ryuchell、森友嵐士と”愛”を語る!!

ラジオ日本『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は5月28日(土)、6月4日(土)の2週にわたり、モデルでタレントのryuchellをゲストに迎える。

2001年10月1日から放送を開始した『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は、T-BOLANのヴォーカル森友嵐士がみんなに夢と勇気を届けるレディオ・プログラム。音楽についてはもちろん、森友嵐士が他ではなかなか聞けない身近な話や熱いメッセージを発信する。

今回のゲスト出演は、ryuchellがT-BOLANの大ファンでライブを見に行ったことをTwitterに投稿したことがきっかけ。5月28日(土)の放送で初めて対面。本来T-BOLAN世代ではないはずの、1995年生まれのryuchellがファンになったきっかけを語るほか「森友嵐士と一緒に聴きたいT-BOLANの曲 ベスト3」を発表する。ryuchellが「T-BOLAN愛」をあますところなく披露する。

また、翌週6月4日(土)の放送では、二人がともに大切にしているキーワードである「愛」についてじっくりと語り合う。いつからこの想いを意識するようになったのか、何かきっかけがあったのか。ほか、ryuchellの出身地、沖縄についても触れる。沖縄のいいところ、好きなところから、基地問題や沖縄返還50年まで、何を感じているか、さらにロシアのウクライナ侵攻についても交え、今この時代に思うことをryuchellが大いに語る。

森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週土曜 21時30分~22時00分
出演者:森友嵐士、ゲスト:ryuchell
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

「台本とかも全部読んでなかった」岡村・矢部が語る、『岸和田少年愚連隊』撮影秘話

5月26日(木)深夜に放送されたお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之がパーソナリティを務めるラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送・毎週木曜25時~)にて、2人が若かりし頃に出演した映画の思い出を語り合う一幕があった。

ナインティナイン・矢部浩之、岡村隆史

その映画とは井筒和幸監督作品『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』。大阪の岸和田を舞台に、喧嘩を繰り返す少年達の青春を描いたこの作品で2人は映画初主演を務めたのだが、公開から26年が経ったこの日の放送では、作品撮影時の裏話などを赤裸々に語っていった。

ナインティナイン・矢部浩之、岡村隆史

岡村:適当なことやってたな

矢部:撮影?

岡村:井筒さんは何も言わんかったけど「こいつら、ホンマちゃんとしやがらんと」とか思ってたかもしれん

矢部:ムフフフフ(笑)

岡村:鼻にポーンッ指入れたりして喋って、ツッコむわけでもなく、そんなん台本にもどこにも書いてなかったけど

矢部:そやな

ナインティナイン・岡村隆史

岡村:屁こいたりな、映画館のシーンで。ブーッって屁こいて。みんなもアドリブで「臭〜っ」ってやってくれて。そんなんやってたよ

矢部:でも、それ面白がってくれたよね、井筒さんは。「あ! それええやん! もう1回出る!?」って

岡村:台本とかも全部読んでなかったから、あの時。関係あらへんと思ってたから。どんな話かもあんまり分かってなかった

矢部:ムフフフフ(笑)

岡村:で、撮影の前にバーッって台本開いて、バーッって覚えて。その場でやってただけだったから

いわゆる“尖りに尖った状態”だった当時のナインティナインの様子が浮かんでくる一幕であった。

ナインティナイン・矢部浩之

そんな若手時代の少々生意気なナイナイに対して、井筒監督も強引な演出方法をとっていたようで……

岡村:あとな、小便のシーン。「おい、お前小便だせ!」「出ないです」「出せ!」って

岡村:「お前が小便出るまで待つわ」って

矢部:で、めっちゃ水飲んで(笑)

岡村:最後めちゃくちゃ小便出たけどね。1時間くらい待ったけど

矢部:ムフフフフ(笑)思い出すな。リアルに近いシーンが多かったよね

岡村:よかったら、ちょっと見てみて

というように、スパルタで小便のシーンを撮影していたと当時を振り返り語っていったナイナイの2人であった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ