SASUKE's konnichiwa Radio最終回!「しゃべること、ラジオが好きになりました」

SASUKE ©InterFM897

若干16歳のトラックメイカーとして話題のSASUKEがDJを務めるInterFM897のレギュラーラジオ番組、『SASUKE's konnichiwa Radio』。3月31日は、ついに最終回。

konnichiwa Radioは僕の天国でした!

SASUKE:始まった頃はまさか自分の番組ができるとは思っていませんでした。なかなか実感がわかないままのスタートでした。2、3回放送が終わって慣れてきた頃、Twitterのハッシュタグで番組へのメッセージが増えてきているところを見て、自分がラジオやってるんだなと感じてすごく嬉しい気持ちと、しゃべりを頑張ろうという気持ちになりました。

昔からおしゃべり上手だねとか言われることに慣れてしまっていたので、自分はこういうのが得意なんだなと思っていましたが、いざ自分の番組を聴いてみると反省点がたくさん。ここから僕のしゃべることに対する意識が変わり始めました。毎回収録の日毎に色んなテンションを試したり、試行錯誤しました。それをやっていくうちにどんどん楽しくなってきて、よりkonnichiwa Radioが楽しくなってきました。そして「今日の機材」では、常識的な話が苦手な僕にとっての唯一のトークができるコーナーでした。これだけ自分のやりたい放題話せて、しかも月の最終週にはその機材がやってくる。僕の天国です。でも僕だけじゃなく、聴いてくれた方が少しずつ機材に興味を持ってくれて、実機が見たくてお店に行ってきましたという方も現れました。僕だけじゃなく聴いてくれる方にも楽しんでもらえるマニアックなトーク、そんな実績をここで残すことができました。私はこの番組で学んだことを活かして、今後も多くの人を機材沼、音楽沼へハメて2度と抜け出せない場所まで勧誘していきたいと思います。私はここで学んだことを心に焼き付けて大きく羽ばたいていきたいと思います。

最後になりましたが、支えてくださった全ての方に改めて感謝申し上げます。そしてこれからも僕を見守り、布教よろしくお願いします。InterFMの益々の発展を願って答辞といたします。

……こんにちはSASUKEです!最終回です。「こんにちは」という挨拶を夜11時にするのはなかなかないと思うので、このラジオでしかない挨拶。そんな番組始まりました。改めすぎかもしれませんが、SASUKE’s konnichiwa Radio、終わります。ということで、今日は僕の好き勝手しゃべる回です。終わったかー。一つだけ言っておきたいのは、機材コーナーがマニアックすぎて終わったわけではないです。安心してください(笑)。

まだ始まった時と同じで実感が湧かないというのが正直なところなんですけど、卒業おめでとうっていうじゃないですか。このラジオも毎週の楽しみだったってこともありますけど、いつかは離れて新しいことを挑戦していくステップにつながっていくんじゃないかということで、おめでとうな回です。僕はそう捉えていきたいと思っています。

最初にメールを読んでいきたいと思います。「SASUKEくんの新曲聴きました。何回もMV見たのですが、明るく前向きな曲調とSASUKEくんの爽やかさがめちゃくちゃあって好きです。ところでMVの中にシリアルを食べているシーンがありますが、なぜシリアルなのか気になってしまいました」。ありがとうございます。シリアルを食べているのは、単純に映像を撮ろうと思った時に、シリアルだって思っただけです(笑)。特に意味合いがあって選んだわけではないんですけど、朝食のイメージはありました。

2個目いきたいと思います。「質問ですが、曲作りの時お腹が空いたら何を食べますか?やっぱりシリアルと牛乳ですか?それ以外好きな食べ物があったら知りたいです」といただきました。みんなシリアルが印象的なんだね。実は曲作りの時は何も食べていません。お腹が空いたら曲作りを中断します。一緒にやっちゃうと手元の食べ物がなくなるまで食べ続けてしまうので。何を食べるかっていうとチョコかな、基本的にはお菓子を最近は食べないですね。

最後です。「新曲リリースおめでとうございます。本当にいろんな音が入っているけどしっかり纏(まと)まっていて、聴いていても心地良くて大好きな曲です。MVを見て、私はマリンバの音が心地良くて好きだったんですが、SASUKEくんが一番好きな音はどれだったのでしょうか?」ありがとうございます。今回の曲どの音も好き。このメールに因んで豆知識を言うとすれば、実は皆さんが聞いていると最後の方に出てくるボサノヴァ調と言うかサンバ調みたいなところで流れていると思います。でも実は「Part.2」の全編においてマリンバは使われております。知らなかったでしょ?アタック感というか、マリンバのコロコロした感じが曲を爽やかにしてくれると知って、全編においてうっっすらマリンバが入っています。もし見つけることができた方は、いい耳を持ってらっしゃる。

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ