon:全員が違う界隈なのに一つの曲に融合したっていうのは、意味あることだなって。

REN:そうだね。iriちゃんからこういうトラックを出したいって言って集めたわけでしょ?そこでこのアプローチをするっていうのが面白いなと思って。いろんな音楽をやるっていうのが根本にあるのかなと思って。今まで色んなコラボをやってきたと思うけどどういう基準でこういうのがやりたいとか思うの?フィーリングだけ?

iri:そうですね。自分が好きな曲があって、こういう感じの曲やりたいなと思ったときにそれをやるには自分が誰とやるのがいいかってなって。自分の好きな方々とか、好きでもちゃんと話せる方に声をかけて完成させていくっていう感じです。

REN:でも、必ず自分からビジョンを持って動いているのが素晴らしいなと思う。なかなかそういうのをしない人もいるから。流れで作ったり。それも素晴らしいとは思うんだけど、やりたいことをやるっていうのがすごいと思います。

iri:ありがとうございます。

YonYon:アルバムの中でもう一つ好きな曲が、一曲目の「Clear color」。あれはTokyo RecordingsのYaffleさんが。Yaffleさんとも何回か一緒に作ってなかったっけ?

iri:Yaffleくんとは一緒に曲作ったりもしてます。Yaffleくんと曲作る時は、最近どんなの聞いてる?って聞いて、一緒に話し合って作ってる感じです。

YonYon:直接会ったりするの?

iri:会います。会ったりLINEするときもあるし、あとはスタジオ入ってメロディ入れたりしてます。

YonYon:この曲は、アルバムの中で一番クラブというかダンスミュージックっぽくて。すごく踊りやすくて絶対DJでかけようかなって思います。私、SpotifyにDJでかけたい曲リストっていうのを非公開で持ってて、聴いた瞬間入れたもん(笑)。

iri:ありがとうございます。

REN:今後コラボしたい人っていたりするんですか?

iri:コラボ結構難しいなと思ってて。自分で良いものを作るのは、誰とやればいいか冷静に考えたほうがいいのかなって。

YonYon:大人になったねえ。

iri:なったのかな(笑)。でもいつかやってみたいとは思うし。

REN:最後にリスナーの皆さんにメッセージお願いします。

iri:新曲で前向きなかっこいい曲がいっぱい出来たので皆さん聴いてくれたら嬉しいです。

REN:ありがとうございます!

TOKYO SCENE
放送局:interfm
放送日時:毎週金曜 20時00分~23時00分
出演者:YonYon、 REN YOKOI
番組ホームページ
公式X
公式Facebook

メール:club@interfm.jp
ハッシュタグ:#TokyoScene

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ