LOVE PSYCHEDELICO 20th リクエストスペシャル!リスナーが選ぶベスト10

LOVE PSYCHEDELICO 20th Anniversary Request Special ©InterFM897

LOVE PSYCHEDELICOのデビュー20周年を記念して3月29日、レギュラープログラム『Third Stone From the Sun』のスペシャル版を生放送!リスナーが選ぶ「LOVE PSYCHEDELICOの好きな楽曲」をカウントダウン形式で発表しながら、KumiとNaokiが楽曲や制作当時の思いを振り返りました。

LOVE PSYCHEDELICOリクエスト、ナンバーワンに輝く曲は?

Kumi:今日はLOVE PSYCHEDELICOの20thアニバーサリーリクエストスペシャルです。

Naoki:すごい数が来てますね。でも、ずいぶんバラけてますね(笑)。

Kumi:本当に(笑)。

Naoki:みなさんのリクエストしてくれた曲はトップ10に入っているでしょうか!?

Kumi:第10位からいきたいとおもいます。第10位は、「fantastic world」です。

Naoki:これ2005年ぐらいか。

Kumi:メッセージが来ています。「シングルリリースもされてますが、ここはあえて『Early Times』から『fantastic world』をリクエストします。学生時代だった当時、金欠だった僕はあろうことか3rdアルバムの初回限定版を買い逃してしまいました。それがすごく悔しくて、『Early Times』のシリアルナンバー付き限定版はどうしても手に入れたくて、発売日にめちゃくちゃ気合を入れて買いに行ったのを覚えています。そして、その中に入っていた待望の新曲がこれでした。サビのちょっとゆるい浮遊感が今でも大好きです」というリクエストでした。

Naoki:ありがとう。続いての曲行きましょうか。

Kumi:第9位、「These days」。これは1stアルバムに入ってる曲だね。

Naoki:メッセージ来てます。「この曲はRADWIMPSの野田洋次郎さんが高校生の時にカラオケでよく歌っていたそうです。デリコトラッドが大好きな私には思い入れが強い曲です」。

Kumi:(野田洋次郎と)一緒に演奏したよね。

Naoki:したね。対バンツアーで。本当はそういう予定がなかったんですけど、当日楽屋で、せっかくだから一緒にやろうよって言ったら洋次郎くんがこの曲をやりたいですって言って。急遽(きょ)泊まりになってね(笑)。ありがとうございます。

Kumi:第8位は、「It's Ok, I'm Alright」です。

Naoki:「『Your Song』や『Last Smile』は上位になるでしょうから、あえてそれ以外のところから好きな曲をリクエストしようと思います。メロウでしっとりしたKumiさんの歌声がしみます。少し早口になって畳み掛けるように進んだ後にスロウな展開になるところがとても引き込まれてしまいます」というメッセージが来てます。この曲はスタジオで、僕が確かドラムを遊びで叩いている時に、Kumiがアコギを弾いてて、いきなりこのコード進行を弾き始めてですね。その場で歌ってたんですよ。

Kumi:そうだった。

Naoki:意外な曲が8位に入って参りましたね。

Kumi:面白いね。続いて第7位。

Naoki:この曲もうちょっと上位に行くかと思ったんだけどね。

Kumi:そうねえ。7位は「Last Smile」です。

Naoki:これが7位。だいぶ拮抗してるんですけどね。メッセージ来てるね。

Kumi:「切ない感じがしますが、とても力強く骨太なサウンドが心に響いて好きな曲です」。ありがとう。

Naoki:「僕のナンバーワンソングは、ベタですが『Last Smile』です。幼稚園ぐらいの時、親の運転する車の後ろで聴いていてなんとなく覚えていた曲がこの曲だと分かったのが小学校4年生ぐらいの時でした。それからCD、MD、iPod、ストリーミングと時代は変わってもずっとLOVE PSYCHEDELICOを聴き続けています」。

Kumi:ありがとう。

Naoki:InterFMで20年ぐらい前にライブでやったよね。『プラスティックブギ』って番組で。その頃を思い出しますね。

Kumi:冬も思い出すし、アルバムのリリース記念でスノーボード作ったじゃない。せっかく作ったからって忙しい中北海道行こうってなってさ、スノボしに。そしたらスキー場で「Last Smile」が流れてたの覚えてる。

Naoki:続いて第6位。

Kumi:第6位は「LADY MADONNA 〜憂鬱なるスパイダー〜」でした。

Naoki:意外。

Kumi:Twitterでも、もっと上位に行くと思ってたって。

Naoki:あいつはほっといても大丈夫だから、こっちに入れようかみたいなことがあるんでしょうかね(笑)。メッセージも来てますね。「リクエストを送りたくてずっと考えていたんですが、うわー何これすごいやつきた、と大興奮したデリコとの出会いの曲。アコースティックバージョンのボトルネックでギュイーンのイントロも大好物。この出会いから20年経ってもKumiちゃんは、私にとって唯一無二のボーカリスト」。ありがとう。

Kumi:嬉しいね。ありがとう。

Naoki:ということで残るはトップ5です。

Kumi:第5位は、「Love Is All Around」です。「悩みに悩んだんですがこの曲です。LOVE PSYCHEDELICOが縁になって出会った妻との結婚式で、新郎新婦の入場の時に使わせていただきました。妻のお腹の中に娘がいた時のライブでは、この曲が演奏された時は娘が喜んで動いていたと妻が嬉しそうに言っていました。そんな娘も6月で3歳。3人でライブで聴ける日が来るといいなあと思っています」。ありがとう。いいね。

Naoki:ありがとう。この曲の左手のバイエル(Ferdinand Beyer:独作曲家)みたいなフレーズが好きですね。

Kumi:はい(笑)。

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ