中畑清が、巨人の若き左腕2人に今季の目標、東京五輪への思いを聞く!

球春到来―プロ野球は2月1日から恒例の春季キャンプに入り、いよいよ野球の季節が訪れる。ラジオ日本では、春季キャンプを目前に読売巨人軍のリーグ連覇、そして日本一へのキーマンになるであろう2人の若手左腕をゲストに招き、東京タワー・Club333にて、『ラジオ日本ジャイアンツナイタースペシャル 東京タワーで球春到来!』と題し、トークショーを行った。

巨人軍OB会長で『ラジオ日本ジャイアンツナイター』野球解説者の中畑清さんが、若い2選手にユーモアたっぷりに鋭く質問をぶつけた。トークは、いかに1シーズンチームで活躍 するかを中心に展開。4年目の昨季67試合に登板し16セーブを記録するなど、中継ぎ抑えにと活躍した読売巨人軍・中川皓太投手は、「昨年は67試合登板して、はじめて夏場に疲れを感じました。自分のコンディションを1シーズン整えることが大事だと感じた。」と 昨季を振り返り、春季キャンプに向け「今持っている自分の武器(球種)を磨くことにキ ャンプは専念します。それができれば、今シーズンもやれる自信はあります。」と語った。また、東京五輪が行われる今年、侍ジャパン入りへの思いも明かした。「自分が活躍すればチームの成績もよくなるし、それが五輪につながると思う。抑えであれば前半戦で15~20セーブをあげられれば、そこにつながると思っています」。
 

一方、ルーキーイヤーから18試合に先発、5勝を挙げた高橋優貴投手は「プロ1年目でまっすぐの重要性を感じました。それを生かすようにキャンプでは取り組んでいきます。」と、まず、どの投手にも当てはまる、ストレートの精度を上げることをキャンプの目標にあげた。シーズンの目標は「2020年はローテーションを1年間守ること」。「そのためにも新しい球種にも挑戦します」と投球の軸になるストレートとともに、変化球の習得にも臨むようだ。リーグ優勝を果たしたものの先発、リリーフともに手薄なチーム事情を考えると、巨人にとって、中川、高橋両投手のさらなる飛躍が欠かせない。

ラジオ日本では、特別番組『ラジオ日本ジャイアンツナイタースペシャル 東京タワーで球春到来!』を2月3日、10日(ともに月曜、19時00分~19時30分)にお送りする。上記の、今キャンプ、シーズンへの意気込みに加え、シーズン中には見せない20代の若者の素顔も見せる。

ラジオ日本ジャイアンツナイタースペシャル 東京タワーで球春到来!
放送局:ラジオ日本
放送日時:2020年2月10日 月曜日 19時00分~19時30分
出演者:コメンテーター:中畑清(読売巨人軍OB会長、横浜DeNA前監督)、司会:真鍋杏奈(アナウンサー)、ゲスト:中川皓太、高橋優貴(読売巨人軍投手)
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

霜降り明星・せいや、アグネス・チャンからのバレンタインチョコに歓喜と嫉妬

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品とせいやがパーソナリティを務めるラジオ番組「霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。せいやが、歌手・アグネス・チャンから届いたバレンタインチョコと手紙に歓喜する場面があった。

せいや:バレンタインの奇跡と言いましょうか。なんと、アグネスからバレンタインが届いています! 本人からですよ!

粗品:まあ、届いてるな。

せいや:アグネスは、本当にすごいんですよ。僕らみたいな若手芸人に去年も送ってくれてるんですよね。バレンタインチョコを。

粗品:そうですね。

せいや:僕は『アグネスが好きです、ファンクラブに入っています』とか言っているからわかるけど、相方の粗品くんにもちゃんと毎年、送ってくれてるんですよ。

粗品:そうなんですよね。

せいや:すごくない?

粗品:すごい!

せいや:ってことは、めちゃくちゃ送ってらっしゃるから。

粗品:そうなんかな?

せいや:そうでしょう。たぶんアグネスは、関係者のほとんどに送っていると思うよ。

粗品:ちょっと僕、まだ開けてないんですよ。

せいや:ちょっと、開けようや。

粗品:今、手元に箱が届いてるんで。

せいや:俺はもう、開けちゃった。

粗品:はいはいはい。じゃあ俺、今から開けていい!?

せいや:俺は、チョコもすごいけど、アグネスからの手紙。

粗品:おお~!

せいや:(便箋を見せながら)この、直筆で名前、これ、めちゃくちゃレア。アグネスの字やからな。

粗品:わからん。マネージャーの可能性も大いにあるよ。

せいや:いやいや、そこだけマネージャーが書くってないでしょ。それで、中身の手紙もアグネスの手書きなのよ。

粗品:え!? 手書き? 本当にアグネスの字?

せいや:アグネスの字やろ!

粗品:やっぱりちょっと下手? 日本語とか寄れてたりする?(笑)

せいや:なめるなよ! あの人、何か国語を喋れると思ってるねん!

粗品:そうなんや、失礼しました。ちょっと、開けようかな。

せいや:別にお前と仲間割れとかしたくないけど、お前に手紙が入っていなかったら熱いよ、俺!

粗品:あ、なるほどな!

せいや:俺は手紙が入ってるから。

粗品:だって俺、結構、アグネスさんのことを冗談で腐したりしてるから、俺には入ってないと思う。

せいや:知らない人の為に言っておきますけど、僕は高校の時からアグネス・チャンさんのファンクラブに入っているんです。

粗品:(チョコは)今回、吉本の事務所に届いたんですけど、開けましたよ。手紙、入っていました!

せいや:うわ! くそ!! なんやねん、マジかよ!! 字を見せてや。(粗品の手紙を見て)アグネスの字やないかい……。

粗品:なんやねん、そのトーン!

その後、お互いの手紙を確認し合った二人。その内容はほぼ同じだった為、せいやは「そういう人ですよね。僕だけにやったらちょっと……っていう」と語り、アグネス・チャンの気持ちを推し量った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ